治験コーディネーターの2つの働き方について

images (2)

 

同じ治験コーディネーターとして勤務する際にも大きく分けて二つの働き方が存在します。1つは所属している医療機関、もしくは企業などが運営している治験専門のクリニックなどで院内CRCのような立場で勤務する場合、もう一つは企業と提携している外部の施設に出向いて勤務する外部就労型の大きく分けて二つの方法が存在しております。

 

一般的にSMOと言われる企業のCRCとして勤務する場合ですが、多くの場合が外部施設に出向く外部就労型をとっている場合が多く、こちらの働き方が主流になっていると言えます。では実際に勤務している方々の目線で見た時に、院内CRCタイプと外部就労型タイプではどんなメリット、デメリットが考えられるのでしょうか。2つを比較してみたいと思います。

 

二つの形態を比較した際に最も大きな違いとなるのが、日ごろ仕事を行う環境の違いという事になります。院内CRCタイプの場合には毎回、同じ職場で見慣れたメンバーと一緒に仕事を行う事になりますので、仕事の手順や周りの人達への気遣いという面において、あまり負担に感じる事無く対応する事が出来るのではないかと思います。

 

一方、外部就労型はと言えば、外部の施設に出向いて仕事を行う訳ですから、そもそも治験コーディネーターの立場は外部の人間という事になります。また一緒に仕事を行うメンバーも同じ職場の人間ではなく、たまたま担当する治験に関わるメンバーとして知り合った人同士が一緒になって仕事をする事になりますので、慣れないメンバー同士、お互いに気を使いながら作業を行う事も多くなるのではないかと思います。更に企業によっては一人の治験コーディネーターが複数の施設を同時に対応するような事もあるので、そうなると尚更、慣れない場所で勤務をする頻度が高まり。より苦労度が増す事にもなります。

 

しかし考え方次第では、苦労が多いほど治験コーディネーターとしてのスキルやその人個人のヒューマンスキルなどについては、外部就労型の方が高いスキルを身に付ける事も出来ます。一方で「気遣いはしたくない」とか「出来れば慣れた環境で勤務したい」と考えているような人の場合には院内CRCタイプを選択するという事で、自分に見合った仕事を探し出す事も出来るようになると思います。

 

このような違いを理解しておく事で治験コーディネーターとしての働き方にも幅が広がるのではないかと思います。まずはご自身がイメージしている仕事環境はどちらのパターンに近いのか見比べて頂き、相応しい方でご活躍される事をお薦め致します。

 

==================================

【治験コーディネーター(CRC)へ転職してみませんか!】

※匿名でのお問い合わせも可能です!まずはお気軽にご相談下さい。

       ↓  ↓  ↓

【治験業界への転職相談はこちらをクリック】

==================================

 

 

 

過去の経歴の重要性

imasia_8711687_M

 

いつも当ブログをご覧頂きまして誠に有り難うございます。今回ですが転職する際に重要なポイントの一つである「経歴」について記載してみたいと思います。過去の経歴からは様々な事が読み取れる事があります。そのため採用試験時においても企業側は皆さんの過去の経歴をしっかり確認しようとしてきます。そこで今回は過去の経歴についてどんな点が重要でポイントになるのかについて記載してみたいと思います。

 

企業の採用担当者が皆さんの経歴から、どんな事を確認しているのかと言いますと、大きなポイントは以下の点であると推測しています。

 

①転職の回数

これは皆さんもご存知の事かと思いますが、今までにどれ位の転職の経験があるのかを確認しています。単純に回数が多いからNGという事ではなく、各勤務先での勤務期間も大事になります。短い期間で多くの転職を繰り返している場合、印象が悪くなる可能性大です。

 

②勤務先の統一性

これは過去に勤務していた内容について、転職する毎に何らかの関係性がある勤務先で勤務しているのかを確認しています。場合によっては転職する毎に全く関連性が無い職場に転職してしまう人もいるのですが、この場合には「計画性が無い」と判断されてしまう場合があり大きなマイナスになってしまう事になります。やはりスキルアップやキャリアアップを目指した転職であれば過去の経験を活かしつつ新たな職場に転職する可能性が高くなる訳です。にも関わらず全く関連性が無い職場に転職するという事になれば、それは思い付きで転職したとみなされたり、無計画という評価に繋がってしまうのです。

 

③退職理由

過去の勤務先を辞める際に、どんな理由で退職に至ったのかについて確認しています。ネガティブな理由を経歴書に書く人はまずいませんが、面接の際には必ず聞かれます。その際に少しでも疑われてしまうような理由を述べてしまえば「何か揉め事でも起こして退職するのか?」という事で厳しい目で見られるようになってしまいます。退職する際の理由に関しても、やはりスキルアップ、キャリアアップというように前向きな理由での退職という話が出来るに越した事は無いと思います。

 

④職歴と職歴の間のブランク

たまに職歴と職歴の間に何も行っていなかったブランクの期間が存在する人がいます。これも採用担当者から見ると非常に怪しい経歴に写ってしまいます。計画性がある人であれば、転職する際に間を空けるような事はせずに転職します。そのため間が空いている、ブランクがある場合には、そこに何らかの理由が隠れているのではないかという事で厳し目線で見られることになります。

 

以上が経歴の中でポイントになる部分となります。その他にも様々な事が経歴書の中からは読み取る事が出来るのです。過去の事ですから後で経歴を変える事は出来ませんので、転職を考える際には後で後悔しないように筋の通った転職を心掛けるようにする事が大前提ではありますが、過去の経歴を振り返った際に気になる点や不安に思う事などがあれば、それをどうやって補っていくのかが大事になります。気になる事や不安な事があればお気軽にご相談下さい。

 

==================================

【治験コーディネーター(CRC)へ転職してみませんか!】

※匿名でのお問い合わせも可能です!まずはお気軽にご相談下さい。

       ↓  ↓  ↓

【治験業界への転職相談はこちらをクリック】

==================================

何を売りにするか、それがCRCの転職で一番大事なポイントです。

800x533ximasia_6945498_M.jpg.pagespeed.ic.xia3zwReh0

 

いつも当ブログをご覧頂きまして誠に有り難うございます。今までも何度かご説明をさせて頂きましたが、治験コーディネーターに転職する際には、今までにどのような経験を積んできているのか、どんな事が出来るのか、こんな経験があるので治験コーディネーターとして活かせると考えている、、、など、如何に治験コーディネーターとして実務を行った際にプラスになるような経験値を積んでいるのかをアピールする事が大事になってきます。

 

例えば看護師の場合ですが日々、医師や患者とコミュニケーションを取ってきた経験があるかと思いますし、カルテを読む事も出来ると思います。また病院やクリニックといった医療機関の仕組みについても熟知されていると思いますので、このような経験が治験コーディネーターとして勤務する際に十分役立つ事になります。

 

また臨床検査技師の場合には検査値を読む事が出来ると思います。血液検査の結果を見た時に明らかにおかしな数字が書いてあれば「もしかしたら間違いかもしれない」という事でその不自然さに気が付く事があるかもしれません。また細かな検査を継続的に行う集中力を持ち合わせている方も多いのではないでしょうか。治験コーディネーターにおいても細かなデータの管理や書類作成など、事務作業の要素も増えてきます。

 

このような感じで、それぞれの方々が過去にどのような経験を積んできており、それをどういった形で治験コーディネーターへの転職に結び付けていく事が出来るのかをについて、しっかりと考える事がイコール転職活動を上手く進めるための作戦という事になるのだと思います。

 

では皆さん一人一人の今までの経験値の中で、一体どれが治験コーディネーターへの転職で活かす事が出来るのか、それを判断する事は非常に難しい場合があります。しかし一度、私共の方にご相談を頂ければ、私共の方で皆さんからのお話をお伺いさせて頂きながら、どんな事をアピールすべきなのか、どんな事が強みになるのかを判断しながらご説明させて頂く事も可能です。またお電話やメールにて対応させて頂く事も可能な訳ですが、私個人の意見を述べさせて頂きますと、直接お会いさせて頂きお話をさせて頂いた方が圧倒的に有益なお話をさせて頂く事が可能であると思っています。もしも気になる方がいらっしゃれば、一度お気軽にご相談下さい!お話をさせて頂きつつ、どんな点をアピール材料にしたら良いか一緒に考えていきたいと思っています。

 

==================================

【治験コーディネーター(CRC)へ転職してみませんか!】

※匿名でのお問い合わせも可能です!まずはお気軽にご相談下さい。

       ↓  ↓  ↓

【治験業界への転職相談はこちらをクリック】

==================================

医療資格の有無と臨床経験

images

 

いつも当ブログをご覧頂きまして誠に有り難うございます!治験コーディネーターへの転職を考える際に医療系の資格の有無がとても大事である事は多くの方々が既に知っている事だと思います。しかしここ最近ですが医療系資格をお持ちであったとしても、臨床経験が無い場合には折角応募しても検討すらして頂けない場合もとても多くなってきております。そこで今回ですが改めて医療資格を持っている事だけではなく、どんな事が求められてきているのかについて考えてみたいと思います。

 

医療系の資格をお持ちの方の中には一部、資格を取得した後に臨床の現場ではなく企業などに就職する人もいます。そのため資格は持っているけど臨床の経験が一切ないという人も存在します。では具体的に臨床での経験がどの程度あれば治験コーディネーターとして採用して頂けるのかと言いますと、出来れば2年以上の臨床経験があった方が良いと言われております。何故、臨床経験が必要なのかと言いますと、それは医師や患者とのコミュニケーション力はもちろんの事、カルテを読んだり検査結果を読み取る事が出来る能力が問われているからという事になります。

 

もちろん、このような経験値が無ければ絶対にNGかというと、そういう事は無いのですが採用した会社としては治験コーディネーターとしての知識や技能についての研修を行うだけではなく、その前段階である医療の知識や技能についても研修を行う必要性が出てきてしまうため、その分だけ多くの事を教育するために時間や労力を掛ける必要が出てきてしまうという大きな負担を背負う事になってしまうのです。そのため企業側の考えとしては予めこのような知識や技能を持ち合わせた人を採用したいと考えるに至った背景があります。

 

上記のような考え方を持っているのはSMOの中でも大手のSMOにその傾向が強い感じがありますので、大手SMOに応募する場合には医療系の資格の有無だけではなく、臨床経験があるか否かについてもしっかりと確認を行い万が一、経験が無い場合や少ない場合には、その分をどうやって補うのかも考えつつ採用試験対策を練る事が大事になります。逆に資格をお持ちでない場合でも、臨床経験に匹敵するような経験をお持ちの方がいらっしゃったとすれば、それを武器にして応募する事が出来る場合もあります。その辺りの判断はとても難しいと思いますので、悩んでいる人がいらっしゃれば一度、私共宛にお気軽にご相談頂ければ対応させて頂きます。

 

==================================

【治験コーディネーター(CRC)へ転職してみませんか!】

※匿名でのお問い合わせも可能です!まずはお気軽にご相談下さい。

       ↓  ↓  ↓

【治験業界への転職相談はこちらをクリック】

==================================

(c)2014 リノゲート株式会社 CRC(治験コーディネーター)の転職・求人相談
▲TOPへ戻る