_S1C1668_sss

医師の転職・相談・求人『面接時に言わない方が良い事』

いつも当ブログをご覧頂きまして誠に有り難うございます。
リノゲート㈱の一杉です。

以前も少しお伝えいたしましたが、転職活動の中で面接は
医療機関側・先生側の双方にとって印象が決まる大事な場面です。
ここで良くない印象を与えてしまいますと、後々採用に響く可能性もありますので
慎重に対応することが必要になります。

本日は面接時に注意するべき事についてお伝えしようと思います。

何かと申し上げますとそれはズバリ条件面についてのお話です。

たまに、面接時の中で医療機関側から「先生の希望年収はいくらでしたっけ?」
「平日勤務をご希望でしたか?」などと質問を受ける場合もあります。
こういった場合は素直に事前に担当者へ伝えていたご希望をお伝えして頂いて
も構いません。

ただし先生側から
「週4日勤務の場合、○○○○万円は出ますか?」
「平日勤務が良くて具体的には○曜日の休みが良いのですが」
「当直はやっぱり免除が良いのですが」
「タクシー代を出して欲しいのですが」

など一方的に自ら条件面などについてご質問や条件交渉に近い発言をされてしまうと
『この先生は単に条件面だけでうちの病院を見ているのか』
『条件面ではなくもっと病院について聞いてきて欲しいのだが…』
といった風に医療機関側は感じてしまいます。

面接というのは医療機関が先生のお人柄やご経験などをお伺いする機会になります。
その際にそういった発言をしてしまうと先生の心証を下げてしまう可能性が高いのです。

逆に先生方にとって面接は医療機関について詳しく知れる機会になります。
まずは事前に聞いていた内容と相違が無いか、実際の院内の雰囲気や院長先生の
お人柄はどうかなど面接の場でしか確認できない事について注力して頂ければと
思います。

条件面については面接後に改めて配慮して頂ける医療機関も少なくありませんし、
紹介会社をご利用された場合、細かい確認交渉等は面接後にコンサルタントが
しっかりと対応致します。
実際に面接時の印象が良くて、条件面を柔軟に対応して頂いたケースや
給与提示が上がったケースもございます。

面接の意味や注意点などをご理解いただいた上で、
臨んで頂けるとよりスムーズな転職活動が出来ると考えております。

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
転職に関するお問い合わせ・ご相談の際にお名前を出す事に
抵抗がある先生は以下をご利用下さい。

(ニックネームとメールアドレスのみでOKです!)
↓ ↓ ↓
匿名相談バナー

>>>リノゲートのホームページはこちら

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

23a98d0398262f6fbdacf6a7974f7f0b_s

医師の転職・相談・求人『勤務曜日について』

いつも当ブログをご覧頂きまして誠に有り難うございます。
リノゲート㈱のコウです。

先生方から日々ご相談を頂く中で、先生方が考えられている希望条件の中には
勤務曜日の中で「〇曜日は外して欲しい」というものです。
では、上記の〇に入る曜日で一番多い傾向にある曜日は
何曜日でしょうか?

数字的根拠がある訳では無いですが、あくまで私共コンサルの感覚としては
圧倒的に土曜日を勤務日から外して欲しいといったご希望をお持ちの先生が
多いと捉えております。
※土曜日は診察がお休みで日直の先生が対応している病院も多く存在します。

その「土曜日」をお休みにされたい先生方に多いご事情ですが、
・家族との時間にあてたい。
・旅行や趣味の時間に土日をあてたい。
・カレンダー通りの生活リズムで過ごしたい。(連休が欲しい)

理由としましては、ドクターだからでは無く恐らくどの職種で働いていても、
同じような考えを持たれている方が多いのでは無いでしょうか?
私もその一人です。笑

私共が働いているホワイトカラーの企業は「土日休み」と定めている企業も
多くありますが、先生方がお勤めになられている医療機関は
土曜日を普通の新作日とし、平日よりも混む病院も多くあるかと思います。

土曜日を平日と同様、診察日(外来日)と定めている医療機関と
やりとりをしていますと、土曜日に入れる先生に常勤医として来て欲しい、、
といったお話をよく耳にします。

面接時にも勤務曜日の話になる事がありますが「先生は土曜日は入れますか?」
とストレートに質問される医療機関はかなり多い印象です。
それだけ土曜休みを希望される先生が多いという事の
裏返しなのだと容易に推測出来ます。

ですので逆に「土曜日は入れる」と面接の際に医療機関側にお伝え出来れば
それだけで高評価(良い印象)となりオファーをあっさりと頂けるケースも
あるのです。しかも給与を少し上乗せして頂ける事もあります。

実はメリットがもう一つあり、
一週間の中で手薄である土曜日に入れる先生は、入職後重宝されますので
例えばですが、不測の事態や急用で当直に入れなくなったといった際に
医療機関側や先生方が融通を利かせて下さり、
先生がお困り時に周りの方が助けてくれるといった流れが出来る等、
良好な関係を築きやすいといったメリットもあるのです。

勤務曜日に拘りの無い先生は、面接時に医療機関が手薄な曜日を
話に出してきた際に協力する旨をお話する事が出来れば、
転職活動を有利に進める事にも繋がりますので
少しでも意識して頂ければと思っています。

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
転職に関するお問い合わせ・ご相談の際にお名前を出す事に
抵抗がある先生は以下をご利用下さい。

(ニックネームとメールアドレスのみでOKです!)
↓ ↓ ↓
匿名相談バナー

>>>リノゲートのホームページはこちら

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

_S1C2611_sss

医師の転職・相談・求人『病院のカラー=院長先生』

いつも当ブログをご覧頂きまして誠に有り難うございます。
リノゲート㈱の一杉です。

先生方が転職を考えられる背景には、様々なご理由がおありになると思います。
その中のご理由の一つとして、院長先生が変わり病院の方針や雰囲気が変わっ
てしまったという事でご相談頂く事も少なくはありません。

例えばA先生の場合、
これまで慢性期中心で患者様対応を行っていたが、
院長が変わり急性期に力を入れていく方針に変わってしまった。
慢性期の患者様を診たいという想いで勤めてきたが病院のカラーが
変化したことにより本来やりたい医療が出来なくなり転職を考えた
という内容でした。

実際に先生方の面接に同行させて頂いたり、医療機関に訪問する中で
『病院のカラー=院長』という密接な繋がりが見えてきます。

以前、医療機関側の採用担当者から「ウチの病院はアットホームな
雰囲気で医師、コメディカル共に仲が良く連携が取れているんですよ」
と事前にお話をお伺いしており、B先生の面接同行をした事がありました。
院長先生から病院についてやご自身が考える医師の在り方などを聞く機会が
あり、その中で「コメディカルは医療機関において大切な存在でありチーム
の一員なので平等に接して頂く事が当病院でご勤務する上で必須条件です」
とおっしゃっておりました。
また、院内見学の際も院長先生自ら案内してくださり、看護師や作業療法士
・理学療法士や心理士など各コメディカルスタッフに積極的に話しかけ
コミュニケーションを取られているのが印象的でした。

その時、私はこの病院は院長先生が医師だけでなくコメディカルとコミュニ
ケーションを積極的に図っている結果として、アットホームな雰囲気を作り
連携も取れるような姿にしている。
事前に担当者から聞いていた話と相違が無いという事を確信しました。

つまり病院のカラーは院長先生によって大きく影響されるという事です。
これから面接などを控えている先生や転職活動を始めようとお考えの
先生は院長先生のお考えやお人柄などの部分も確認することで、
よりご希望に合った転職が叶えられるのではないでしょうか?
ご参考にして頂ければ幸いです。

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
転職に関するお問い合わせ・ご相談の際にお名前を出す事に
抵抗がある先生は以下をご利用下さい。

(ニックネームとメールアドレスのみでOKです!)
↓ ↓ ↓
匿名相談バナー

>>>リノゲートのホームページはこちら

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

_S1C2305_sss

医師の転職・相談・求人『転職をお考えの先生に改めてお願いです』

いつも当ブログをご覧頂きまして誠に有り難うございます。
リノゲート㈱のコウです。

日々、様々な状況下にある先生方よりご相談を頂いておりますが、
改めてお願いがございます。
まず弊社にご相談を頂く先生の中には、
➀「転職を早めにしたい」
※↑理由がしっかりとあり時期が明確に決まっている先生が該当します。
➁「良い条件(希望が叶う)の病院があれば転職を検討したい」
➂「情報だけ集めておいて、いざ動くタイミングが来た際の準備や情報集めを
しておきたい」
おおよそ3つのパターンに分かれると捉えております。

➀~➂の中でも➀と➁に該当される先生へ向けてお伝え致します。

冒頭でも申し上げておりましたお願いですが、
私共が1件1件医療機関に確認・交渉を行う上で大事なのが、
「転職理由」についてです。
至極当然ですが「勤務日数」「当直可否」「給与額」「転職希望時期」等の
条件面も転職先をお探しになる上で大事になる事は重々承知しています。

ですが、それよりも前の段階で「何故転職しようと考えたのか」といった部分を
しっかりと把握していないまま、候補となり得る医療機関を探しご紹介したとしましても、
詳細(内容)関して言えば、先生方が希望されているような医療機関からは、
掛け離れた内容の求人が多くなってしまうのです。
実際に先生方より、お伺いしてみますと「転職理由」や「転職を考えるようになったきっかけ」
等をヒアリングしないままうやりとりを進める紹介会社やコンサルが居るといった
お話もたまに耳にします。。

「転職理由」に関しては話しづらいな…
と、思われる先生もいらっしゃるかと思いますが、転職理由を表に出さないまま、
転職を無事に成功させる事は不可能に近いのです。
面接の中での必ず「転職理由やきっかけ」については質問があります。
そこで曖昧な回答をしてしまいますと、確実にネガティブな印象を
持たれてしまいます。

ですので、転職サポートを紹介会社にお願いされる先生は、
しっかりと事前の段階で転職理由をヒアリング出来る、
コンサルタント(紹介会社)を利用頂きたいと考えています。

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
転職に関するお問い合わせ・ご相談の際にお名前を出す事に
抵抗がある先生は以下をご利用下さい。

(ニックネームとメールアドレスのみでOKです!)
↓ ↓ ↓
匿名相談バナー

>>>リノゲートのホームページはこちら

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

8719836297_227d416297_c

医師の転職・相談・求人『弊社の求人のご紹介について』

いつも当ブログをご覧頂きまして誠に有り難うございます。
リノゲート㈱の一杉です。

本日は弊社の求人のご紹介についてお伝えしようと思います。

まず弊社では先生のご希望に合った求人をご紹介する為に
オーダメイドの求人をご案内しております。

その為、求人数を沢山ご案内するという手法は取っておらず、
なるべくご希望に近い求人を幾つか厳選してご紹介しております。
つまり精度の高い求人という事になります。

逆に紹介会社によっては求人数を強みにしているところもあります。
確かに求人数が多ければ候補案件の漏れがないかなどメリットがあるように
思いますが、よくご対応させて頂いた先生方から
「確かに求人数は多いけど求人内容が希望とかけ離れているのがあって…」
「医療機関の細かい情報や募集背景が分からないまま進めるのが不安で」
とのご相談を頂く機会があります。

つまり候補となる医療機関を先生の方で絞り込んでいく作業に時間を費やしたり
かえって手間がかかってしまう可能性が高いのです。
また医師募集というのは時期により募集背景の変化や内容なども変わる場合が多い為、
最新状況の確認が取れていないと、送られてきた求人との間にズレが生じてしまいます。

弊社ではそのような事が起きないよう候補となる医療機関に対して一件一件
最新の状況の確認や交渉を行っております。また、これまで培ってきた経験や
実績をもとにご案内をさせて頂いております。
これはなるべく先生のご希望に合った求人をご紹介し、スムーズな転職活動の
サポートが出来るようにする為です。

求人のご紹介だけでなく、転職についてのお困りの事やお悩みなどございましたら、
お気軽にご相談下さい。

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
転職に関するお問い合わせ・ご相談の際にお名前を出す事に
抵抗がある先生は以下をご利用下さい。

(ニックネームとメールアドレスのみでOKです!)
↓ ↓ ↓
匿名相談バナー

>>>リノゲートのホームページはこちら

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

9507108743_4f0586b2c7_b

医師の転職・相談・求人『常勤先を辞めたいが辞め辛い状況下にある先生へ:一案です』

いつも当ブログをご覧頂きまして誠に有り難うございます。
リノゲート㈱のコウです。

先生方が転職を検討される際に、必ず行わなくてはならない、
退職申請ですが、現勤務先に角が立たない形で穏便に退職する事が出来る為の
一つの選択肢をお伝えしたいと思います。
※大前提としてはあくまで一例であり、状況的に難しい場合や不可能な先生方も
いらっしゃるかと思いますので、参考程度にご確認下さい。

まず、転職を決められた先生方、今後検討されている先生方の中には
・「出来れば今、働いている医療機関との縁を切りたくないのだが、
転職せざるを得ない理由があるんだよな・・・」
・「転職を決心したのは良いものの今働いている医療機関を
辞めるのは難しい(辞めさせてくれない)かもしれない…」

上記のようなお考えをお持ちの先生もいらっしゃるかと思います。

以下は事例とご提案になります。
さて、上記のような先生方はどのように転職をされたのかと言いますと、
週1回~月数回、非常勤医として残るという選択肢です。

当然、非常勤として残る医療機関側への相談や了承が必須にはなりますが、
このような↑選択肢もあるのではないでしょうか?
関係性を断ち切るよりは、常勤で働いていたからこそのサポートは非常勤であっても出来るはずです。
逆に病院側としても、完全に辞めて居なくなってしまうよりは「非常勤で貢献してもらえるのなら、、」と、
お話が纏まったというお話も耳にします。

少し話がそれてしまいますが、大学医局の属されている先生が退局される際に
波風を立てずに辞める為の一つの手段としても、有効な手立てとなる事もあります。
転職活動は全てのフェーズがスムーズに進むという事はまず、あり得ません。
どこかで必ず、問題が発生するものだと想定し、動かれ事前に可能な範囲で
対策を練って頂く事をオススメします。
冒頭部分でもお伝えしましたが、先生個人個人により状況は違うかと思いますので、
お困り事がありましたら都度、お気軽にご相談下さい。

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
転職に関するお問い合わせ・ご相談の際にお名前を出す事に
抵抗がある先生は以下をご利用下さい。

(ニックネームとメールアドレスのみでOKです!)
↓ ↓ ↓
匿名相談バナー

>>>リノゲートのホームページはこちら

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

_S1C1143_sss

医師の転職・相談・求人『求人票の給与記載について』

いつも当ブログをご覧頂きまして誠に有り難うございます。
リノゲート㈱の一杉です。

ご転職をお考え先生方にとっては、弊社のような紹介会社や
インターネットから医療機関の募集状況についての求人を見て
ご興味を持って頂く機会が多いかと思います。
特に求人の中で気になるポイントとして挙げられるのは給与部分
ではないでしょうか?
転職を考える中でここが一つの判断材料にもなる要素だと考えております。

求人票には必ず給与額の項目があり、勤務日数や資格の有無に応じて
大体の金額の目安が記載されております。

例えば 【指定医 週4日 1300万円~1400万円】 との記載があったとします。

よく先生方からは「これ以上の提示は出ないのでしょうか?」
とご質問を頂く場合があります。
医療機関によっては医師免許取得年や資格など病院規定である程度決まっている
場合もありますが、そうでない医療機関も多く存在致します。
その背景としては、実際に先生とお会いしてから給与額を決めたいと
考えているのが本音の部分だからです。
まずは先生のご経験、お人柄を実際に会って確認する事により、
元々の求人記載額よりプラスアルファで提示が出てくる可能性があるのです。

求人票をご覧になられていて、給与部分で気になるポイントなどがある場合は
一度コンサルタントにご相談下さい。
医療機関側がどのようなタイプなのか、プラスアルファの可能性があるのか
などを含め確認致します。

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
転職に関するお問い合わせ・ご相談の際にお名前を出す事に
抵抗がある先生は以下をご利用下さい。

(ニックネームとメールアドレスのみでOKです!)
↓ ↓ ↓
匿名相談バナー

>>>リノゲートのホームページはこちら

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

HOWtokaidousenE231_TP_V1

医師の転職・相談・求人『医療機関の募集状況 (1都3県)』

いつも当ブログをご覧頂きまして誠に有り難うございます。
リノゲート㈱のコウです。

弊社にご相談頂く先生方の割合としては、関東圏(特に東京・神奈川を中心とする)
1都3県を希望される方が圧倒的に多い状況です。
日々、首都圏又は近郊の医療機関とコンタクトを取っておりますが、
以前は常に求人を出していた医療機関ですら、
「ウチは充足」と担当者より回答を頂く事が増えてきているのです。

医師配置の枠はどの病院でも決まっていますので、
充足している医療機関に応募するのは、
余程経験を積まれていて、医療機関側のニーズと先生のお考えになられている事が
ピンポイントで合致しない限り困難となります。

このような状況の中でも、転職をお考えの先生方が減っている訳ではありませんので、
提案的な要素も含んでしまいますが、以下参考にしていただければ幸いです。

➀【特急や新幹線通勤を考えてみる】
→こちらは時間的に余裕のある先生でなければ難しいかもしれませんが、
1都3県の隣県の医療機関も候補としてご検討頂きたいという事です。
これまでの事例としては、愛知県や静岡県の東海地方や北関東方面の
茨城県、栃木県、群馬県。
もちろん、特急や新幹線を利用するとなると高い交通費が発生してしまいますが、
医療機関によりましては交通費を負担頂け、ホテル代も出して頂けるケースも
あります。

➁【有料道路を使った通勤を考えてみる】
→こちらは自家用車を保有している先生限定になってしまいますが、
➀同様に有料道路代やETCカードを支給頂ける医療機関も数としては
多くないですが存在しています。

➀と➁はあくまで家庭事情等を考慮する必要性が低い
先生方へ向けたご提案ですので、誰しもが該当する訳ではないのは
承知しています。
ですが、上部でもお伝えしましたが、
エリアを絞り過ぎてしまいますと、転職先の候補となり得る医療機関が
全く出て来ないといった最悪の事態となってしまう場合もありますので、
選択肢の一つとして、1都3県近隣県の医療機関も候補に入れて頂ければ、
先生方の希望により近い求人が出てくる可能性が上がるのではないかと
思っています。

また、私共(リノゲート)は東京の本社のみで営業していますが、
エリアを問わず、全国の医療機関の情報を保有していますので、
遠方にいらっしゃる先生方からのご相談もお受けしております。
もちろん、転職ありきの相談で無くても構いませんので、
今後の方向性等でお悩みの際や職場でのお悩みを抱えている
先生がおりましたら、ご一報下されば幸いです。

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
転職に関するお問い合わせ・ご相談の際にお名前を出す事に
抵抗がある先生は以下をご利用下さい。

(ニックネームとメールアドレスのみでOKです!)
↓ ↓ ↓
匿名相談バナー

>>>リノゲートのホームページはこちら

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

d378e1ef720309426cc91e7a741cec41_s

医師の転職・相談・求人『非常勤のメリット・デメリット』

いつも当ブログをご覧頂きまして誠に有り難うございます。
リノゲート㈱の一杉です。

弊社では常勤先だけでなく非常勤先のご案内も行っております。
最近非常勤先をお探しの先生方からのご相談も多く頂いておりますので、
本日は非常勤についてのメリット・デメリットについてお伝えしようと思います。

まず【メリット】についてですが、以下のようなポイントが挙げられます。

————————————————

・都合の良い曜日に勤務する事が可能である。
・時短勤務や半コマ勤務も可能で、介護を行っている先生や
 子育て中の先生でもお気軽に相談が出来る。
・給与の割が良い
・クリニックによって専門的な知識を身に付ける事が出来る

————————————————

続いて【デメリット】についてですが
————————————————

・常勤先のように何人もの先生が在籍している訳ではないので
 急な用事が入った場合、穴埋めがきかない。急な休みが取りにくい。
・先生一人一人に対しての責任が重い

————————————————
以上のようなポイントが挙げられます。

非常勤なので責任が軽いだろう、辞めやすいだろうなどと捉えている
先生方も多いように思いますが、それとは逆で勤務面では融通が利かない
という部分もあります。

上記のようなメリット・デメリットをしっかりとご理解して頂いた上で
非常勤先をご検討頂ければと思います。

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
転職に関するお問い合わせ・ご相談の際にお名前を出す事に
抵抗がある先生は以下をご利用下さい。

(ニックネームとメールアドレスのみでOKです!)
↓ ↓ ↓
匿名相談バナー

>>>リノゲートのホームページはこちら

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

02c4f66147f2661a838348af45afea0d_s

医師の転職・相談・求人『社会保険の加入条件について再度お伝えします』

いつも当ブログをご覧頂きまして誠に有り難うございます。
リノゲート㈱のコウです。

最近の先生方とのやりとりの中で、
常勤・非常勤問わず、社会保険に加入する為の最低条件について、
質問頂く事が多い傾向にありましたので、
以前にも一度お伝えはしておりますが、
今一度ご確認頂ければと思います。
================================================
➀.勤務日数、勤務時間共に常勤(正社員)の3/4以上勤務している事。
➁.1ヶ月の給与が88,000円以上、年収で106万円以上の場合。
➂.1年以上継続して勤務している、または勤務する見込みがある場合。
➃.学生ではない事。
➄.週20時間以上の勤務している事。

※補足として、501人が在籍している職場であれば、➀を除く➁~➄の条件を
クリア出来ていれば加入が可能となります。
================================================
以上が社会保険の加入条件となります。

また、雇用条件につきましては、週の労働時間が20時間を超えた場合に
加入の対象となりますので併せてご確認下さい。

しかしながら、上記の知識えお持っているだけでは
思わぬ落とし穴に嵌るケースもありますのでご注意下さい。
残念な事に「医療機関」は時代の流れに乗れていない(取り残されている)
ところがまだまだ存在するのです。
たまに耳にするのが、労働基準法通りの有給休暇を与えられていないと
いった事例です。
上記で申し上げました雇用保険も然りです。

企業ですと、こんな事は基本あり得ないですが
医療機関は誤った解釈の元、未だこのような事が行われているのです。

これらの状況に陥ってしまっては、
医療機関で勤務している先生方にとりましては他人事ではありません。
このような状況に陥らないようにする為にも、
先生方ご自身が労働に関しての法令の理解を深めて頂く方法以外に
無いと思っております。
当然ですが私共が間に入り、やりとりをさせて頂く場合には、
先生方の身をお守りするお手伝いをさせて頂きます。

入職前の雇用契約や入職後に少しおかしいぞという点が
ありましたら私共でも構いませんし、第三者で法令に詳しい方へ
早い内に相談頂く事をおすすめします。

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
転職に関するお問い合わせ・ご相談の際にお名前を出す事に
抵抗がある先生は以下をご利用下さい。

(ニックネームとメールアドレスのみでOKです!)
↓ ↓ ↓
匿名相談バナー

>>>リノゲートのホームページはこちら

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆