治験コーディネーター(CRC)の求人をご紹介します!

いつも「治験コーディネーター求人専門の転職情報ブログ」をご覧頂き誠に有難うございます。リノゲート株式会社にて治験専門の転職・求人のご案内をしております「細渕 浩平(ホソブチ コウヘイ)」と申します。

 

今までは当ブログを通じて治験コーディネーターを中心にして、治験業界に転職する際のノウハウなどを中心に書き込みを行って参りました。もちろん今後も継続させて頂くのですが、今後はそれにプラスして治験コーディネーターの求人案件をご紹介させて頂きたいと考えております。現在、掲載するページの作成に取り掛かっておりますが、近日中に完成予定となっておりますので、完成次第、ご紹介させて頂きたいと考えております。

 

治験コーディネーターの求人案件といっても、様々な会社の物が存在します。一見パッと見ただけですと、どの求人案件も同じように見えてしまう事が多いのですが、求人票だけではなく会社の雰囲気や過去の流れ、実際に入社した人達からの反響などを加味すると様々な背景が見えてくる事があります。そのような情報も含めて可能な限り多くの情報をご提供させて頂きたいと考えております。(中にはブログには書きにくいような情報もありますが。。。 そんな時には個別にお問い合わせ頂ければ、私が知っている情報を余すことなくお伝えさせて頂きたいと考えております。)

 

また、私が過去にご案内させて頂いた実績の中から判断し、各会社ごとにどんなタイプの人が入社したら上手くマッチするかも私なりの情報として持っております。ただ求人を提示して気に入って頂いた所に紹介するだけではなく、私の方から皆さんに対して見合った求人をご紹介させて頂きご納得して頂けるようなご案内をしていきたいと考えております。

 

改めてになりますが、私がこの仕事を続けて行く際に最も大事にしていきたいと考えている事は、転職を希望している求職者、人材を採用する求人を出している企業、そしてその間に立ってご案内する私共紹介会社、この三者の利害が一致する事で初めて紹介が成立すると考えている事です。誰か一人でも納得できなかった人がいたとすればそれは紹介が成立したとは言えないと考えております。そのためにも良い求人を多くの方々にお伝えして、良い人材に良い会社にたくさん入社して頂けるお手伝いをしていきたいと考えております。そして皆さんに満足して頂けるようなご案内が出来るように取り組んでいきたいと考えております。

 

^-^-^-^-^-^-^-^-^-^-

リノゲート株式会社
TEL:03-5355-1260
お問い合わせ:info@renogate.co.jp
リノゲートのホームページはこちら

 『医師の転職・求人ブログはこちら

^-^-^-^-^-^-^-^-^-^-

無資格から治験コーディネーター(CRC)への転職

いつも「治験コーディネーター求人専門の転職情報ブログ」をご覧頂き誠に有難うございます。リノゲート株式会社にて治験専門の転職・求人のご案内をしております「細渕 浩平(ホソブチ コウヘイ)」と申します。

 

今回は私共の方に頂くお問い合わせの中で一番多い「無資格から治験コーディネーター」への転職は可能なのでしょうか?という問いに対する回答についてお答えしてみたいと思います。私個人的には無資格の方でも多くの方々に治験コーディネーターへの転職に挑戦して頂きたいと考えておりますし、実際に採用して頂けるケースが増えればよいと思っています。しかし実際にはそれなりの努力や覚悟等が必要になると考えています。今回はその辺りについてご説明してみたいと思います。

※無資格とは看護師や臨床検査技師、薬剤師等の医療に関わる資格をお持ちでない方々を指しています。

 

過去にも何度かお伝えしてきましたが無資格の方々が治験コーディネーターに転職を考える場合に一番苦しむ事はそれまでの経験値ということになります。治験コーディネーターとして勤務する際には医療や薬学に関する知識、医師やコメディカル、患者などと円滑にコミュニケーションを取る事が出来る能力、医療機関の仕組みについて理解している方など、一般の企業などでは経験出来ないような知識やスキルが求められてきます。その分、医療の現場で勤務した事が無い方々にとっては初めの入り口の段階からかなりハードルの高い話になってしまう事が多い訳です。

 

もう一点は仮に治験コーディネーターとして転職する事が出来たとしても、そこから一人前の治験コーディネーターに成長するまでの過程の中に次の難関が待ち構えているわけです。過去に医療に関わった事がある人でしたらすぐに理解出来るような医療用語の意味などについても、無資格の人には理解できないと思いますし、いざ現場に出た際に一般の人であれえばドクターとお話をする機会なども無いですよね。全てが初めての経験みたいな中で一人前に成長するまで辛抱できる人がどれだけいるのかがポイントだと思います。

 

かと言ってSMOも一人前に成長するまでいつまでもずっと待っていてくれる訳では無いと思います。むしろ1日でも早く一人前になって欲しいと考えている訳です。ただでさえ初めての仕事に取り掛かる事は大変な事だと思いますが、更に無資格の人は資格を持っている人以上のペースで業務に取り組んでいかなくてはいけない訳です。それだけ無資格から治験コーディネーターに転職するというのは大変な事な訳です。

 

でも実際に無資格から治験コーディネーターに転職して成功した人も多々いらっしゃいます。やり方や気の持ちようでいくらでも成功する道筋はあります。まずは無資格だからといって諦めてしまうのではなく、本当に転職したいという気持ちがある方であればまずはお問い合わせ下さい。私達としてはどうやったら転職成功への可能性を高める事が出来るか真剣に考えてみたいと思っています。

 

^-^-^-^-^-^-^-^-^-^-

リノゲート株式会社
TEL:03-5355-1260
お問い合わせ:info@renogate.co.jp
リノゲートのホームページはこちら

 『医師の転職・求人ブログはこちら

^-^-^-^-^-^-^-^-^-^-

治験コーディネーター(CRC)の雇用条件で気をつける点は?

いつも「治験コーディネーター求人専門の転職情報ブログ」をご覧頂き誠に有難うございます。リノゲート株式会社にて治験専門の転職・求人のご案内をしております「細渕 浩平(ホソブチ コウヘイ)」と申します。

 

さて今回ですが、治験コーディネーターに転職する際に是非確認して頂きたい事項について記載してみます。一般的には「書類選考」⇒「面接」⇒「条件確認」⇒「入社決定」というような段取りを踏んで行く事になりますが、この中で「条件確認」の段階では実際に勤務して頂く際の雇用条件について確認する事になります。その際に是非、確認しておいて頂きたい項目がいくつかありますので、その点について記載してみたいと思います。

 

治験業界への転職希望の方々、こちらもご覧下さい!

  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓

  『リノゲートの治験業界転職サイ』←ここをクリック!!

 

そもそも雇用条件とはどんなものを指しているのかと言いますと、メジャーな物としては「勤務時間」「休日」「職務内容」「福利厚生」「給与」などの項目が挙げられるかと思います。この中の項目について、ほとんどの会社で同じような内容になる項目もあれば、会社によって大きく変わる項目が存在します。その辺りについて特に重要な点について見落とす事が無いようにポイントを整理してみたいと思います。

 

①雇用形態・・・ほとんどが正社員のものとなりますが中には「契約社員」の求人もあります。雇用形態の違いはその他の条件などにも大きな違いが生じる事がありますので注意が必要です。

②勤務時間・・・固定の勤務時間(例えば9:00~17:30)のような場合もあればフレックス制等を導入している会社もあります。勤務スタイルに大きな差がでる可能性がありますので確認が必要です。

③給与・・・金額はもちろんですが「月給制」と「年俸制」の場合がありますので確認しておきましょう。

④休日・・・定休日や有給の取得、年間休日など日数に差が生じる場合がありますので、しっかり確認しましょう。

⑤残業代・・・全て支給の場合もあれば、一部支給など条件に違いがあります。長い目で見ると大きな差になる可能性がありますので確認が必要です。

⑥退職金制度・・・無い会社も存在します。また有りの場合でも会社によって規定が変わる事があります。どんな内容なのか確認した方が良いと思います。

 

特にポイントになる項目は以上ではないかと思います。短期的な目線で見ればそこまで大きな差にはならない事が多いですが長期的に考えますと大きな差となってくる事も考えられます。後で自身が損をしないようにしっかりと確認するようにしましょう。

 

^-^-^-^-^-^-^-^-^-^-

リノゲート株式会社
TEL:03-5355-1260
お問い合わせ:info@renogate.co.jp
リノゲートのホームページはこちら

 『医師の転職・求人ブログはこちら

^-^-^-^-^-^-^-^-^-^-

 

 

治験コーディネーター(CRC)の残業時間について

いつも「治験コーディネーター求人専門の転職情報ブログ」をご覧頂き誠に有難うございます。リノゲート株式会社にて治験専門の転職・求人のご案内をしております「細渕 浩平(ホソブチ コウヘイ)」と申します。

 

今回ですが、改めて治験コーディネーターの残業時間について記載してみたいと思います。治験コーディネーターへの転職は女性が希望される場合が多く、中にはお子様の育児と掛け持ちで勤務を希望している場合もおおくあります。そのため勤務時間、特に残業時間の現状について知りたいと思っている人が非常に多いようです。そこで私が把握している状況についてお伝えさせて頂きます。

 

治験業界への転職希望の方々、こちらもご覧下さい!

  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓

  『リノゲートの治験業界転職サイ』←ここをクリック!!

 

まず治験コーディネーターの勤務時間についてですが、一般の企業と比べて特に大きな違いはなく多くが午前9:00~夕方の18:00までの間の所が多くなっているようです。残業時間に関して言いますと、5~6年以上前までは結構残業をしているという話を聞いた事もありましたが、今ではそこまで多くの残業が発生するような話は聞かなくなってきました。

 

では残業が少なくなってきた理由はどんな事なのかと言いますと、一つは業務フローの確立という事が考えられます。治験業界の歴史自体がまだ浅く、手探りで作業を行っていた感がありましたが、ここ最近ではだいぶ確立してきたようで各社がより効率よく作業を行う事が可能になってきた印象があります。

 

もう1点はフレックスタイム制の導入や裁量労働制の開始など治験コーディネーターの勤務時間そのものが融通が利くようなスタイルに変化してきた事が挙げられます。治験コーディネーターの仕事に関しては、本人の力量だけで効率よく働けるか否かが決められるだけではなく、患者やドクターの都合に合わせながら作業を進めていかなければならない事もあり、時間管理が非常に難しい職業だと言われてきました。しかしこのようにフレキシブルに時間管理が出来るようになると、その時の状況に合わせて勤務時間を調整しながら対応する事が可能になりますので、必要のない無駄な残業をカットする事が可能になったのではないかと思います。そもそもこのような手法を取り入れるようになったのも各SMOがいかにすれば業務効率を高める事が出来るかを把握する事が出来るようになった結果だと思っています。

 

今まで以上に働きやすくなった治験コーディネーターのお仕事、過去に時間のせいで躊躇していた方がいらっしゃれば是非一度チャレンジしてみてはいかがでしょうか!

 

^-^-^-^-^-^-^-^-^-^-

リノゲート株式会社
TEL:03-5355-1260
お問い合わせ:info@renogate.co.jp
リノゲートのホームページはこちら

 『医師の転職・求人ブログはこちら

^-^-^-^-^-^-^-^-^-^-

(c)2014 リノゲート株式会社 CRC(治験コーディネーター)の転職・求人相談
▲TOPへ戻る