【治験コーディネーターへの転職】お持ちの資格の特性をアピールする

いつも当ブログをご覧頂きまして誠に有り難うございます。治験コーディネーターへの転職を考える際ですが、皆さんもご存知の通り看護師や臨床検査技師、薬剤師など医療に関連する資格をお持ちの方々が重宝されます。その理由としては「医師や患者とやり取りした経験がある」「医学、薬学などの知識を有する」「カルテを読む事が出来る」「病院やクリニックなどの医療機関の内情に詳しい、慣れている」などの理由が挙げられると思います。

 

もちろん上記で述べたような事を、そのままアピールするのも悪くはないのですが、より自分自身をアピールするためには、それぞれお持ちの資格の特性つまり、他の資格ではなく、その資格だからこそ出来る事、知識として有している事、経験値などを全面に打ち出してみても良いのではないかと考えております。それが他の人との差別化に繋がると考えております。

 

例えば看護師を例に挙げてみますと、看護師は何と言っても医師や患者とやり取りする場面が多いと思います。つまり医師や患者とのコミュニケーション力という点では他を圧倒している気がします。また臨床検査技師の場合には日々、検査結果など細かなデータを扱うような場面が多いと思います。そこで緻密な作業に慣れている、もしくは検査数値に強いという点において他の資格を圧倒しています。薬剤師に関しては薬学についての知識は群を抜いています。また大学で治験について学んできている人も多いので薬学や治験について知識が圧倒的に強いです。

 

今回は看護師、臨床検査技師、薬剤師を例に挙げてお伝えしましたが、それ以外の資格に関しても、お持ちの資格の特性と治験コーディネーターとして必要な知識や技能と関連性のあるような事があれば、それをアピールする事で、より自身のアピールに繋がると考えております。そもそも自分のウリは何か、治験コーディネーターとして活動する際に必要な事は何か、その点を見極める事が転職活動を上手くクリアするための大きな戦略になると思います。

 

==================================

【治験コーディネーター(CRC)へ転職してみませんか!】

※匿名でのお問い合わせも可能です!まずはお気軽にご相談下さい。

       ↓  ↓  ↓

【治験業界への転職相談はこちらをクリック】

==================================

(c)2014 リノゲート株式会社 CRC(治験コーディネーター)の転職・求人相談
▲TOPへ戻る