治験業界に転職するなら若い方がお得!

いつも「治験業界専門の転職コーディネーターブログ」をご覧頂き有難うございます。
治験業界への転職・求人ならお任せ下さい!担当コーディネーターの「RGK」です。

=◆=◆=◆=◆=◆=◆=◆=◆=◆=◆=◆=◆=◆=◆=
治験業界への転職希望の方々、こちらもご覧下さい!
  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓
 『リノゲートの治験業界転職サイト
=◆=◆=◆=◆=◆=◆=◆=◆=◆=◆=◆=◆=◆=◆=

いやーここ最近の東京での大雨は凄いですね!
昨日午後の雨も本当に凄かったですね。私は大阪に行っていたんですが、
東京に到着し電車を使って自宅の最寄り駅近くまで来た時には空が真っ暗になり、
今にも雨が降りそうな状態になっていました。その後、雷の雷鳴がとどろき始めたので
降り始める前に家に入ってしまおうと思い、駆け足で家に戻った瞬間にもの凄い雨が
降り始めてきました。あと1分到着が遅れていたら大変な事になっていた気がします。
折角買ってきたお土産が台無しになるところでした。本当に間一髪という感じでした。
いつ雨が降るか分からないので、傘が手放せないですね。。。

さて本題に入りますが、治験業界に転職を考える際に非常に大事な要素として
忘れてはいけないのが「年齢」です。なぜそうなのかと言いますと、以前にも
お伝えしたように治験業界に転職してくる方々は医療系の資格をお持ちの方が
圧倒的に多くなっており、万が一、治験業界での勤務が嫌になって退職したとしても
資格を活かし病院やクリニックなどに戻る事はそこまで難しい事では無いと思います。
しかし治験業界に転職を考えている方で特に未経験者の場合はご年齢を重ねるごとに
採用して頂ける可能性は間違いなく下がっていく方向になります。これは様々な要因が
考えられるのですが、最大の理由は年齢を重ねる事で時間的に融通が利かなくなる
可能性が高まり勤務時間に制限が生じてしまう事が多くなってしまうからです。

治験の仕事にも残業が発生したり、時には宿泊を伴うような出張に行く可能性も
ありますので、これらにいつでも対応が出来るようにしておかないと業務上支障を
きたしてしまう事になりますので、そう考えますと時間的に融通が利く方のほうが
適していると言えます。一般的にはご結婚やお子様がいらっしゃる方の方が
時間的には制限があることが多いので、独身でフリーの方のほうが良いでしょうね。
(逆に言えばご結婚をしていても、お子様がいたとしても時間に制限無く
お勤めが出来るような方であれば問題なく働けるという事になります。)

少しタイトルの表現がよろしくなかったかもしれませんが、年齢が若いかそうでないか
というより時間的に融通が利くか否かという事に関しよく考えた方が良いと思います。
稀に「夜勤が無い」とか「定時で帰れる」と思い込んでいる人もいるようですが、
必ずしもそうではないという事をイメージして頂き、突発的な残業等に対しても
対応出来る環境を整えてから挑む事をお勧め致します。

リノゲート 治験転職ブログ担当「RGK」

^-^-^-^-^-^-^-^-^-^-
リノゲート株式会社
TEL:03-5355-1260
お問い合わせ:info@renogate.co.jp
リノゲートのホームページはこちら
医師の転職・求人ブログはこちら
^-^-^-^-^-^-^-^-^-^-

SMOの治験コーディネーター(CRC)は派遣スタッフと思われてしまうの?

いつも「治験業界専門の転職コーディネーターブログ」をご覧頂き有難うございます。
治験業界への転職・求人ならお任せ下さい!担当コーディネーターの「RGK」です。

=◆=◆=◆=◆=◆=◆=◆=◆=◆=◆=◆=◆=◆=◆=
治験業界への転職希望の方々、こちらもご覧下さい!
  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓
 『リノゲートの治験業界転職サイト
=◆=◆=◆=◆=◆=◆=◆=◆=◆=◆=◆=◆=◆=◆=

CRCへ転職をお考えの方々とお話をしている際に良く聞く事なんですが、
「SMOのCRCっていろんな医療機関に派遣されて仕事してるんですよね。
派遣だと外部からの人間だという事で院内の人たちと関係を築くのが
難しそうですよね。。。」という話です。

確かに外部から来ているという点では間違いはないのですが、
この様な働き方をしているCRCはたくさんいて、中にはもの凄く施設側と
上手く関係を築いている人もいるようなんです。上手く出来る様になると
施設側からCRCを指名してくるような事もあるみたいです。
実際にこの様な施設で働いているCRCは周りからの評価が良いだけでなく
ご自身もこの施設に対して愛着があるようで、常にお仕事を一生懸命
行っている人が多い印象がありますね。

CRCは「治験コーディネーター」という名前の通り、治験をコーディネート
する役割を担っております。その人が施設の人たちと上手く関係が
築けないというのは厳しい言い方をすれば完全に能力不足ですよね。
また施設の人達と上手くコミュニケーションを取る事が出来ない人が
患者様やドクター、治験の依頼者等と上手くコミュニケーションが
取れる訳がないと思ってしまうんですよね。

ですから派遣されて云々とか、複数の施設を同時で掛け持ちするのが、、、など
気にしている時点でCRCとしての資質があるのか否かという事をよく
考えた方が良いのかもしれません。逆に今までコミュニケーション力に
自身がない人があえてこの様な環境に転職して自身のスキルを磨くというのも
一つの考え方だと思います。いつも再三お伝えしているように
転職をするという事は後ろ向きな考え方ではなく、前向きに考えて頂き、
転職をしたことで何かを得られるような活動が出来たらよいと思います。

今回のテーマもそうですが、治験業界への転職を考えている方の中には、
必要以上に不安を感じている方も非常に多い印象があります。
確かに新たな環境へ転職するという事はそれなりの覚悟が必要であることは
私にも良く理解できるのですが、そこで足踏みをしているだけでは
何もスタート出来ないと思います。私共の方にお問い合わせ頂ければ、
可能な限り、皆様が抱えている不安を解消するお手伝いをさせて頂きます。
どんなに些細な事でも構いません。相談したい事がありましたら
是非、お気軽にお問い合わせ下さい。

リノゲート 治験転職ブログ担当「RGK」

^-^-^-^-^-^-^-^-^-^-
リノゲート株式会社
TEL:03-5355-1260
お問い合わせ:info@renogate.co.jp
リノゲートのホームページはこちら
医師の転職・求人ブログはこちら
^-^-^-^-^-^-^-^-^-^-

治験コーディネーター(CRC)経験を活かした新たな道

いつも「治験業界専門の転職コーディネーターブログ」をご覧頂き有難うございます。
治験業界への転職・求人ならお任せ下さい!担当コーディネーターの「RGK」です。

=◆=◆=◆=◆=◆=◆=◆=◆=◆=◆=◆=◆=◆=◆=
治験業界への転職希望の方々、こちらもご覧下さい!
  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓
 『リノゲートの治験業界転職サイト
=◆=◆=◆=◆=◆=◆=◆=◆=◆=◆=◆=◆=◆=◆=

今まで私がご案内しCRCへ転職された方は百名単位でいらっしゃいます。
中には5年、10年経過しても引き続きCRCとして勤務している人もいれば、
様々な理由で退職された方も正直いらっしゃいます。

紹介した立場の本音としてはCRCとしてずっと働いて欲しいというのが
率直な感想ではありますが、どのようなやり方をしても辞めていかれる人が
出てきてしまうのが現実といった感じです。辞めた後の進路ですが、
先日もお伝えしましたように、多くの方が看護師なら病院やクリニックなどの
医療機関に戻る場合が多く、薬剤師なら調剤薬局やドラッグストア等に戻り、
臨床検査技師なら病院や検査センターに戻る場合がほとんどだと思います。

しかし一部の人の中には、元の仕事に関係の無い仕事に就く方がいます。
例えば企業の事務職や、店舗の販売員、中には保険の営業を始めた人もいました。
実は私はこういう人の事を凄く評価していまして、この様な選択肢をむしろ
推奨している部分もあります。何故かといいますと、この人達はCRCという
仕事を経験して自身の可能性の幅を広げる事に成功した人という見方を
しているからなんです。恐らくCRCの経験をしていなかったら、
この様な選択をしていなかったのではないだろうかと考える事が出来るからです。

CRCという仕事を通じて新たなスキルを身に付け、更に違った環境の中で
そのスキルを活かそうと前進している姿には非常に前向きな印象があり
私個人的には本当に応援したくなってしまいます。

何が言いたいのかといえば、この様な経験が出来るのもCRCに転職する
メリットの一つではないかという事なんです。初めは今までの業務内容と
比較してしまうと仕事の内容はさることながら、仕事に取り組む姿勢も
大幅に変わると思います。その分苦労する事も多いと思いますが、
そこで諦めずに継続する事で新たに得られる事も多いと思うんです。
きっと別の業界で力を試そうと思った人は、CRCの経験を積んでいく中で
新たな自分の発見をする事が出来たわけです。これが出来ただけでも
CRCに転職した価値があったと私は考えています。

そもそも転職するという目的は、新たな環境に身を投じる事で、
今までに得る事が出来なかった何かを得るための手段だと思います。
目的にはスキルアップや収入アップなどそれぞれの物があると思いますが、
転職したからには何かを得られるまで頑張ってみる事が大事だと思います。

CRCに転職する事に不安を感じている方もいるかもしれませんが、
そもそも転職する事は前向きでなくてはいけません。転職して新たな発見を
目指して是非皆さんも頑張って下さい。

リノゲート株式会社 治験転職ブログ担当「RGK」

^-^-^-^-^-^-^-^-^-^-
リノゲート株式会社
TEL:03-5355-1260
お問い合わせ:info@renogate.co.jp
リノゲートのホームページはこちら
医師の転職・求人ブログはこちら
^-^-^-^-^-^-^-^-^-^-

ある治験コーディネーター(CRC)から聞いた話

いつも「治験業界専門の転職コーディネーターブログ」をご覧頂き有難うございます。
治験業界への転職・求人ならお任せ下さい!担当コーディネーターの「RGK」です。

=◆=◆=◆=◆=◆=◆=◆=◆=◆=◆=◆=◆=◆=◆=
治験業界への転職希望の方々、こちらもご覧下さい!
  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓
 『リノゲートの治験業界転職サイト
=◆=◆=◆=◆=◆=◆=◆=◆=◆=◆=◆=◆=◆=◆=

先日の事ですが、あるCRC経験者の方とお話をする機会があり、
CRCのやりがいについて聞いた事があります。その時のお話について
記載してみたいと思います。今後転職を考えている方々に対して
何らかのヒントにでもなれば良いと考えております。

その方はCRCとして約3年ほど勤務経験がある方です。
CRC業務に対してはいつも「楽しい」「やりがいがある」という
お話を聞いていましたが、今回はどんな点に対してそう思われているか
聞いてみたんです。

まず初めに出てきた答えは、治験に参加している被験者の方から
「この治験に参加して良かった!」とか「CRCがあなたで良かった!」
というような言葉を掛けられた時に本当に良かったとか嬉しいという
思いになるようです。治験に参加されている被験者の中には高齢の方も
多いようなんですが、中にはご家族がおらず日々1人で生活をしている方も
いらっしゃるようです。そのような方は実は治験に参加する目的として
CRCの人と世間話をする事が楽しみで参加しているなんていう人も
いるようなんですよね。

この様な人に対しても当然のごとく親切に対応するわけなんですが、
CRCになりたい方って元々「患者様のためになる仕事」とか
「新薬の開発に貢献したい」というような志の高い方が多いので、
この様な高齢の方のお役に立つという事も非常にやりがいを感じるようです。

もう一点は、やはり自身が関わった新薬が厚労省より承認を受け、
世の中に出回った時は本当に嬉しいようです。結果的に承認されたという事に
対して嬉しいと思う気持ちと、今後、この薬によって困っている患者様を
救う事ができるという事に本当にやりがいを感じるようです。
(ただし注意しなくてはいけないのは、新薬として承認される確立は
何百分の一とか何千分の一なんていう確立のようですので、治験業界に
入ったとしても必ず承認される経験が出来るとは限りません。むしろ
新薬が承認される場面に関われる方が可能性が低いので、この点については
過度な期待をしてしまうのは危険な気がします。。。)

以上のような点は今回お話を聞いた方だけではなく、他のCRC経験者からも
過去に聴いたことがありました。お話を聞かせてくれた皆さんがこの様なお話を
嬉しそうに話されている姿を見ると私も良かったという気持ちになれます。
今後もこの様にやりがいを感じて頂ける方がもっと多くなるように紹介業に
専念していきたいと考えております。

リノゲート株式会社 治験転職ブログ担当「RGK」

^-^-^-^-^-^-^-^-^-^-
リノゲート株式会社
TEL:03-5355-1260
お問い合わせ:info@renogate.co.jp
リノゲートのホームページはこちら
医師の転職・求人ブログはこちら
^-^-^-^-^-^-^-^-^-^-

(c)2014 リノゲート株式会社 CRC(治験コーディネーター)の転職・求人相談
▲TOPへ戻る