治験業界のお仕事もだいぶ確立してきました!

いつも「治験コーディネーター求人専門の転職情報ブログ」をご覧頂き誠に有難うございます。リノゲート株式会社にて治験専門の転職・求人のご案内をしております「細渕 浩平(ホソブチ コウヘイ)」と申します。

 

私も治験業界にて転職支援に関わり始めてからだいぶ長い年月が経過しました。当日比べて治験業界に関するお仕事もだいぶ確立されてきた印象が強いです。当時は私自身も治験業界の事については全く分からない事ばかりで、治験コーディネーターとか治験モニターなんていう言葉は全く聞いた事が無く、一体どんな事をしている仕事なのかについても全然分かりませんでした。そんな中手探りで情報を集めながら何とか業務に関わってきた記憶がありますが、その当時と今では治験業界のお仕事の中身についても大きく変わってきた気がしています。

 

治験業界への転職希望の方々、こちらもご覧下さい!

  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓
  『リノゲートの治験業界転職サイ』←ここをクリック!!

 

まず私がここ最近よく思う事は今となって当時の事を振り返ってみると、各企業の採用担当者が治験の仕事についてよく理解していなかった事が多かったですね。私自身もよく分かっていなかったので、お互いが分からない者同士という事で特に違和感を感じるような事はありませんでしたが、仕事の内容や処遇について質問をしてもまともな回答が返ってきていなかった気がしますね。それが何を物語っているかと言いますと、人材を採用しているSMOやCROが現場で働いている治験コーディネーターや治験モニターが仕事を行うにあたってどんな事で困っているのか、会社側がどんなサポートをしてあげれば良いのかについて気が付いていなかった事を意味しています。この繰り返しで当時の企業担当者からは「人材を採用してもすぐに辞めてしまって困っている」というようなご相談を受ける事が多かったです。

 

しかしここ最近では、だいぶその辺りの改善がなされてきた会社も多くなってきたようで、当時と比較して離職される人の数が大幅に減っている企業も出てきています。時間が経過した事で治験業界で勤務する時のポイントや、入社を希望している人達に対してどんなサポートをしてあげる事が出来れば離職せずに長く働いてもらう事が出来るのかについて各企業なりに考え実行し成果が出始めているように思います。今後ですがこのような流れが更に広まって業界全体的に働く方々にとってより良い環境が整ってくる事に期待したいと思っております。

 

^-^-^-^-^-^-^-^-^-^-
リノゲート株式会社
TEL:03-5355-1260
お問い合わせ:info@renogate.co.jp
リノゲートのホームページはこちら

 『医師の転職・求人ブログはこちら

^-^-^-^-^-^-^-^-^-^-

治験コーディネーター(CRC)に転職して分かる事

いつも「治験コーディネーター求人専門の転職情報ブログ」をご覧頂き誠に有難うございます。リノゲート株式会社にて治験専門の転職・求人のご案内をしております「細渕 浩平(ホソブチ コウヘイ)」と申します。治験コーディネーターに転職する理由は人それぞれ様々なものが考えられますが、特に多い理由として考えられるのは「持っている資格(看護師や薬剤師、臨床検査技師など医療系の資格の場合が多い)を活かした仕事がしたい!」という理由が最も多いのではないかと思います。しかし皆さんにもご経験があったかもしれませんが、資格を活かした仕事って他に探しても意外と見つからない事が多いのではないかと思います。そんな中で治験コーディネーターの情報を見つけ実際に転職した方も多い事だと思います。こうして転職した結果、様々な事に気がつく人も多いのではないかと思います。転職するまで全く気が付かなかった事もあるのではないかと思います。そこで今回は治験コーディネーターに転職して初めて気が付く事について記載してみたいと思います。

 

治験業界への転職希望の方々、こちらもご覧下さい!

  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓
  『リノゲートの治験業界転職サイ

 

まず皆さんが治験コーディネーターに転職して気が付く事は「これは医療ではない」と言う点ではないかと思います。治験コーディネーターは患者に対して治療を行う訳でもなく、医療行為を施す訳でもありません。院内で行われている治験がスピーディに行われるようにコーディネートを行うのが治験コーディネーターの仕事ですから医療と言うよりはサービスを提供する仕事であるという事に気が付くと思います。

 

もう一点は医療機関で仕事をする事と企業で仕事をする事の違いがこれ程大きく違うのかという事に気が付くのではないかと思います。企業で働く際には最大の目的は会社の存続や発展のために利益を追求して行く事になります。少々言い方を変えると他人や自分ためではなく会社のために仕事をしていると言っても過言ではないのかもしれません。(会社のために働く事で給与がもらえますので、最終的には自分のためになると言っても良いでしょうが。。。)

 

この違いに気が付いた時点で嫌気が指して辞めていかれる方も多いみたいですが、気が付いたという事は世の中には全く別の価値観の仕事が存在して実際にそこで活躍している人がたくさんいるという現実を知る事が出来る訳です。これは視野を広げるだけではなく、皆さんの選択肢(可能性)を広げる事にも繋がると思います。

 

世の中にはまだまだ経験した事が無い仕事がたくさん存在し、様々な価値観があります。まだ出会っていない自分の適職に出会えるチャンスが訪れる可能性も十分に考えられる訳です。治験コーディネーターへの転職をきっかけに、皆さんのチャンスを広げてみては加賀でしょうか。

 

^-^-^-^-^-^-^-^-^-^-
リノゲート株式会社
TEL:03-5355-1260
お問い合わせ:info@renogate.co.jp
リノゲートのホームページはこちら

 『医師の転職・求人ブログはこちら

^-^-^-^-^-^-^-^-^-^-

看護師から治験コーディネーター(CRC)への転職

いつも「治験コーディネーター求人専門の転職情報ブログ」をご覧頂き誠に有難うございます。リノゲート株式会社にて治験専門の転職・求人のご案内をしております「細渕 浩平(ホソブチ コウヘイ)」と申します。治験コーディネーターに転職する方々の多くは看護師や臨床検査技師、薬剤師などの医療に関わる資格を持っている人が大多数を占めております。その中でも看護師の資格を持っている人の割合もかなり高い状況になっております。しかし治験コーディネーターの中で退職率が一番高いのも看護師資格を持っている人という事も言われています。ではなぜ看護師の資格を持っている人の離職率が高いのかについて記載してみたいと思います。

 

治験業界への転職希望の方々、こちらもご覧下さい!

  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓
  『リノゲートの治験業界転職サイ

看護師の離職率を考える際にもっとも大きなポイントになるのは2つ存在すると考えております。一つ目は「給与額と仕事のバランス」 もう一方は「初めて企業で働く」という事に尽きるのではないかと思っております。

 

まず給与額と仕事のバランスについてですが、元々給与額は治験コーディネーターよりも看護師の方が高く設定されれている事が多くなっている一方、仕事の内容に関して言いますと夜勤が無かったり、人の命をお預かりしているというプレッシャーから開放されるという事で治験コーディネーターの方がゆったりした、楽な仕事として認識している人も多いのではないかと思います。しかしいざふたを開けてみると治験コーディネーターの仕事内容がそこまで楽な仕事ではないという事に気がつく事があります。更には仕事の目的意識が勤務している会社のためだったり、会社の利益のためだったりという事に気がついた際に「会社のために仕事をしているわけではない」というような感覚に陥ってしまい、退職に至ってしまうというパターンが一番多いような印象を持っています。しかも看護師の皆さんは「資格というう武器」を持っていますので、看護師に戻る事を考えればそこまで苦労せずに新たな職場に採用して頂くも出来るでしょう。その安心感が安易な転職につながっていくものだと思います。

 

最後に「初めて企業で働く」という事がもたらす諸問題もあります。上記でも述べましたように仕事を行う上での目的意識が医療機関にいた頃と大きく変動します。その結果、治験コーディネーターが嫌というよりも会社に嫌気が差してしまい臨床のお仕事に戻ってしまうという事があります。以上のような事が原因で看護師から治験コーディネーターに転職した方々の離職率が高くなっている訳です。本来は看護師にとって臨床経験だけではなく企業の経験を積む事が出来る点も治験コーディネーターに転職するメリットでもある訳です。その辺りをよくご認識して頂き、折角の転職が無駄にならないように、事前にしっかりとした情報収集を行うべきだと思います。初めての転職で不安を抱えている方がいらっしゃれば私共の方にご相談頂き、転職前と後でイメージに変化が生じないよう、皆さんが長くお勤めできるように進めましょう。

 

^-^-^-^-^-^-^-^-^-^-
リノゲート株式会社
TEL:03-5355-1260
お問い合わせ:info@renogate.co.jp
リノゲートのホームページはこちら

 『医師の転職・求人ブログはこちら

^-^-^-^-^-^-^-^-^-^-

 

 

 

 

治験コーディネーターは未経験者が多数活躍しています!

いつも「治験コーディネーター求人専門の転職情報ブログ」をご覧頂き誠に有難うございます。リノゲート株式会社にて治験専門の転職・求人のご案内をしております「細渕 浩平(ホソブチ コウヘイ)」と申します。治験コーディネーターを希望されてお問い合わせ頂く方々の多くが治験業界での勤務経験が無い方々になります。皆さん未経験という事で自分にも治験コーディネータとして働く資格はあるのだろうかと不安になってお問い合わせしてくる場合が多くあります。確かに求人の多くは治験コーディネーターの経験者優遇の内容の物となっておりますが、実際には未経験者の方から多くのお問い合わせを頂いている状況です。そこで未経験者でも安心して転職できるという事について簡単に説明していきたいと思います。

 

治験業界への転職希望の方々、こちらもご覧下さい!

↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓
リノゲートの治験業界転職サイト

 

昨日も記載させて頂きましたが、治験コーディネーターへの応募条件としては「看護師」や「臨床検査技師」「薬剤師」などの医療系の資格を有する方、という事になっている場合が多くなっております。これはこのような資格を持っている方々の方が早く一人前に成長できるからという事になります。このような方々を採用した企業は自社内で研修を行い、経験を積んでもらう事で一人前の治験コーディネーターを育成する事に力を注ぎます。その繰り返しをしてくる中で各企業内でも未経験者向けの研修が充実し、より未経験者にとっては良い環境が整い始めています。未経験者を育てるあげるノウハウをほとんどの会社が持っているとお考え下さい。

もう一点、治験コーディネーターの歴史についてですが、1997年に新GCPが施行されその頃から治験コーディネーターと呼ばれる仕事が生まれてきたわけですが、1997年という事になると生まれてきてからまだ18年しか経っていません。しかも治験業界内で人材の採用が活発化したのは10年くらい前からと考えると、人が増え始めたのはつい最近であると覚えておいて下さい。そんな背景もあり治験コーディネーターというのはまだまだ新しい部類に入る仕事といっても過言ではないのかもしれません。そのため治験業界で経験を積んだ人の人数はまだまだ少なく、未だに経験者を採用する事には苦戦を強いられている状況です。そのような状況もあって各SMOは未経験者を積極的に採用する事になり今日に至っているという背景があります。

 

以上のような事からもまだまだ未経験者にご活躍して頂くような場をご提供できると思います。未経験者だからといって躊躇している方がいらっしゃれば是非一度ご相談下さい。

 

^-^-^-^-^-^-^-^-^-^-
リノゲート株式会社
TEL:03-5355-1260
お問い合わせ:info@renogate.co.jp
リノゲートのホームページはこちら

 『医師の転職・求人ブログはこちら

^-^-^-^-^-^-^-^-^-^-

 

(c)2014 リノゲート株式会社 CRC(治験コーディネーター)の転職・求人相談
▲TOPへ戻る