治験コーディネーター(CRC)の応募条件②(志望動機について)

いつも「治験業界専門の転職コーディネーターブログ」をご覧頂き有難うございます。
治験業界専任の転職コーディネーター「RGK」です。
治験コーディネーターに関する求人のご案内については是非私にお任せ下さい!
治験コーディネーターへの転職を考えている方々の人数の内訳を見てみますと、
経験者の割合が1~2割程度、それ以外は未経験者という事になります。圧倒的に
未経験者が多くなってくる訳です。そこで気を付けなくてはいけない事としては、
知識が無い未経験者に対してどれだけ具体的に治験業界や治験コーディネーターに
ついてのイメージを理解して頂く事が出来るか否かだと考えております。
今までの経験から皆さんがどのような点で苦しまれているのか、困っているのか、
悩んでいるのか、私なりに答えを持っているつもりでおります。転職してみたいけど
なかなか第一歩が踏み出せずに悩んでいる方がいらっしゃれば是非一度お気軽に
お問い合わせして頂きたいと考えております。それぞれの状況に見合ったお応えを
していきたいと考えております。

=◆=◆=◆=◆=◆=◆=◆=◆=◆=◆=◆=◆=◆=◆=
治験業界への転職希望の方々、こちらもご覧下さい!
  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓
 『リノゲートの治験業界転職サイト
=◆=◆=◆=◆=◆=◆=◆=◆=◆=◆=◆=◆=◆=◆=

さて今回ですが治験コーディネーターに転職するにあたり、非常に大事な要素である
志望動機について記載してみたいと思います。

志望動機は書類選考の段階でも見られますし、面接に進んだ際にも必ず聞かれます。
それだけに採用する企業側からすれば非常に重要な要素であると考えている事は
まず間違いないと思います。その理由ですが、治験コーディネーターに初めて転職を
する場合には尚更、志望動機が大事になる訳です。何故かと言いますと、志望動機を
読めば本人が治験業界や治験コーディネーターに対してどれだけ理解しているのかが
一目で分かるからなんです。

仮に志望動機を読んでみて本人が治験業界や治験コーディネーターについて理解が
浅いと判断された場合は、それが理由で選考試験でNGになってしまう可能性も十分
考えられる訳です。では何故理解度がここまで確認されるのかと言いますと、
入社後の早期退職を防ぐ事が最大の狙いだと考えております。入社する前に頭の中で
イメージしていた事と、実際に入社して体験してみた事にギャップが生じてしまうと
それが原因ですぐに退職してしまう事を企業側は恐れているからなんです。

これに対する対策としては、志望動機を現在の状況に合わせた内容で記載する
という事が非常に大事になってきます。これが出来れば採用担当者が思う事は
「この人はしっかりと治験について理解出来ている=問題ない」というような
判断になると思います。

志望動機の具体的な書き方についてご不明な点や不安がある方は、お気軽に
お問い合わせ下さい。最善のご案内をさせて頂きたいと考えております。

^-^-^-^-^-^-^-^-^-^-
リノゲート株式会社
TEL:03-5355-1260
お問い合わせ:info@renogate.co.jp
リノゲートのホームページはこちら
医師の転職・求人ブログはこちら
^-^-^-^-^-^-^-^-^-^-

治験コーディネーター(CRC)の応募条件①(年齢と経験のバランス)

いつも「治験業界専門の転職コーディネーターブログ」をご覧頂き有難うございます。
治験業界専任の転職コーディネーター「RGK」です。
治験コーディネーターに関する求人のご案内については是非私にお任せ下さい!
転職といっても皆さんが抱えている悩みはそれぞれ様々な物になると思います。
個々の考えに対して的確なアドバイスが出来るのが転職コーディネーターの腕の
見せ所ではないかと考えておりますが、これが実は非常に難しい事なんですよ。
でも私は過去に数多くの転職希望者の方々と接してきた経験があります。
その時に経験してきた実例を元に皆様一人ひとりに見合ったご提案をさせて頂きます。
まずはご相談頂き、私が提案した内容に納得出来なければその時点でお断り頂いても
全く問題ありません。そこで実力を見定めて頂くためにもまずは一度弊社宛にお気軽に
お問い合わせ下さい。可能な限り対応させて頂きたいと思います。

=◆=◆=◆=◆=◆=◆=◆=◆=◆=◆=◆=◆=◆=◆=
治験業界への転職希望の方々、こちらもご覧下さい!
  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓
 『リノゲートの治験業界転職サイト
=◆=◆=◆=◆=◆=◆=◆=◆=◆=◆=◆=◆=◆=◆=

さて今回ですが、CRCの求人に応募する際にポイントとなる点と致しまして、
「年齢と経験のバランス」という事について記載してみたいと思います。
昨日も記載致しましたが、応募する際にはまずは書類選考が行われる訳ですが、
その際に確実に見られるのが「年齢と経験のバランス」という事になります。
具体的にどのような事なのかについて記載してみたいと思います。

まず年齢と経験でバランスが良いと思われるおおよそのイメージは以下の感じです。
・20代中盤の場合・・・社会人経験4~5年くらい(転職回数はせいぜい1回まで)
・20代後半の場合・・・社会人経験6~7年くらい(転職回数は2~3回まで)
・30代前半の場合・・・社会人経験8~9年くらい(転職回数は最大4回くらいまで)
・30代中盤~の場合・・・社会人経験は10年以上(転職回数は最大4回くらいまで)

大まかなイメージは以上のような感じになるかと思います。
会社ごとに若干のイメージの違いはありますが、この条件よりも悪い場合には
かなりの覚悟が必要になると考えて下さい。

条件に当てはまっていれば面接まで進む事はそれほど難しい事ではないと思いますが、
条件から外れている場合には、別の要素でアピールしていく必要があります。
その際に大事になってくるのが「志望動機」の内容という事になってきます。
条件からは外れている場合でも、志望動機がしっかりしていれば面接に進む事が
出来る場合もあります。そこで次回は志望動機の書き方についてのポイントを
お伝えしたいと思います。

^-^-^-^-^-^-^-^-^-^-
リノゲート株式会社
TEL:03-5355-1260
お問い合わせ:info@renogate.co.jp
リノゲートのホームページはこちら
医師の転職・求人ブログはこちら
^-^-^-^-^-^-^-^-^-^-

治験コーディネーター(CRC)への転職のための履歴書作成もお手伝いします!

いつも「治験業界専門の転職コーディネーターブログ」をご覧頂き有難うございます。
治験業界専任の転職コーディネーター「RGK」です。
治験コーディネーターに関する求人のご案内については是非私にお任せ下さい!
転職といっても皆さんが抱えている悩みはそれぞれ様々な物になると思います。
個々の考えに対して的確なアドバイスが出来るのが転職コーディネーターの腕の
見せ所ではないかと考えておりますが、これが実は非常に難しい事なんですよ。
でも私は過去に数多くの転職希望者の方々と接してきた経験があります。
その時に経験してきた実例を元に皆様一人ひとりに見合ったご提案をさせて頂きます。
まずはご相談頂き、私が提案した内容に納得出来なければその時点でお断り頂いても
全く問題ありません。そこで実力を見定めて頂くためにもまずは一度弊社宛にお気軽に
お問い合わせ下さい。可能な限り対応させて頂きたいと思います。

=◆=◆=◆=◆=◆=◆=◆=◆=◆=◆=◆=◆=◆=◆=
治験業界への転職希望の方々、こちらもご覧下さい!
  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓
 『リノゲートの治験業界転職サイト
=◆=◆=◆=◆=◆=◆=◆=◆=◆=◆=◆=◆=◆=◆=

さて今回ですが、CRCへの転職時に必ず必要になる履歴書、職務経歴書について
お話をさせて頂きたいと思います。選考試験では絶対的に面接が重要になりますが、
その前に書類選考を通過しなくては面接にすら参加する事が出来ません。そこで
書類選考で合格するために少しでも可能性を高めるための方法を記載致します。

まず書類選考で見られているポイントは何かについてまとめてみました。

①年齢と職歴のバランス(転職回数も含む)
②志望動機
③過去の経験職務内容

以上の3つではないかと考えております。
まず①に関してですが、これは年齢相応の経験を積んでいるかという事と、
今までの転職の回数(各勤め先での勤務年数)などが見られています。ある程度の
年齢にもかかわらず職務経験が少ない方や、転職回数が多く勤務期間が短い方は
残念ながらマイナスになります。出来れば転職回数は少なく1箇所での勤務期間が
長い事が有利になるポイントです。

②の志望動機はご本人の理想像を書くのではなく現実に即した内容で書かれているかが
最大のポイントになります。ここがぶれていると評価はマイナスになってしまいます。

③に関してはCRCと直結するような経験をどれだけ積んでいるかがポイントです。
今までに医療に関する事に全く関わった事がなかったり、人とコミュニケーションを
取るような仕事に関わっていない人はマイナスになります。

ざっくり記載すると上記のような感じになりますが、ここは非常に大事なので、
次回以降①~③についてそれぞれ詳しく記載していきたいと思います。

^-^-^-^-^-^-^-^-^-^-
リノゲート株式会社
TEL:03-5355-1260
お問い合わせ:info@renogate.co.jp
リノゲートのホームページはこちら
医師の転職・求人ブログはこちら
^-^-^-^-^-^-^-^-^-^-

面接時には同行致します

いつも「治験業界専門の転職コーディネーターブログ」をご覧頂き有難うございます。
治験業界専任の転職コーディネーター「RGK」です。
治験コーディネーターに関する求人のご案内については是非私にお任せ下さい!
皆さんが抱えている不安に対して的確な対応を心掛けていきたいと考えています。
転職コーディネーターという仕事は考え方が違う一人ひとりに対して、それぞれに
見合ったアドバイスをする必要があります。本当に難しい事だと思っておりますが
それだけに転職が上手くいった際のやりがいは非常に大きな物があります。
そして皆様から感謝の言葉を頂けた時には、本当にこの仕事をやっていて良かったと
思う事が出来ます。いつまでもこの気持ちを忘れないように皆様にご満足頂ける
ご案内が出来るように、今後も励んでいきたいと考えております。

=◆=◆=◆=◆=◆=◆=◆=◆=◆=◆=◆=◆=◆=◆=
治験業界への転職希望の方々、こちらもご覧下さい!
  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓
 『リノゲートの治験業界転職サイト
=◆=◆=◆=◆=◆=◆=◆=◆=◆=◆=◆=◆=◆=◆=

さて今回はCRCの面接当日について改めてお話し致します。
面接当日ですが、原則私達は面接の会場まで同行するようにしています。理由は
いくつか存在するのですが、1時間ほど早めに現地に集合して面接を受けるまでの
最終チェックの作業を行ったり、直前に話し相手をする事で少しでも緊張感を
和らげる事、また会社までの道案内役をしたりするのが狙いで同行しております。

特に大事なのは緊張感をほぐすという事なんですが、企業との面接が初めての方が
多い事もあってかなり緊張している方が多い印象があります。そんな中で
雑談も含めて何かしらの会話をするだけでも緊張をほぐす事が出来るようです。
また稀ですが朝一の面接(9:00頃から開始)というような場合には、朝起きてから
誰とも会話をせずに面接に来る方もいらっしゃいます。本来であれば少しでも
テンションを高めた状態で来て頂きたい所ですが、お話し相手が誰もいない場合は
私達が相手をする事でテンションを高めるためのウォーミングアップの役割も
果たす事が出来る訳です。

また面接を受けるご本人と企業側がOKを出してくれた時限定になりますが、
面接を行う面接室に私も同席させて頂き、面接時のやり取りをその場で見せて頂く
という事もあります。これは面接が修了した際に、私が見ていた面接の感想を
ご本人にお伝えする事で次の面接の時の対応の参考にして頂きたいと考えたためです。
第三者の目線で見ていると、色々とが付く事があります。それをご本人お伝えする事で
悪かった点を修正して頂き次の面接の場では同じ失敗を繰り返さないようにするための
対応を取っております。

このようにして少しでも皆さんが面接で良い結果を頂ける様に対応しています。
不安を感じている方がいらっしゃれば是非、お気軽にご相談下さい。

^-^-^-^-^-^-^-^-^-^-
リノゲート株式会社
TEL:03-5355-1260
お問い合わせ:info@renogate.co.jp
リノゲートのホームページはこちら
医師の転職・求人ブログはこちら
^-^-^-^-^-^-^-^-^-^-

(c)2014 リノゲート株式会社 CRC(治験コーディネーター)の転職・求人相談
▲TOPへ戻る