採用試験の難易度を考える「治験コーディネーター編」

治験コーディネーターへの転職を考える際にポイントの一つになるのは、どこの企業に転職すべきかを考える事です。治験コーディネーターの採用を行っている企業の事を総称してSMOという訳ですが、このSMOにも大手企業から中小企業と呼ばれる規模のSMOまで様々な会社が存在しています。その中から転職活動を行う際に具体的に応募するSMOをどのように絞り込んだら良いのかについて考えてみたいと思います。

 

まず前提として考えるべき事は労働条件、つまり仕事内容や給与額、残業時間や休日など、諸々の諸条件についてはどこのSMOについても大きな違いは無いと思って頂ければ良いと思います。では最もキーとなるポイントは何かと言いますと、それは採用試験の難易度という事になるのではないかと思います。SMO毎に採用試験で行われる内容も違ってくれば面接を行う回数なども変わってきます。また応募資格などを比較してみても、治験コーディネーターの経験がある人のみ応募可能な所や中には未経験者(会社によっては無資格の人)でも応募が可能なSMOもあったりします。この差をしっかりと見極める事が非常に大事な事ではないかと思います。特に未経験者の場合や無資格の人の場合には、いかに採用してもらえる可能性を高める事が出来るかを考える事も非常に大事な要素の一つになりますので、どこのSMOに応募すべきかを考える事は非常に大きなポイントになると思います。

 

では企業毎の難易度を考える際に一般的な考え方についてお教えしたいと思います。まず難易度が高いSMOはどんな会社かと言いますと、多くの場合、大手企業がそれに当てはまる事が多くなります。大手SMOの場合には採用するための基準が明確になっている事が多く、この基準に合うか合わないかが最大のポイントになります。つまり条件が合わないという事になれば容赦なくその時点でNGになる可能性が高くなります。その点においては未経験の人や無資格の人にとっては大手企業を志望するという事は厳しい選択肢になるのではないかと思ました。

 

では逆に入りやすい企業はどんなレベルなのかと言いますと圧倒的に中小企業の方だと考えております。中小企業の場合には明確な基準なども設けられていない場合が多く、人物重視的な採用活動を行っている場合もあります。その点において未経験の人や場合によっては無資格の人でもチャンスがあるかもしれません。以上の事からも未経験者や無資格の方々には、まずは中小企業からチャレンジしてみる事をお薦めします。

 

大手なのか中小なのか、悩んでいる方がいらっしゃれば、お気軽に私共の方にご相談下さい。

 

【治験コーディネーター(CRC)へ転職してみませんか!】

※匿名でのお問い合わせも可能です!まずはお気軽にご相談下さい。

     ↓  ↓  ↓

【治験業界への転職相談】

 images (2)

 

 

 

 

資格を持っている事は強み?それとも弱み?

治験コーディネーターへの転職を考える際に最も大事な要素の一つに看護師や薬剤師、臨床検査技師などの医療に関わる資格を持っているか否かが非常に大きなポイントである事は皆さんも重々承知の事だと思います。治験コーディネーターに転職するための可能性を考えた際には私も資格の有無は非常に大事な事だとは思っているのですが、時と場合によっては資格があるが故に足元をすくわれてしまうような場面を何度も見てきました。正直なところ、資格を持っている事がご本人の足かせになってしまっているのではないかと思う事も多々あります。ではそれは具体的にどんな場面の事を指しているのか、ご説明したいと思います。

 

資格を持っている人が治験コーディネーターに転職する場合、多くの人が万が一、治験コーディネーターの仕事に馴染む事が出来なければ元の仕事に戻ればいいと考えている場合が多いかと思います。医療の資格をお持ちの方々は基本的に売り手市場ですので職を探そうと思えば引く手数多の場合が多く転職する事に苦労しない場合が多い事もあって、尚更このような考え方を助長してしまう事があります。しかし私が今までにご案内してきた方々の多くは実は他の仕事にも興味があって機会があればチャレンジしてみたいと考えている人も少なくなかった印象があります。しかし資格を持っているが故に、他の仕事への接点を持つ機会が少なく第一歩が踏み出せなくて悩んでいる人も多かったです。

 

そうなんです、資格を持っているが故に選択肢の幅を完全に狭めてしまっている人が非常に多いのです。本来は医療系の仕事だけではなく事務の仕事や販売、営業といった一般企業や店舗での仕事でも上手くこなせる資質を持っていながら、資格を持っているために他の仕事へ進出するチャンスを完全に失っている人も多いのです。もちろん医療業界でのスキルを高めてスペシャリストを目指すという方法も一つの選択肢ではあるかと思いますが、私個人的にはそこに固執するのではなく様々な経験を積んでいく中で、より見合った仕事に就いて経験を積み活躍の場を掴む事が出来ればより良い事ではないかと思うのです。

 

とは言いましても、いきなり医療とは大きくかけ離れた仕事に就くというのも非現実的な部分があります。少しでも近い仕事からスタートしていき徐々に馴染んでいく事も大事な事ではないかと思います。そういった点においても治験コーディネーターの仕事というのは正しく医療現場と企業との中間的な位置付けの仕事と言ってよいと思います。この仕事を足掛かりにして更に他の仕事に転職する事も出来ると思います。治験コーディネーターという仕事自体も非常に世の中への貢献度が高く、やりがいのある仕事だと思いますが、更にもうワンランク上の転職を目指して、まずは治験コーディネーターへ転職してみるというのはいかがでしょうか?

 

【治験コーディネーター(CRC)へ転職してみませんか!】

※匿名でのお問い合わせも可能です!まずはお気軽にご相談下さい。

     ↓  ↓  ↓

【治験業界への転職相談】

 imasia_11820354_M

紹介会社の役割について「治験コーディネーター編」

今までに数多くの方々にお問い合わせを頂き、治験コーディネーターへの転職のお手伝いをしてきました。そして様々な方々から色々なお話を聞いてきました。そのような場面を振り返り、紹介会社という立場で考えた場合、転職を希望している方々に対してどのような方法でサポートさせて頂くのが良いのか改めて考えてみました。折角、紹介会社にお問い合わせ頂いたのであれば、問い合わせして良かったと思って頂く事が何より大事だと考えております。ではそのように思って頂くには一体どんな事をすれば良いのか私なりに考えてみました。今回は皆さんにとってお役に立てる話というよりは、私共の考え方について皆さんに知って頂きたいと思い、その内容について記載させて頂く事にしました。

 

まず紹介会社が転職希望者に対して行う事としては初めに皆さんの希望をお伺いして、その内容に見合った求人を探しご紹介させて頂くという事があります。次いで求人先に応募する事になれば応募用の書類作成についてのアドバイスなどを行います。更に面接に進む事になれば面接の対策を行う事も有ります。そして最後に面接の結果を確認し、場合によっては労働条件について求人先と交渉を行うような場面も出て来ます。要は転職活動をスタートする段階から採用が決定するまでの一連の流れに対して一通り対応させて頂く事が可能であるのです。

 

しかし、これらの作業に関してはどこの紹介会社でも対応範囲内の話であり、大方の紹介会社でサポートしてくれる内容となります。つまりここまでの内容であればどこの紹介会社にお願いしてもサービスの質には大差が無いという事になります。しかし転職活動においては最終的な目的が何かといえば希望の企業に採用して頂く事になりますので、上記のようなサポートを受けられたとしても採用して頂けなければ何の意味も無いという事になるのではないかと思います。では私共が他の紹介会社と差別化を図るために心掛けている事は何かといえば、それは「第三者の立場で見る」という事です。つまり転職希望者がどんな人かを第三者的立場で見る事で書面や面接では分からない本当の本人の姿を求人先に伝える事が可能になります。表面的な部分からでは分からない本人の良い所を見つけ出し、それを第三者からの意見として伝えるという事です。

 

私達は事前に直接お会いしてお話をしたり電話でやり取りをしていますので、求人先の企業よりも本人の事を良く知っているのです。そこで得た情報を私達から直接企業に伝える事でよりリアルな姿をお伝え出来ます。多くの場合、実際にお会いして頂いた方が評価が高まる人が多いのです。実際にお会いして頂けるように、いかにアピールするかが紹介会社の腕の見せ所です。転職活動において苦戦を強いられている方々、どこに問題があるのか私共の第三者的な目線で見せて頂ければ、その原因がつかめるかもしれません。

 

【治験コーディネーター(CRC)へ転職してみませんか!】

※匿名でのお問い合わせも可能です!まずはお気軽にご相談下さい。

     ↓  ↓  ↓

【治験業界への転職相談】

 10169000568

 

地方で治験コーディネーターに転職する際の注意点

治験コーディネーターへの転職を考える際に、その求人の数で言えば圧倒的に東京(関東)が多くなります。その理由は都内に事務所を構えているSMOが多く存在するため、東京方面の求人数が多くなるという流れになっています。また東京や神奈川は医療機関の数も多く、治験を行う際に適した地域という事も言えるのと思います。以上のような事から治験コーディネーターへの転職という事になれば、その候補となる求人数は圧倒的に東京(関東)の案件が多くなります。

 

しかし稀に都心部からは離れた郊外でも治験コーディネーターを採用している求人を見掛ける事があります。このような求人を見つけた場合ですが、都心部の求人とは内容的に大きく違いがある場合がありますので注意して取り扱った方が良いと思います。

 

では都心部の求人と比べて、どんな点が大きく違うのかと言いますと、①雇用形態が契約社員の場合がある。②仕事が半永久的に続くのではなく、いずれ途切れてしまう恐れがある。以上のような事です。①と②の理由は連動している事が多いのですが、地方の場合、都心部に比べて医療機関に対して治験の依頼数が少ない事があります。時には全く依頼が無くなってしまい、一旦ストップしてしまうような事も有り得ます。そのような時にSMOはどんな対応を取るかといますと、仕事がなくなった施設で勤務していた治験コーディネーターとの契約を打ち切ったり、違うエリアへの転属を命じたりする事があります。そのために、治験コーディネーターの雇用形態を契約社員のような扱いにして、仕事がなくなった段階で速やかに契約を打ち切る事が出来るような手段を取っているという事になるのです。つまりご本人はずっと同じ地域で勤務したいと考えていても、仕事の状況によって、継続する事が難しくなってしまう場合があるのです。

 

このような状況になってきますと、働く側としてはとても不安定な環境の中で仕事をしなくてはいけなくなります。このような点において地方で勤務する場合には、都心部での勤務に比べて不安要素を多く抱えている事がありますので、転職する際には将来的な展望も含めてしっかり確認するようにしなくてはいけないと思います。

 

ちなみに地心部で勤務するという事になれば、基本的には仕事の量は多いので、いきなり仕事が無くなってしまい首を切られるような事はまず無いと思います。その分、安心感は増すのではないかと思います。この辺りも含めて将来、どんな働き方をするのが良いのかしっかりと検討してみて下さい。

 

【治験コーディネーター(CRC)へ転職してみませんか!】

※匿名でのお問い合わせも可能です!まずはお気軽にご相談下さい。

     ↓  ↓  ↓

【治験業界への転職相談】

 gahag-0036425321-1

(c)2014 リノゲート株式会社 CRC(治験コーディネーター)の転職・求人相談
▲TOPへ戻る