カテゴリー別アーカイブ: 転職に付随する考え方

ダウンロード

医師の転職・相談・求人『面接で訪問する際のちょっとしたポイント』

いつも当ブログをご覧頂きまして誠に有り難うございます。
リノゲート㈱の野中です。

先生方が転職活動を行う際ですが、皆さま大変お忙しくされている事が多く、
医療機関との面接を設定する際にも多忙な中、少ない機会の中から隙を見て
日程の調整をさせて頂くような事が多くなります。

多くの先生方が日中はお勤めされている事も多くなりますので、
面接を設定する時間帯としては業務終了後の夕方から夜間にかけての実施を
ご希望される先生方も多くなります。

ここで先生方にちょっとしたポイントについてお伝えさせて頂きます。
それは面接で医療機関に訪問される際には夕方~夜間の暗い時間帯よりも
日中の明るい時間帯、更には患者や職員が院内に残っている時間帯に
訪問する事をお薦め致します。

当然の事かもしれませんが、暗い中で院内見学を行った場合と明るく動きのある
時間帯での見学では、同じ院内見学であったとしても受ける印象が大幅に
変わってくる事があります。院内のハード面も去る事ながら、ソフト面に関しても
通常時の院内の雰囲気を感じ取る事が出来て初めて本当の院内見学が出来た
という事になるのではないかと考えております。

お忙しいスケジュールの中、日中に時間を作って頂く事がとても大変な事だと
感じておりますが、出来る限り上手く日程調整をして頂き日中帯で見学が
出来るに越した事はないと考えております。些細な事ではあるかもしれませんが
是非、ご参考にして頂けますと幸いです。

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
転職に関するお問い合わせ・ご相談の際にお名前を出す事に
抵抗がある先生は以下をご利用下さい。

(ニックネームとメールアドレスのみでOKです!)
↓ ↓ ↓
匿名相談バナー

>>>リノゲートのホームページはこちら

>>>CRC(治験コーディネーター)の転職・求人ブログはこちら
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

images

医師の転職・相談・求人『住宅補助について考える』

いつも当ブログをご覧頂きまして誠に有り難うございます。
リノゲート㈱の野中です。

今回は医療機関側からご提示して頂ける住宅補助について考えてみたいと思います。
先生方の中には転職をご検討頂く際に転居を伴っての転職をご検討頂くような
場合もあるかと思います。そのような時に意外に大きなポイントになってくるのが
住宅の補助という事になります。

住宅の補助を受ける場合ですが手段としては大きく分けて2つの方法が存在します。
1つは家賃補助です。住宅手当として家賃の一部を職場から負担して頂く方法です。
負担して頂ける金額は医療機関によって様々ではありますが、仮に月10万円まで
補助が受けられるという事になれば、10万円×12ヶ月=120万円分の補助になり、
実施年俸が120万円アップする事と同じだけの価値が出て来ます。

もう一つの方法は「借り上げ社宅」という方法が存在します。
これは法人が契約者となり賃貸物件を借りるような方法になります。
借りる際に発生する家賃の最大半分を先生方が負担する事で対応が可能です。
またこの場合には家賃として支払った金額に対して税金がかかりません。
そのため節税にも繋がるのです。更には敷金や礼金の負担は法人が行いますので
先生方の負担は毎月の家賃のみで良い事になります。

このように住宅の援助を受ける事が出来れば、それだけでも先生方の負担が
大きく変わる可能性も十分に考えられるのです。転居を伴うような転職の場合には
住宅の補助についてもどのような方法があるのか絶対に確認した方が良いです。

ちなみに転居時の引越しで発生した費用についても負担して頂けるような場合も
ありますので、気になる先生方はご確認される事をお薦め致します。

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
転職に関するお問い合わせ・ご相談の際にお名前を出す事に
抵抗がある先生は以下をご利用下さい。

(ニックネームとメールアドレスのみでOKです!)
↓ ↓ ↓
匿名相談バナー

>>>リノゲートのホームページはこちら

>>>CRC(治験コーディネーター)の転職・求人ブログはこちら
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

c336eb963396848d7bdf7396bd4a62c9_s

医師の転職・相談・求人『定年退職後の勤務形態について』

いつも当ブログをご覧頂きまして誠に有り難うございます。
リノゲート㈱の野中です。

常勤としてご勤務頂く際ですが先生方におかれましても「定年」が存在します。
多くの場合が60歳から65歳を境に定年が定められている事が多くなっています。
この年齢に近付いて来た先生方であれば当然の如く定年退職を意識する事になります。
そのため50代後半~60代の先生方から転職についてのご相談を受ける際には
必ず定年退職についてのご相談を受ける事になります。

では実際に定年を迎えた後の先生方の勤務形態がどのようになるのか、
改めて整理させて頂きたいと思います。定年を意識されている先生方、
今後のご参考にして頂ければ幸いです。

定年を迎えますと一旦、常勤としての勤務はここまでで終了という事になります。
しかし先生方の健康面に問題がなく引き続き継続して勤務が可能な状態の場合には、
嘱託や非常勤という雇用形態に移行します。多くの場合には常勤として
勤務していた時よりも業務量は抑えめになり、無理のない範囲での勤務になります。
その分、給与額が常勤の時よりも下げられてしまう事も有りますが、
業務量自体も少なく抑えられる事になりますので、その点は致し方ないと思います。

しかし中には雇用形態が常勤から嘱託や非常勤に変わったとしても、
常勤の時と比べて業務量も労働条件も何ら違いがないスタイルにて
ご勤務して頂けるような医療機関も存在しています。ここ最近では60歳以上でも
現役当時と比べて何ら遜色なく勤務している先生方も多いです。
それもあり定年退職後も末永く勤務を継続したいとお考えの先生が
沢山いらっしゃるのも事実でございます。

そのような場合には定年後の勤務形態をしっかり調べる事が大事です。
それによって先生方の生活環境も大きく変わる事になると思います。
定年を迎えたとしてもガッツリと勤務出来るような職場もありますので、
そこで諦めずに勤務先をお探ししてみて下さい。

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
転職に関するお問い合わせ・ご相談の際にお名前を出す事に
抵抗がある先生は以下をご利用下さい。

(ニックネームとメールアドレスのみでOKです!)
↓ ↓ ↓
匿名相談バナー

>>>リノゲートのホームページはこちら

>>>CRC(治験コーディネーター)の転職・求人ブログはこちら
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

754221f5ad36a2ccd592c69e56e35e57_s

医師の転職・相談・求人『給与額が決定するタイミングについて』

いつも当ブログをご覧頂きまして誠に有り難うございます。
リノゲート㈱の野中です。

今回ですが給与額が最終的に決定されるタイミングについて記載致します。
給与額は予め各医療機関内で規定が定められている場合が多くなります。
これは先生方の年齢や医師免許を取得してからの年数、お持ちの資格、
などによって決められている事が多くなります。

規定が明確に定められている場合には、その医療機関に応募する段階で、
経歴書を提示すれば、その時点で、ほぼ間違いない金額をご提示頂けますが、
中には規定が定められておらず、その都度、条件を決めるような方法を
取っているような医療機関も存在します。

このような場合には応募する段階では、おおよその金額までしか
提示して頂けない事も多く、ざっくりとした金額提示になります。
具体的な金額に関しては面接を実施し、その評価を含めて最終的に
医療機関側からご提示して頂くまでは分からないという事になります。
つまり面接時の評価によっては希望していた金額を上回る事もあれば、
逆に希望額よりも下回ってしまうような可能性もあるのです。

このような病院に応募する際に大事なのは応募の段階で先生方が
ご希望されている金額を明示しておく事です。そもそも事前に希望額を
お伝えしておき、最低でもその金額と同等の金額をご提示して頂く事が
可能かどうか場合によっては、それ以上の提示をして頂く事が可能かどうか
その点までは確認をしつつ応募する事が大事です。

医療機関側より、どのタイミングで給与額の提示をして頂けるのか、
そのタイミングを理解しているだけでも、医療機関とのやり取りを行う
流れの中でポイントが見えてくる事だと思います。
転職活動の流れの中で落ち度のない活動が出来るよう注意して下さい。

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
転職に関するお問い合わせ・ご相談の際にお名前を出す事に
抵抗がある先生は以下をご利用下さい。

(ニックネームとメールアドレスのみでOKです!)
↓ ↓ ↓
匿名相談バナー

>>>リノゲートのホームページはこちら

>>>CRC(治験コーディネーター)の転職・求人ブログはこちら
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

4f9eb1353ec80509585196469ba076bf_s

医師の転職・相談・求人『給与額の相場について』

いつも当ブログをご覧頂きまして誠に有り難うございます。
リノゲート㈱の野中です。

転職活動を行う際に最も大事な要素の一つが給与額という事になります。
仕事をする上で給与を頂く事は最大の目的の一つになりますので、
給与額が転職活動に対して大きな影響を与える事になるのは当然です。

更に給与額を考える際に絶対にお調べ頂きたい事としましては給与額の相場、
という事になります。給与相場は地域、年齢、お持ちの資格、勤務実績など
様々な要素で変化する事があります。つまり先生方の現状を把握する事で、
新たな職場から提示された給与額が妥当な内容なのか不相応なのかが
一目で分かるようになります。

万が一、妥当ではない場合には改めて交渉を行う事で条件をアップするなり、
別の候補を探すなり、対応策が出て来ます。何も知らない状態で進めてしまえば
下手をすれば足元を見られた対応をされてしまうような可能性もあります。
そのような事にならないようにするためにも相場を知っておく事は
とても大事な事になるのです。

私共の方では様々なパターンに対する相場を把握しております。
ご相談頂きました先生方に対しましては、それらの情報を惜しみなく提示させて
頂く事も可能でございます。まずは給与相場を知って頂く事で
損をしない転職活動を行うようにして下さい。私共の方でもそのお手伝いを
させて頂く事が可能ですので、お困りの際には遠慮なくお申し付け下さいませ。

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
転職に関するお問い合わせ・ご相談の際にお名前を出す事に
抵抗がある先生は以下をご利用下さい。

(ニックネームとメールアドレスのみでOKです!)
↓ ↓ ↓
匿名相談バナー

>>>リノゲートのホームページはこちら

>>>CRC(治験コーディネーター)の転職・求人ブログはこちら
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

742ca84a503da381d681e75904533cf5_s

医師の転職・相談・求人『職場に歩み寄る勇気』

いつも当ブログをご覧頂きまして誠に有り難うございます。
リノゲート㈱の野中です。

先生方の転職をお手伝いさせて頂く際ですが、ほとんどの場合、病院側から
ご提示された条件そのままで決定する事は少なく、多かれ少なかれ交渉を行い
先生方のご要望と病院側のご要望を擦り合わせする事になります。

擦り合わせを行うこと自体は何ら問題ない事でありますし、
むしろ何か気になるような事がありました際には私共にお気軽にお申し付け
頂きたいと考えている次第です。

しかし交渉を行う際ですが、一つだけ頭の隅にいれておきたい事があります。
それは「強気過ぎる交渉、必要以上の交渉は相手の心象を悪くする可能性がある」
という事になります。これは入職前の交渉だけではなく入職後も同じです。

誰しも自分が希望している条件を100%飲んで頂けるに越した事はないと
考えているはずですが、それを勝ち取るための強気過ぎる交渉や必要以上の交渉は
相手方からの評価を下げてしまう可能性が高まるだけではなく、最悪の場合には
オファーを取り消されてしまうような事に発展する事も考えられます。
そのような事になってしまうのは全くの不本意な結果という事になります。

そのような場面で必要な考え方ですが、それは引くところは引く交渉を行う事です。
病院側からすれば先生方に是非、ご入職して頂きたいという事は変わらないのですが、
とは言いましても出来る事と出来ない事があります。
そのような時には一旦引いて、相手方の意見を受け入れるようにするのです。
すると相手方は、その対応に対して今まで以上に良い印象を持つ事も有ります。
つまり先生方に対する評価が更に高まる事に繋がるのです。

その結果、将来的に何かお願い事が発生するような場合に、
今度は病院側が引いてくれるような可能性も高まると思います。

結局、人と人の繋がりの中では信頼関係、持ちつ持たれつの関係が大事になります。
信用すればするほど、相手からの信用も厚くなります。
逆に相手を信用しなかったり、こちらの我儘ばかりを通そうとすれば、
更に相手も警戒してくるものです。

以上のような事からも交渉を行う際ですが、時には職場に歩み寄る勇気を持つ事も
大事な事ではないかと考えております。

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
転職に関するお問い合わせ・ご相談の際にお名前を出す事に
抵抗がある先生は以下をご利用下さい。

(ニックネームとメールアドレスのみでOKです!)
↓ ↓ ↓
匿名相談バナー

>>>リノゲートのホームページはこちら

>>>CRC(治験コーディネーター)の転職・求人ブログはこちら
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

images

医師の転職・相談・求人『転居を伴う転職について』

いつも当ブログをご覧頂きまして誠に有り難うございます。
リノゲート㈱の野中です。

転職についてお考えになられる際ですが、中には転居を伴うような転職を
お考えの場合もあるかと思います。例えば元々、北海道で勤務されていた先生が、
何らかの理由で東京へ転居する事になり、求人を探す際には東京を含めた
1都3県あたりの病院の情報を収集したいというような状況です。

決して転居を伴うような転職が悪い事ではないのですが、具体的な面接や
病院の見学などに参加される際には、何故(敢えて)遠方の地域に転居してまで
転職したいのか、その理由について考えておく必要があります。
当然、面接官の目線で考えますと「そもそもの転職理由」、「転居してまで
転職する理由」「転居する場合に何故、当該の地域を選んだのか」など、
気になる点が満載であるのです。そこでおおよそでも構いませんので何故、
転居してまで転職したいのか、その理由を考えておいた方が良いと思います。

ちなみに転居を伴う転職理由の中で最も注意すべき点は何かと言いますと、
ごく一部の先生方の中には今までにご勤務されてきた病院もしくは地域で
何らかのトラブルなどを起こしてしまった結果、もうその地域に居座る事が
困難になってしまい、敢えて遠方の地に転職を希望される人がいるのです。
言い換えますと、とてもネガティブな転職理由になります。
仮にこのような理由を病院側にお伝えしてしまった瞬間に採用は出来ないと
いう事で断りの理由を聞かされてしまう事に繋がるのです。

実は病院側が一番気にしている点が正にこの点になるのです。
つまり転居してまで転職する理由を明確に出来ないと上記のような事で
転職するのではないか?という事で勘繰られてしまう可能性が高まります。
そのような事にならないようにするためにも、転居する理由まで予め
明確にしておく事をお薦め致します。

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
転職に関するお問い合わせ・ご相談の際にお名前を出す事に
抵抗がある先生は以下をご利用下さい。
(ニックネームとメールアドレスのみでOKです!)
 ↓ ↓ ↓ 
匿名相談バナー

>>>リノゲートのホームページはこちら
>>>精神科医専門の転職サイト「精神科医の転職相談室」はこちら 
>>>CRC(治験コーディネーター)の転職・求人ブログはこちら
 ◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆ 

_S1C2105_sss

医師の転職・相談・求人『複数の求人に同時に応募する場合の注意点』

いつも当ブログをご覧頂きまして誠に有り難うございます。
リノゲート㈱の野中です。

今回ですが転職活動を行う際に同時に複数の求人に応募する際の注意点について
記載させて頂きます。転職活動を行う際には誰しも、複数の求人先のお話を聞き
最終的には比較検討したいと考えるのが一般的ではないかと思います。その方が
最終的にご自身の希望に見合った物を探し出す事が出来る可能性が高まるからです。

しかし複数同時に応募する事で起こり得るデメリットもあります。
その辺りをしっかりと認識した上で活動するのと、そうではないのとでは、
状況が大幅に変わる可能性があります。では具体的にどんな点に注意が必要かと
言いますと、合否の返事を頂くタイミングがいつになるのかという事と
複数の求人候補を比較検討する時間を作る事が出来るか否かという事になります。

複数の求人に応募するという事は先程も述べましたように最終的に検討して
最も良い条件の所を選ぶ事が出来る点にあります。例えばA・B・Cの3つの求人に
応募したと仮定します。Aからはすぐに合否のお返事を頂く事が出来ましたが、
BとCからはなかなかお返事を頂く事が出来なかったとします。このような場合、
初めに連絡を頂いたAにどこまで待って頂けるのかがポイントになるのですが、
仮に急かされてしまった場合、全ての結果が出揃わないうちにAに対し何らかの
回答をしなければならず比較検討をする事が出来なくなります。

このような流れになってしまうのは複数の求人に応募した意味を失います。
そのような事にならないようにするためには応募するタイミング、順番など
しっかりと計算した上で進める必要があります。

その辺りのコントロールも含め、弊社にて対応させて頂く事が可能です。
転職活動を行う事に不慣れな先生がいらっしゃいましたら、お気軽にご相談下さい。
宜しくお願い申し上げます。

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
転職に関するお問い合わせ・ご相談の際にお名前を出す事に
抵抗がある先生は以下をご利用下さい。
(ニックネームとメールアドレスのみでOKです!)
 ↓ ↓ ↓ 
匿名相談バナー

>>>リノゲートのホームページはこちら
>>>精神科医専門の転職サイト「精神科医の転職相談室」はこちら 
>>>CRC(治験コーディネーター)の転職・求人ブログはこちら
 ◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆ 

5c3a9e8966fab29bd3bcc11c674b95ea_s

医師の転職・相談・求人『希望条件を絞り込む重要性』

いつも当ブログをご覧頂きまして誠に有り難うございます。
リノゲート㈱の野中です。

今回ですが先生方に1つお願いしたい事について記載させて頂きます。
それはズバリ転職活動を開始して頂くにあたり、先生方のご希望条件を
明確にして頂く必要があるという事になります。

先日ある先生のご案内をさせて頂いた際ですが、お問い合わせを頂いた
直後に私共の方で求人をお探しする際に必要な情報について先生に
ヒアリングをさせて頂きました。ところが先生の方では、将来の事について
具体的な検討をされていなかったため、私共の方から質問をさせて頂いても
明確なお返事を頂けない状況でした。

もちろん、そもそも転職するかしないかという事で迷っている先生方も
いらっしゃいますし、転職したいと思っても、どんな条件にて募集を
行っているのか分からないので、そもそも、その段階からの相談として
お問い合わせ頂く事も多く、むしろ私共としましても大歓迎です。
今回の先生に関しましても転職に関するイメージが漠然としていたため
明確な回答を得られなかったのは当然の事なのですが大事なのはここからです。

上記のような状況から私共の方では先生に対して転職する際のいくつかの
選択肢をご提案させて頂きました。その中から先生に最も相応しい選択肢を
選んで頂き、その方向に進んで頂くという事になりますが、
一つに絞り込む事が出来ない場合が出てきます。
ただし実際には全てをかなえた求人を探し出すというのは大変難しい事です。
つまり何かを選んで頂くと同時に何かを犠牲にして頂くような可能性が
高くなるのです。

多くの人が、より良い求人を探し出そうと考える事だと思いますが、
実際には、全てを兼ね備えた物は存在しないと認識しておく事も大事です。
その上で転職活動をされた方が、現実的かもしれません。

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
転職に関するお問い合わせ・ご相談の際にお名前を出す事に
抵抗がある先生は以下をご利用下さい。
(ニックネームとメールアドレスのみでOKです!)
 ↓ ↓ ↓ 
匿名相談バナー

>>>リノゲートのホームページはこちら
>>>精神科医専門の転職サイト「精神科医の転職相談室」はこちら 
>>>CRC(治験コーディネーター)の転職・求人ブログはこちら
 ◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆ 

_S1C1143_sss

医師の転職・相談・求人『電話対応の難しさ』

いつも当ブログをご覧頂きまして誠に有り難うございます。
リノゲート㈱の野中です。

私共は日々、先生方のご案内をさせて頂く際に数多くの医療機関に対して
電話やメールにてコンタクトを取り、求人の情報収集を行っています。
数多くの医療機関相手に毎日のように電話を掛けていますと、
顔が見えない相手ではありますが、相手方の話し方や電話越しの態度から
何となく相手方がどんな病院なのかの雰囲気等について感じ取れるような
場面が多々あります。

例えば私共の方からお電話を掛ける際には各病院の代表電話番号宛に
電話をする機会が多いです。その場合、多くが病院の受付担当者が
電話に出る事が多くなります。その際の対応方法が病院によって
大きく違う事があります。

とても丁寧に感じよく対応して頂ける事もあれば、
時には一方的に電話をガチャ切りされるような対応を受ける事もあります。
更には既に取引を開始しているにも関わらず勝手に「業者扱い」されて、
いくら説明しても信じてもらえず相手にして頂けないような事もありました。

このような対応をされてしまうと私共の方からの当該の医療機関に対する
印象はガクッと下がってしまう事になります。更には先生方に対して
求人のご紹介をさせて頂く際に、残念ながら、上記のような事が理由で
候補から外してしまうような可能性も高まってしまいます。

実は電話での対応時というのは相手の顔が見えない分、強気になってしまい
本音が出やすくなります。つまり電話での対応が担当者個人はさることながら
病院全体の雰囲気を映し出してしまっている、なんて事も考えられるわけです。

実はこのような細かい情報が病院全体を映し出している可能性が高くなります。
私共の方ではこのような細かな情報も持ち合わせつつ日々の対応を行っています。
先生方にも情報を共有させて頂きますので遠慮なくお申し付け下さい。

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
転職に関するお問い合わせ・ご相談の際にお名前を出す事に
抵抗がある先生は以下をご利用下さい。
(ニックネームとメールアドレスのみでOKです!)
 ↓ ↓ ↓ 
匿名相談バナー

>>>リノゲートのホームページはこちら
>>>精神科医専門の転職サイト「精神科医の転職相談室」はこちら 
>>>CRC(治験コーディネーター)の転職・求人ブログはこちら
 ◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆