【治験コーディネーターへの転職】資格の有無よりも大事な事

imgres

 

いつも当ブログをご覧頂きまして誠に有り難うございます。ここ最近ですが、やはり年明けから来年の4月に向けての転職活動をスタートされる人も多くなってきたようで、治験コーディネーターへの転職の件でお問い合わせを頂く件数も増えつつあります。そんな中で多くの方々から送られてくるお問い合わせとして「私は~の資格を持っています。この資格でも治験コーディネーターとして転職する事は可能でしょうか?」というような内容のものが圧倒的に多くなっております。治験コーディネーターと言えば看護師、薬剤師、臨床検査技師などの資格をお持ちの方々が優遇されるという事は皆さんもご理解されているようですが、必ずしもこれらの資格を持っていなければ転職する事が出来ないのかと言えばそうではないのです。中には何の資格も持っていないような人でも治験コーディネーターに転職を果たす方もいらっしゃいます。では一体どんな人が治験コーディネーターに転職する事が出来るのか、その辺りについて改めて説明していきたいと思います。

 

そもそも治験コーディネーターに転職する際に求められる要素としては、

・医師や患者と上手くコミュニケーションが取れる事

・カルテを読んだり検査数値を読み取る事が出来る事

・書類作成やデータ管理など、細かい作業を苦にしない事

・常に新たな事にチャレンジしようとする前向きな姿勢

・研究や開発といった分野に興味がある事

・医療や薬学について何らかの知識を持っている事

・貢献度の高い仕事に興味を持っている事、、、等が挙げられるかと思います。

 

これを見て頂ければ分かるように、必ずしも看護師や薬剤師、臨床検査技師といった資格を持っていなくても出来るような物が含まれている事に気が付くのではないかと思います。そうなんです、実は資格を持っているか持っていないかではなく、過去にどんな経験を積んできたのかが最も大事になります。例えばMRをしていた方であれば医師とコミュニケーションを取る事は得意だと思いますし薬についての知識を持っています。また理学療法士の方であれば医師や患者とのやり取り、カルテを読んだりする事も出来ると思います。更には管理栄養士の人であれば病院で患者に対する栄養指導等を行っている人もいますし、時には医師とコミュニケーションを取ってきた人も居ると思います。

 

実は治験コーディネーターに転職する際には、こういった経験値がとても大事になるのです。つまりは看護師や薬剤師、臨床検査技師として働いてきた方々であれば、日々の業務の中で上記のような経験を積んできた可能性が高くなるので応募資格の中に「有資格者歓迎」的な事が書かれているのです。ですので看護師じゃないから駄目だとか薬剤師じゃないから応募資格がないと判断してしまう前に今までにどんな経験をしてきたか振り返ってみる事が大事です。もしも上記のいずれかに該当するような経験値をお持ちの場合には、資格をお持ちでなくても治験コーディネーターに転職出来る可能性があります。

 

もしもご自身で判断がつかないような場合には、私共の方で判断させて頂く事も可能ですのでお気軽にお申し付け下さい。

【治験コーディネーターへの転職】治験コーディネーターが被験者に与える印象とは。

imasia_8711687_M

 

いつも当ブログをご覧頂きまして誠に有り難うございます。早いもので、いよいよ今年も残りあと僅かとなってきました。ここから来年の4月に向けては治験コーディネーターへの転職活動が最も盛り上がりを見せるタイミングとなります。ここで出遅れてしまいますと、良い求人を見逃してしまう事にも繋がりますので、そうならないように早め早めに手を打つ事をお薦めしたいと思います。

 

さて今回ですが、治験に参加している被験者から見た治験コーディネーターの印象について気になった事を記載してみたいと思います。実はつい先日なのですが私の知人がある試験に被験者として参加してきたのです。(治験業界の事については全く無知な人間です。)たまたまその人と会う機会があり偶然治験に参加したという話になったので、私の方から色々と質問をしてみました。その時の回答が思いもよらない事が多く面白かったです。中でも特に記憶に残っている事を2つ記載します。今後の参考にして頂ければ幸いです。

 

①治験コーディネーターって何者?

その人に話を聞いていく中で私の方から「治験コーディネーター」って知ってる?と聞いてみたところ「分からない」という返事が返ってきました。そこで何をしている人か説明してあげたら気が付いたようでしたが、それまでは全く理解していなかったんです。毎回来院時に対応してくれる人、くらいにしか認識していませんでした。その理由は治験が開始される際の説明の中で治験コーディネーターとは何か?、何をしてくれる人なのか?、どんな人が務めているのか?などの説明が一切なかったようなんです。これだと被験者との関係性も薄弱で上手いコミュニケーションを図る事も難しいのではと思ってしまいました。

 

②本来の治験の意味を理解していない?

被験者として参加していた時の本人の意識としては、はっきり言って「お小遣い稼ぎ」的な意味合いが強かったようです。確かに被験者の立場からすれば、お金をもらう事が最大の目的であっても間違いではないと思います。しかし本来の治験を行う目的をもう少し明確に伝える事も大事なのではないかと思ったようです。そこがアバウトになっているため「治験=高額バイト」的なダークなイメージが付きまとうのではないかと思いました。被験者集めを行う際にお金は大事かもしれませんが、本来はそれだけが狙いではない事をしっかりと説明する事も大事な事なのではないでしょうか。

 

以上の2点です。被験者が治験コーディネーターや治験について理解していないなんて事を考えた事も有りませんでした。どうしても治験の仕事に関わっている方々は目先が製薬メーカーに行きがちになるかと思いますが、その手前のもっと足元を見てみる必要の重要性を感じた気がしました。治験コーディネーターとして良い仕事をして頂くための参考にして頂ければ幸いです。

 

 

【治験コーディネーターへの転職】知識を売り込むよりも、まずは人柄をアピールしましょう。

_S1C0219_sss

 

治験コーディネーターへの転職の中でも未経験者が治験コーディネーターを志望する場合に特に言える事ではないかと思うのですが、応募した企業に対して自分を売り込む際には自分が持っている知識や経験値よりも、まずは自身の人柄を売り込むようにした方が良いです。

 

多くの方々が勘違いしている事があるのですが、それは未経験者に対しては知識や技能に対して期待している訳では無く、まずは人物的な面で治験コーディネーターとしての成長する資質が備わっているかどうかを確認する事が多くなっております。しかも治験コーディネーターという仕事は医師や患者をはじめ人とコミュニケーションを取りながら仕事を進めていく仕事内容になります。相手の話を聞くのが上手い人や、逆に説明が上手い人など、その人の人柄が活かされるような場面が非常に多くなりますので、その方の人柄というのはとても大事な要素になっているのです。

 

ですので面接対策として対応すべき事としては、知識や技能を身に付ける事よりも、まずは、どうしたら面接官から好かれるのかを考えた方が良いと思います。そのためには如何に感じよく対応する事が出来るか、元気がある事をアピールする事が出来るか、明るく前向きな対応が出来るかどうか、挨拶がしっかり出来るかどうかなどを、事前に考えておいた方が良いと思います。

 

まずはこのような準備をする事が治験コーディネーターの未経験者が行うべき対応ではないかと考えております。良く分からない方がいらっしゃれば私共の方でアドバイスさせて頂きますで遠慮なくお申し付け頂ければと思います。

【治験コーディネーターへの転職】紹介会社に振り回されないように気を付けましょう!

_S1C2884_sss

 

いつも当ブログをご覧頂きまして誠に有り難うございます。皆さんが治験業界に転職を考える際に手段の一つとして紹介会社を利用する事を考えている方々も多いのではないかと思います。しかし、いざ情報を調べてみますと治験関連の求人を扱っている紹介会社はとても多く、どこの紹介会社に登録すれば良いのか迷ってしまう人も多いのではないかと思います。私共も、その紹介会社の一つであり、その私達が言うのも変な話かもしれませんが紹介会社によっては、とても雑な仕事をしている所も多く存在しているようです。しかも誰もが知っているような紹介会社でもあり得る話なのです。そんな所にお願いしてしまえば、皆さんの人生の中でも一大イベントの一つである転職で失敗してしまい最悪の場合、人生が狂ってしまう事にも繋がりかねません。そこで万が一、こんな紹介会社があったら気を付けて頂きたいという事で、実際に皆さんからお伺いしたお話をまとめてみたいと思います。今後の紹介会社選びの参考にして頂ければ幸いです。

 

【こんな紹介会社には気を付けましょう!】

◆詳しい希望条件などを伝えしていないにも関わらず勝手に求人を紹介してくる。

⇒ご本人に合う求人ではなく「決まりやすい」「取引条件が良い」といった理由で紹介してきます。何処でも良いので決まりさえすれば良いと考えている悪徳紹介会社がやる最も典型的な方法です。

 

◆履歴書や職務経歴書の添削、面接対策などが雑である。

⇒私が過去に対応してきた方々を見ていて感じたのは、治験業界への転職が初めての人の場合は特に添削が必要ない人はほとんど存在しませんでした。という事は添削にはそれなりの時間を要するものなのです。にも関わらず簡単な対応しかしてくれないのは本気で考えていない証だと思います。

 

◆コンタクトを取りたくても一向に返事が来ない。

⇒特に紹介会社にとって都合が悪い事などがあると意図的にコンタクトを遮断しようとする所があるようです。これような態度も皆さんの事を優先しているのではなく、紹介会社の都合を優先しようとする典型的なパターンです。

 

◆お願いしていないにも関わらず勝手に企業に応募されてしまう。

⇒酷い話ですが、ご本人が希望していないにも関わらず勝手に提携している企業に実名で履歴書や職務経歴書を送ってしまうパターンです。一度送ってしまえば正式に応募したという事になり、それを取り消す事が難しくなります。つまり改めてご自身で応募したいと思っても応募歴が残ってしまい、再応募が出来なくなるなど転職活動の幅が大幅に狭くなってしまう恐れがあります。(場合によっては個人情報の漏えいにも繋がる事です。)

 

◆治験業界に転職する際のデメリットについては一切話してこない。

⇒私が思うに皆さんが治験業界に転職を考える際には少なからず障壁となるような部分も存在します。転職して本当に良かったと納得して頂くためには良い部分だけではなく悪い部分についてもしっかりと説明し理解して頂く事が大事だと思います。にも関わらず、そこを敢えてしないというのは「決まれば良い」と考える紹介会社の悪しき考え方の一つです。

 

以上のような事になります。結局、一番悪い事は紹介会社の都合を優先して転職される皆さんの事を考えていないという事が最もよろしくない点だと思います。お願いした紹介会社の対応を見ていて少しでもそのような片鱗が見え隠れするような場合には、即刻疑った方が良い気がします。先程もお伝えしましたが転職というのは人生の中でも一大イベントの一つになると思います。そこで失敗してしまうという事は人生設計を狂わせる事にも繋がりかねません。そのような事にならないようにするためにも紹介会社選びは慎重に行う事をお薦めします。

 

==================================

【治験コーディネーター(CRC)へ転職してみませんか!】

※匿名でのお問い合わせも可能です!まずはお気軽にご相談下さい。

       ↓  ↓  ↓

【治験業界への転職相談はこちらをクリック】

==================================

 

 

 

 

 

(c)2014 リノゲート株式会社 CRC(治験コーディネーター)の転職・求人相談
▲TOPへ戻る