カテゴリー別アーカイブ: 転職に付随する考え方

_S1C2743_sss

医師の転職・相談・求人『ご勤務されている病院を退職される際に重要な事』

いつも当ブログをご覧頂きまして誠に有り難うございます。
リノゲート㈱のコウです。

先生方からの相談は〇〇のような条件が満たせる病院はありませんか?
等の相談内容が多いですが、他にも今居る病院の辞め方や場合によっては
大学に居る先生で医局を退局する際の辞意の伝え方等の相談を
頂く事も多々あります。

そこで現在ご勤務されている病院を辞める際に心掛けて頂きたい事を
共有させて頂きます。
まず「円満退職(退社)」という言葉はよく耳にされる先生方も
多いかと思いますが、医療業界のみならず退職される際は円満にお辞めになるに
越した事はありません。

当然、退職される際は人それぞれ、何らかの理由はありますよね!?
その理由をストレートに伝え、しこり・いざこざなく辞める事が出来れば誰も苦労は
しません。ですが実際問題、雇用主側も戦力になっていた先生を簡単には
手放したくないと思いますので、ある程度の引き留めにあうのは覚悟が必要です。

しかし、ここで挫けていては話が進みません。
自身の意志が固まっているのであれば、引き留めにあう事を恐れずに
話し合いの機会を粘り強く設けてみて下さい。

また、話し合いや退職を申請する際に一点、注意して頂きたい点があります。
何度も引き留めにあい、中々思うように事が進まずイライラが募り感情的に
なってお話されるのだけは絶対の絶対にNGです。

何故かと言いますと、残りの退職日までは今居る病院でご勤務されるわけですから、
事務方や噂を聞いた医師、コメディカルの方々との関係がギスギスしてしまう
可能性があるからです。
せっかくこれまでに築き上げてきた信頼や貢献度、絆が水の泡になってしまいます。
また、院内では何も無かったとしても、狭い医療業界ですので転職先に
何らかの経路でお話が伝わってしまい仇となって跳ね返って来る可能性も
あります。

退職する際のポイントは時期を明確に決め伝える事や、法・就業規則に則って
進めていく事になりますが、周りからのご印象も大事にされ転職先に変な噂が
流れる事が無いように誠意を持ち、寛大な心で病院側と向き合ってみて下さい。

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
転職に関するお問い合わせ・ご相談の際にお名前を出す事に
抵抗がある先生は以下をご利用下さい。

(ニックネームとメールアドレスのみでOKです!)
↓ ↓ ↓
匿名相談バナー

>>>リノゲートのホームページはこちら

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

589511e742ca11a0a77a9d5b88043bcb_s

医師の転職・相談・求人『急な転職にはご注意を!』

いつも当ブログをご覧頂きまして誠に有り難うございます。
リノゲート(株)の一杉です。

私が転職のサポートを行っている中で、早期転職をご希望のご相談もよく頂きます。
ご家庭の事情や目的の変化などご理由は様々ですが、
中には仕事のハードさや人間関係の悪化などにより→はやく辞めたい!
などと衝動的に転職を考え行動されるケースもございます。
実はここの衝動的な転職には危険が潜んでいるのです。

本日は急な転職の注意点についてお伝えしようと思います。

今まで私が過去に在籍していた会社など(医療業界だけでなく)、
企業側の視点として入職してすぐに辞める社員を色々みてきましたが
その人たちには共通している部分があります。

■入職して何をしたいのか・目指しているもの・目的がはっきりしていない
■一度嫌な事があるとそれをいつまでも引きずり、
自分で解決しようという意識より、違う環境に身をおいた方が楽と考えてしまう
■転職する事に慣れてしまい退職に抵抗を感じない
など以上の事が大半の退職者の理由を占めておりました。

こうなると
また新たな不満が出た際に同じように転職を重ねてしまい
それが慢性的にクセずいてしまいます。
結果、悪循環に陥りなかなか仕事が続かない状態が続くのです。

業務量のハードさや人間関係の悪化などのご理由などで
すぐにでも環境の改善をしたい気持ちはわかります。
ただ一度、冷静になってじっくりと転職に対して向き合ってみてください。
自分が転職して叶えたい事。目的を明確に持つ事で
今後それらを乗り越えられ
この悪循環から抜け出す事ができるのではないかと思います。

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
転職に関するお問い合わせ・ご相談の際にお名前を出す事に
抵抗がある先生は以下をご利用下さい。

(ニックネームとメールアドレスのみでOKです!)
↓ ↓ ↓
匿名相談バナー

>>>リノゲートのホームページはこちら

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

134959

医師の転職・相談・求人『病院の良い噂・悪い噂』

いつも当ブログをご覧頂きまして誠に有り難うございます。
リノゲート㈱のコウです。

人間は誰でも噂話は好きな(気になる)生き物かと思います。
しかも悪い噂話になると、情報が一人歩きをするように事実とは異なった形で
大袈裟に他へ伝わってしまうなんて事もありますよね、、
当然、病院にも良くも悪くも噂は存在します。
ここでよく耳にする病院の噂を下記に挙げてみたいと思います。

~良い噂~
・医師を含むコメディカルや職員が連携をしっかり図り良い雰囲気で
業務にあたっている。
・年に1回の昇給以外にも、個人の成果や業績等をしっかりと評価して頂ける
院内制度がある。
・子育て中の先生等で一時的な時短勤務や勤務日数を減らして勤務する等、
個人の家庭事情等に理解を示して頂ける懐の深い病院。

~悪い噂~
・売上主義、利益主義のカラーが強く必要の無い検査を患者に行っている。
・医療法に抵触するようなグレーな事を行っている。
・医師同士で最低限必要な会話等も無い状態でチームでは無く
ワンマンタイプの医師が多い。
・医局のしがらみや学閥等があり医局内がギスギスしている。
etc..

耳にした事がある噂や内情を挙げてしまうとキリがないですが
上記で挙げた事、全てが事実か否かは実際に該当の病院で働いてみないと
わからないのが正直なところです。

私共コンサルタントも日々先生方からの生の声や医療機関様より貴重なお話を
頂戴しておりますが、今までの印象とは全く逆の内情等を聞くこともありますし
多くの方が仰る、一字一句変わらないようなお話を頂く事もあります。

噂、一つ一つを気にし過ぎていては、ご転職をお考えの先生方は中々一歩を
踏み出せない事が考えられます。
先生方に一番お伝えしたいのは、情報が混濁してしまい何が本当なのかわからなく
なってしまった場合は、冷静に客観的な視点で考えて頂ければと思います。

「百聞は一見に如かず」ということわざがある通り、一度自身の目で見て
確かめるまでは客観的且つ、良い意味で懐疑的な目で見て頂く事をオススメ
致します。

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
転職に関するお問い合わせ・ご相談の際にお名前を出す事に
抵抗がある先生は以下をご利用下さい。

(ニックネームとメールアドレスのみでOKです!)
↓ ↓ ↓
匿名相談バナー

>>>リノゲートのホームページはこちら

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

5c3a9e8966fab29bd3bcc11c674b95ea_s

医師の転職・相談・求人『先生方にとって良い病院・働きやすい病院ってどんな病院??』

いつも当ブログをご覧頂きまして誠に有り難うございます。
リノゲート㈱のコウです。

弊社では僭越ながら、多くの常日頃から多くの先生方の転職を
サポート致しており、並びにお世話になってきました。
そんな中、よく先生方から「良い病院があったら紹介してください」と
お言葉を頂く事があります。

そこで今日は、良い病院ってどんな病院なのかについてを例として挙げながら
お話していきたいと思います。
多くの先生方は転職をされる際、希望条件等ある程度の理想を持って活動される
ケースが多いかと思いますが、改めてどんな病院でご勤務したとお考え
でしたでしょうか?

これまでにご相談頂いた先生方でよく病院を選ぶ際の絶対条件として多いのが
●内情が良く、院内の医師を含む職員が連携(コミュニケーション)が
取れている病院。
●資格の取得(指定医・専門医等)を目指す先生で多いのは当然、症例が
集まりやすい病院。
●給与を含む労働条件が良い病院。(週4日勤務・当直免除・残業無し)
●コメディカルのレベルが高く、サポート体制が整っている病院。
●業務量が多すぎない病院。
●医局のしがらみ、学閥等が無い病院
etc…

良い病院の条件は先生方、各々が違うお考えをお持ちかと思いますが
転職したいとお考えの先生、検討段階の先生も次に働く病院はどんな病院が
良いか「転職軸」の部分を今一度整理して私共コンサルにぶつけてみて下さい。

当然、希望諸条件多くなってしまいますと希望に該当する案件が出て来ず
転職自体が出来ずに現在の病院に残らざるを得ないという可能性も出て来ますが
弊社では一気通貫型を敷いて先生方を担当しておりますので、他社様が
コンタクトを取らないような病院とも密なやりとりがございますので
掘り出し物の病院が出てくるかもしれません。

もし、弊社のサイトをご覧になってご興味をお持ちになられた先生が
おりましたら、匿名や電話からでも結構ですので気軽にご相談をお寄せ頂ければ
嬉しい限りです。

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
転職に関するお問い合わせ・ご相談の際にお名前を出す事に
抵抗がある先生は以下をご利用下さい。

(ニックネームとメールアドレスのみでOKです!)
↓ ↓ ↓
匿名相談バナー

>>>リノゲートのホームページはこちら

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

61ca3b0553b6a487c0108515a435333b_s

医師の転職・相談・求人『職場に対する悪い噂をどこまで信じるか?』

いつも当ブログをご覧頂きまして誠に有り難うございます。
リノゲート㈱の野中です。

先生方が転職活動を行う際ですが医療機関の情報を収集していく中で、
様々な噂話などを耳にする機会も多いのではないかと思います。
実際に私共の方でも各医療機関に対する様々な噂話を耳にする事も多く、
一体どの情報を信じて良いのか悩んでしまう事も多くなっております。

このような噂話についてですが私個人的な気持ちとしては半分は信じて
半分は疑いの目で見るように心掛けております。その理由は大きく分けて
2つの事が考えられるからです。

まず悪い噂というのは過去にその職場を退職した人などが発信源になっている事も
多く自分自身が悪者にならないようにするために話を膨らませている事も
考えられるからです。このような場合には、かなり偏った目線での意見になる場合が
多く実際の内容とは大きくかけ離れている場合もありますので、まずは一歩引いて
冷静な目線での判断が大事になると思います。

もう一つは、いくら悪い噂が出てくるといっても、その職場は引き続き
存続している場合が多く、継続して多くの職員が勤務しているというような
事実が存在しているという事になります。本当に悪い職場であれば、
職員がみんな辞めてしまい存続する事も難しいのではないでしょうか。

このような事を客観的な感覚で見て頂ければ、噂話は全て本当の事であると
言い切るのは非常にリスクが高いと思います。また職場と従業員との間には
どうしても相性というものが存在すると思います。相性が悪かった人がいたとしても
それが全ての人に当てはまる訳では無いという事です。最終的にはご自身の目で見て
話を聞いて頂くまでは鵜呑みにしない事をお薦め致します。

このような事からも私共の方では仮に何らかの噂話を耳にしたとしましても、
その段階で信じるのではなくデータを蓄積していく中で信憑性が高いだろうと
思われる情報のみを先生方にお伝えするようにしております。
可能な限り精度の高い情報をご提供出来るよう今後も情報収集の徹底を
図っていきたいと考えております。

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
転職に関するお問い合わせ・ご相談の際にお名前を出す事に
抵抗がある先生は以下をご利用下さい。

(ニックネームとメールアドレスのみでOKです!)
↓ ↓ ↓
匿名相談バナー

>>>リノゲートのホームページはこちら

>>>CRC(治験コーディネーター)の転職・求人ブログはこちら
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

66f08430513d797b26eebcec003e651a_s

医師の転職・相談・求人『医師偏在指標について』

いつも当ブログをご覧頂きまして誠に有り難うございます。
リノゲート㈱の野中です。

医師不足のお話をする際に必ず出てくるキーワードとして医師の偏在という言葉が
存在します。それを示すデータの一つとして現在、厚生労働省から公表されている
「医師偏在指標」というものが存在しております。
これは人口10万人あたりの医師数に地域の人口構成と年代ごとの受診率、
医師の年代・性別ごとの人数と平均労働時間などの影響を加味した物です。
このデータについて2月18日(月)に最新のデータが発表されました。

これによると以下の16の県において特に医師数が足りていないとしています。
医師数が最も足りていない16県
岩手、新潟、青森、福島、埼玉、茨城、秋田、山形、
静岡、長野、千葉、岐阜、群馬、三重、山口、宮崎

以上になっています。
確かに私共が日々の活動を行っている中でも、上記の地域に関しては、
医師の募集を行っている医療機関の数も多い印象が強く、
他の地域に比べて様々な面で交渉などがしやすい地域になっているように思います。
こちらの県に対しては今後、重点的に何らかの対策を打つ事になっていきます。

この問題を考える際のポイントは大きく分けて2つ存在しているようです。
一つ目は全国的に医師の数は増えているにも関わらず上記16県のように
明らかに医師不足の地域が発生しているという事です。つまり偏在している
という事に繋がるのです。もう一つは診療科による医師の偏在という事になります。
5年後の予想として内科は約14,000人、外科は約5,000人、小児科で1,200人、
産婦人科で300人ほどの医師が不足する事になると予想しています。

その一方で余り出す診療科もあります。
精神科で約700人、皮膚科で約600人、耳鼻咽喉科で約500人ほどの医師が必要な
人数を上回るというように予想しているのです。
今までは地域による偏在についての議論が多く交わされてきた印象が強いですが、
今後は診療科においても必要数とのバランスについて考える必要がありそうです。

今後、転職をご検討されている先生方におかれましても、
このような現状を踏まえた上で、どんな対応をしていくべきなのか、
今のうちから検討しておく事が重要ではないかと考えます。

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
転職に関するお問い合わせ・ご相談の際にお名前を出す事に
抵抗がある先生は以下をご利用下さい。

(ニックネームとメールアドレスのみでOKです!)
↓ ↓ ↓
匿名相談バナー

>>>リノゲートのホームページはこちら

>>>CRC(治験コーディネーター)の転職・求人ブログはこちら
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

b1ffe951753c5b50b8b543cc32b462ea_t

医師の転職・相談・求人『経歴書が必要な理由』

いつも当ブログをご覧頂きまして誠に有り難うございます。
リノゲート㈱の野中です。

私共のような紹介会社では先生方から転職のご相談をお受けする際に
必ずお預かりしている物があります。それが経歴書(履歴書)になります。
先生方の中には大切な個人情報にあたる経歴書の提示に対して抵抗感を感じる
方々も多いのですが、ご案内をさせて頂くためには必ず必要な物という事で
皆様にご提示頂くようにお願いをしております。

では何故、経歴書が必要なのかと言いますと、それは先生方の経歴を確認し
今後、医療機関とやり取りをさせて頂く際に、ポイントになる事は何か、
それを経歴書の中なら読み取るために必要になるのです。

例えば転職の回数が多めの先生がいらしたとします。その事実は経歴を見れば
誰にでも気が付く事になるので応募したい医療機関に対して、そのまま経歴書を
提示してしまうと、単純に転職回数が多い先生という目で見られてしまいます。
しかしそこで一言、何かしらの理由を添えてあげる事でそのイメージが
大きく変わる事も有ります。

このように私共としては医療機関に対して先生方をご案内させて頂く際に
可能な限り優位な状態を作っていきたいと考えております。そのための策を
考える意味で経歴書を拝見させて頂きたいというのが最大の理由になります。

決して先生方の個人情報を医療機関に対して伝える訳でもなく、
弊社が先生方の個人情報を収集する事が意図ではないという事を十分に
ご理解して頂けますと幸いです。また経歴書は重要な書類である事は
十二分に認識しております。扱いについても慎重に行っていますので、
その点に関してはご安心頂ければと考えております。

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
転職に関するお問い合わせ・ご相談の際にお名前を出す事に
抵抗がある先生は以下をご利用下さい。

(ニックネームとメールアドレスのみでOKです!)
↓ ↓ ↓
匿名相談バナー

>>>リノゲートのホームページはこちら

>>>CRC(治験コーディネーター)の転職・求人ブログはこちら
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

803647cd35396f52014ee7dd299c1a77_s

医師の転職・相談・求人『優先度は常勤先>非常勤先』

いつも当ブログをご覧頂きまして誠に有り難うございます。
リノゲート㈱の野中です。

先生方の転職のお手伝いをさせて頂く際ですが最後の詰めの作業としまして、
勤務して頂く際の曜日を決める作業というのがあります。
何曜日に勤務して頂き、お休みをいつにするのかを決める作業の事です。
決める際には先生方のご希望を確認しつつ病院の状況を踏まえて決める事になります。

その作業を行う時ですが、こんなご相談を受ける機会が多くなってきております。
「非常勤の勤務が毎週~曜日に入っていますので、この曜日は絶対に休みたい。」
というようなご相談です。つまり非常勤先での勤務を常勤先の勤務よりも
優先させているような状況になります。もちろん先生方のご要望を最大限、
汲み取るように対応していくのですが、ここで問題になるのが
病院の現状から判断して先生が希望された曜日に休みが取れない場合、
という事になります。

元々、在籍されている先生方の配置によっては勤務する医師の数が多い曜日や
少ない曜日というのが存在します。当然、病院側としては医師が多い曜日にお休みを
取って欲しいと考えているのですが逆に先生から確認したご希望の曜日が
勤務している医師の数の少ない曜日であれば休みが取りにくくなります。

このような状況に陥ってしまった場合の病院側の本音としましては、
「非常勤先よりも常勤先を優先して欲しい」という事を考えています。
つまり勤務の中心を常勤先として捉えて頂き、非常勤先というのは
あくまでも補助的な位置付けにして欲しいという事になります。

ここで非常勤先の事を優先してしまうと、常勤先の病院からすれば、
「忠誠心の低い先生」「腰掛の勤務程度」「責任感を感じない」というように
先生方に対してネガティブなイメージを持つ事に繋がるのです。

本来非常勤というポジションは、どこの医療機関においても常勤医師が
足りないために、それを補うために雇っているのであり常勤医師の人数が
間に合っていれば、非常勤の枠自体が無くなってしまうのです。
ここからも分かるようにメインは間違いなく常勤という事になるのです。
「常勤>非常勤」この関係性をしっかりと理解して頂き、
病院側との間でスムーズなやり取りをして頂ければと考えます。

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
転職に関するお問い合わせ・ご相談の際にお名前を出す事に
抵抗がある先生は以下をご利用下さい。

(ニックネームとメールアドレスのみでOKです!)
↓ ↓ ↓
匿名相談バナー

>>>リノゲートのホームページはこちら

>>>CRC(治験コーディネーター)の転職・求人ブログはこちら
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

_MG_3019

医師の転職・相談・求人『転職活動における「縁」の重要性』

いつも当ブログをご覧頂きまして誠に有り難うございます。
リノゲート㈱の野中です。

転職する際ですが出来る限り良い職場に転職出来るに越した事はありません。
そのため転職を希望される方々は良い求人を探すのに必死になるのです。

しかし、ここが転職する際の最も難しい部分でもあるのかもしれませんが、
ご希望しているような求人案件がすぐに見つかるとは限らないという事です。
時にはいくら探しても希望に見合うような求人が見つからないというような
場合も出てくるものです。

そのような時に、どんな対処をする事が多いかと言いますと
しばらく様子を見つつ良い求人が出て来たタイミングで具体的な転職活動を行う
というような方法を取ろうと考えるケースです。現時点では良い求人が無くても
時間をかけて探していけば、いずれ良い求人が出てくるだろうという考え方です。

確かに時間をかけて探せば良い求人案件が出てくる可能性はあると思います。
しかし過去の前例を振り返ってみますと時間をかけたからといって必ずしも
良い求人案件が出てくるかと言えば答えはノーという事になります。
いくら待ってみても一向に出て来ない事の方が圧倒的に多いくらいです。

そんな時に出てくるのが「縁」という事ではないかと思います。
転職したいと考えていた時に、たまたま出会った求人、これも何かの縁だと思います。
100%希望とは一致していないとしても、そこに自らが適応していこうとする事も
大事な努力の一つなのではと思う事も有ります。何事においても同じだと思いますが、
常に待ちの姿勢ではなく能動的に動いていく事も世の中を上手く渡り歩いていくには
大事な事かもしれません。このような意識をもって転職活動を行う事で
より幅広い視点での活動が可能になるのではないかと思っております。

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
転職に関するお問い合わせ・ご相談の際にお名前を出す事に
抵抗がある先生は以下をご利用下さい。

(ニックネームとメールアドレスのみでOKです!)
↓ ↓ ↓
匿名相談バナー

>>>リノゲートのホームページはこちら

>>>CRC(治験コーディネーター)の転職・求人ブログはこちら
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

43e928ece7d0df021c988f2f8ef37ac2_s

医師の転職・相談・求人『医師の労働条件について』

いつも当ブログをご覧頂きまして誠に有り難うございます。
リノゲート㈱の野中です。

ここ最近ですが国内の全ての職業に対して労働者の保護に対しての考え方が
浸透してきつつあります。そのため私共のような紹介会社に対しましても、
労働者が転職する際に不利益などが発生しないよう、日々の業務フローなどに
関しても厳しく指導が行われるようになってきております。

そんな中つい先日、弊社の方にも労働局からの要請があり日々の業務内容について
具体的にどのようなやり方で行っているのか、その報告をして参りました。
その際に改めて感じてしまった事がありました。それは医師の労働に関する規定が
その他の職業と比べて曖昧な点が非常に多いという事でございます。

例えば「残業」についての考え方です。一般的には残業が発生するような場合は
残業手当を支給する、もしくは月に~時間分の固定残業代を月々の給与に含む等の
規定が明確に定められています。むしろ明確に定めなければいけないのです。
しかし私共が日々やり取りしている医療機関の中でこのようなルールを
しっかりと守っているような所は非常に少ないという現実があります。
違う言い方をすれば医師の勤務実態の中で残業という概念自体がほとんで
無いようにも思います。なので「残業代」「固定残業代」といった言葉が
浸透していないという事になるように思います。それもあって医師の雇用契約を
締結する際には残業に関する規定はほとんど触れられないという事実があります。

私共としても、そのような実態がある事を労働局側にお伝えはするのですが、
本来は法律に従って頂くしかないので、その通りの対処をして下さいという事での
返事が来るのみです。つまり医師と医療機関の間で交わす雇用契約書などにおいて
残業に関する規定を明確に記さなければならないという事になるようです。

現段階では医師の労働条件に関してはグレーゾーンとして扱われているような事が
多いようではありますが、このようなルールが徹底されるようになれば
医師の労働環境に関しても大きな変革が起きるかもしれないと感じております。
近い将来、何らかの動きが生じる可能性も十分に考えられます。
今後、注視すべきポイントになると思います。

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
転職に関するお問い合わせ・ご相談の際にお名前を出す事に
抵抗がある先生は以下をご利用下さい。

(ニックネームとメールアドレスのみでOKです!)
↓ ↓ ↓
匿名相談バナー

>>>リノゲートのホームページはこちら

>>>CRC(治験コーディネーター)の転職・求人ブログはこちら
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆