治験コーディネーター(CRC)の離職率はなぜ下がったのか?

これはあくまでも私の個人的な仮説に過ぎないのですが、ここ最近はCRCの離職率が下がってきていると感じています。それはどのような場面から推測できるかと言いますと、一つは企業側の採用活動が以前に比べて積極的ではない感じが出てきている事、もう一点はCRC経験者からの転職したいという問い合わせが減ってきている事、最後に私が過去に紹介した方々がその後も辞めずに長く勤務している、などの状況から推測する事が出来ます。それまではCRCと言えば「離職率が高い」とか「回転が速い」など悪い印象が強かったのですが、なぜこのように変化してきたのかについて考えてみたいと思います。

 

『看護師・臨床検査技師・薬剤師などの医療資格を活かし

CRC(治験コーディネーター)へ転職してみませんか!』

     ↓  ↓  ↓

【治験業界への転職相談フォーム】

※匿名でのお問い合わせも可能です!まずはお気軽にご相談下さい。

 

先程も述べたようにここ最近のCRCの採用活動に関しては以前に比べてあまり積極的には行われていない印象が強いです。それはCRCに転職した人達が辞める事無く長く勤務するようになったからです。なぜ長く勤務出来るようになったのかと言いますと、その大きな理由の一つが臨床検査技師の存在です。それまではCRCと言えば看護師や薬剤師からCRCになる人が多く、臨床検査技師からCRCに転職する人は看護師ほど多く無かったのですが臨床検査技師の人達の間でCRCの知名度が高くなってくるにつれて、CRCに転職する人の中で臨床検査技師の占める割合が急激に高くなってきました。恐らく現在では看護師を追い抜いて臨床検査技師からCRCになる人が一番多いのではないかと思います。(臨床検査技師の割合が増えた事も要因の一つですが、逆に看護師や薬剤師に関しては減っている印象があります。)

 

では何故、臨床検査技師からCRCに転職する人の割合が増えて看護師や薬剤師からCRCに転職する人が減ってきたのでしょうか?

その最大の理由は給与額です。臨床検査技師の場合CRCに転職する事で給与が高くなる場合も多いです。一方、看護師や薬剤師に関しては、ほぼ間違いなく下がる事になります。ここだけ見ても理由は明確な訳ですが、もう一点、考えられる事として「仕事への適性」という点が挙げられます。看護師や薬剤師は臨床の現場で患者と接する仕事をしてきた訳ですが、CRCになると患者は患者でも治療を受ける事が目的の患者ではなく、治験に参加する事が目的の患者(被験者)と接していますので、医療機関で勤務していた頃とは違った感覚で勤務しています。一方の臨床検査技師は元々、患者と接するような仕事に就いている人が少なくCRCとして患者と接しても何ら違和感を感じる事がありません。以上のような点からも看護師や薬剤師と比べて臨床検査技師の方がすんなりとCRCに適応出来る要素が多い事が分かります。

 

このように臨床検査技師がCRCになった場合には辞める要素が非常に少なく、それによって人の回転が少なくなります。これがCRCが辞めにくくなった大きな理由ではないかと考えています。恐らく今後もこの図式は変わらず臨床検査技師の適性は益々アップしていく事になるのだと思いますが、看護師や薬剤師のニーズが無くなる訳ではありません。元々持っている技術や知識は臨床検査技師に負けず劣らずだと思います。SMOによっては今でも看護師優先でと考えている所もあります。新しい事をやってみたいと考えている看護師や薬剤師には、まだまだチャンスがあります。むしろ臨床現場での勤務に違和感を感じているような方々に向いているかもしれません。そのように感じている看護師や薬剤師の方々、もちろん臨床検査技師の方々もCRCへの転職を希望している方がいらっしゃれば、是非一度ご相談下さい。

 

リノゲート株式会社

TEL:03-5355-1260
お問い合わせ:info@renogate.co.jp
リノゲートのホームページはこちら

治験コーディネーター(CRC)の求人はたくさんある訳ではない!

今回はCRCの求人数についてお話したいと思います。ここ最近ではインターネットで「CRC求人」とか「CRC転職」なんていうキーワードで検索をして頂ければCRCに関する求人の情報がたくさん出て来ます。また応募する際の書類作成方法や面接対策まで求人だけではなく転職に関する情報も多々発見する事が出来ます。お陰でCRCや治験業界に関して詳しい情報をお持ちの方も以前に比べて多くなりました。しかしここで注意して頂きたい事は情報は増えているけど決してCRCへの転職が簡単になったという事ではないという事です。一見、大々的に採用活動を行っている企業が増えたのでは?とかCRCの求人数が増えたのではと勘違いしてしまいそうですが実情としてはむしろその逆と言っても良いのではないかと感じております。では何故このような状況に陥っているのか、その背景についてご説明したいと思います。

 

『看護師・臨床検査技師・薬剤師などの医療資格を活かし

CRC(治験コーディネーター)へ転職してみませんか!』

     ↓  ↓  ↓

【治験業界への転職相談フォーム】

※匿名でのお問い合わせも可能です!まずはお気軽にご相談下さい。

 

CRCの求人に関しては今現在よりも、むしろ数年前くらいの方が数は多かった気がします。しかも各企業の採用基準もそこまで高いという感じではなく、少し頑張れば大抵の場合、どこかしらの企業に転職する事が可能であった気がします。また応募する人の人数も今よりも圧倒的に多く、この業界にも勢いを感じていました。しかしここ最近ですが引き続き人材の採用を行ってはいるものの、今までのように「未経験者でも積極採用、大募集」的な話を聞く事が非常に少なくなってきました。「出来れば経験者」とか「良い人がいれば検討します」くらいの消極的な採用を行っている企業の数が圧倒的に多くなった印象です。

 

この背景は何だろうと考えてみた際に一つの仮説が浮かびました。それはCRCに転職した人達の離職率が大幅に下がった事ではないかと考えています。以前から言われていたのは全国のCRCの人数はここ何年も横ばいの状態が続いているという事ですが、それでも採用活動が行われていたというのは退職する人の数が相当数いるために、その補充のための採用活動が積極的に行われていたという事の裏返しだと思います。しかしここ最近では一度転職した人達がなかなか辞めなくなったので新たな人材の採用枠が生まれてこない、という事ではないかという考えです。(★では何故離職率が下がったのかに関しては次回の書き込みで私の意見を述べたいと思います。)仮に以上の仮説が当たっていたとすれば、確実に求人数は少なくなっているはずです。という事は間違いなく採用試験の難易度は高くなっているという事を指しています。

 

以上のような事からも分かるように間違いなく企業側はそこまで積極的な採用ではなく良い人がいれば採用するという感じの採用方法に切り替えてきています。このような状況の中で採用してもらうためには相応の準備をする必要があると思います。逆に言えば準備さえしっかり行い企業の採用基準に達する事が出来れば採用して頂ける訳です。どうしても採用してもらいたいと考えている方など、いらっしゃればお気軽にご相談下さい。

 

リノゲート株式会社

TEL:03-5355-1260
お問い合わせ:info@renogate.co.jp
リノゲートのホームページはこちら

治験コーディネーター(CRC)の採用試験にてトラブルになるポイント。

CRCへの転職活動を行う際に皆さんに是非注意して頂きたいポイントがいくつか存在します。折角難しい試験を突破して内定を頂けたとしても、その後にトラブルになってしまい上手くお話がまとまらなくなっては全く意味がありません。そこで今回は、是非注意して頂きたいポイント3つのポイントについて記載してみたいと思います。これらのポイントをしっかり押さえて頂き、転職活動にて失敗しないようにして頂ければ幸いです。

 

CRC(治験コーディネーター)へ転職してみませんか!≫

     ↓  ↓  ↓

【治験業界への転職相談フォーム】

※匿名でのお問い合わせも可能です!まずはお気軽にご相談下さい。

 

CRCへの転職を希望される方の多くが未経験者という事もありCRCについてあまり詳しくない中で転職活動をしているという事もありますが、いざ内定を頂いた後に「そんなの聞いていない」的な理由でトラブルになってしまう事があります。そのトラブルの原因になる3大ポイントは「給与額」「雇用形態」「勤務地」3つになります。

まず「給与額」についてですが圧倒的に多いのが単純に年俸額がイメージしていたよりも低くなってしまったという事です。以前にもお教えした事がありますがCRCの場合、看護師や薬剤師などの資格を持った人だったとしてもCRCとしては未経験者という扱いになりますので前職よりも確実に給与は下がります。まずはその点についての認識が必要になります。また場合によっては残業手当などが付かない会社もあります。この辺りに関してもしっかりと確認するようにしましょう。

 

続いて「雇用形態」についてですが、皆さんが勝手に思い込んで失敗する例が「正社員だと思っていたら実は契約社員だった」というパターンです。実はここ最近は未経験の場合には契約社員からのスタートという条件の会社も多くなっています。これは会社によって違うだけではなく場合によっては同じ会社でも地域によって雇用形態が変わる会社なども存在しますので必ず確認しながら進めた方が良いと思います。(基本的には1年後とか半年後には正社員に切り替えをする事が前提のような契約社員が多くなっていますが無期限で契約社員というスタイルも存在します。内容によって契約社員の意味合いも大きく変わってきますので、こちらに関してもしっかりと確認しましょう。)

 

最後に「勤務地」についてですが、CRCの場合、医療機関に出向いて仕事を行う事になりますので、勤務地として重要になるのが会社の場所だけではなく配属先の医療機関の場所がどこになるのか、という事です。中には会社の事務所は都内のど真ん中でも医療機関は宿泊を伴わないと行けないような場所にある事もあります。このような場合は宿泊を伴うような出張が可能な人であれば問題ないかもしれませんが、そうではない人にとってはこの会社で勤務する事は難しくなりますよね。それを事前に知っていれば、この会社に応募する事自体無かったはずなんですが情報を知らなかったが故に起きてしまったトラブルになります。

 

以上のような点です。企業側は応募してきた段階でこのような内容についてはしっかりと把握したうえで応募してきていると思って選考を進めている場合も多いです。ちょっとした認識のずれが原因で話が上手くまとまらないというのは本当にもったいないお話です。そのような事にならないように情報集めをしっかり行い、無駄のない転職活動を行いましょう。

 

リノゲート株式会社

TEL:03-5355-1260
お問い合わせ:info@renogate.co.jp
リノゲートのホームページはこちら

 

医療資格を活かして治験コーディネーター(CRC)に転職しましょう!

今までにもCRCについてたくさんの説明をしてきましたが、まだCRCについて詳しく知らない人も居るかもしれません。そこで今回は改めてCRCの基礎知識について記載してみたいと思います。今までCRCについてあまり詳しく知らなかった方々もこの機にCRCへの転職を検討して頂ければ幸いです。

 

CRC(治験コーディネーター)へ転職してみませんか!≫

     ↓  ↓  ↓

【治験業界への転職相談フォーム】

※匿名でのお問い合わせも可能です!まずはお気軽にご相談下さい。

 

まずは、そもそもCRCとは何ぞや、という所から説明していきたいと思います。CRCは日本名で治験コーディネーターと言いまして新薬を開発する治験業界で勤務している職種名になります。主にどのような事をしているのかと言いますと、新薬を開発する過程の中で初めて人に対して新しい物質を投与する段階から投与した結果、どのような結果が出たのかデータをまとめる作業など、人に対する試験を行う段階に関わる仕事となります。また関わる人は医師やコメディカル、治験に参加している被験者(患者)などになることや、院内で作業を行う事、治験を遂行していく際に医療の知識や薬学の知識が必要であったりする事から元々、医療に関わっていたり、医師や患者とやり取りをした経験がある人が好まれて採用される場合が多くなります。つまり看護師や薬剤師、臨床検査技師などの資格を有する方々という事になります。

 

実際の業務ではどのような事を行っているのかと言いますと、名前の通り治験をコーディネートする事が役割となります。ではコーディネートとは具体的にどのような事を指しているのかと言いますと、「治験をスピーディーに、質が落ちないように上手くコーディネートする」という事になります。そのためには関わる医師、コメディカル、患者、治験の依頼者である製薬メーカーとのやり取りにおいて、やり取りを円滑に進める事が出来るためのコミュニケーション力が必要になります。CRCが治験の潤滑油の役割として間に立ち、治験が当初の予定通りに進むようコントローしていく事になります。そのためCRCにはコミュニケーション能力が求められる事が多く、採用試験(面接)の際にコミュニケーション力をチェックされる事になります。

 

CRCに転職を考える場合には以上のような条件が整っている事が前提になります。特に医療系の資格をお持ちでない方の場合には、その時点で非常に高いハードルとなります。資格をお持ちでない人でCRCへの転職を希望される方は多いのですが、残念ながら採用に至る可能性は非常に低いです。その点において看護師や薬剤師、臨床検査技師の資格をお持ちの方々にとっては新たにチャレンジしてみた方が良い仕事の一つだと思います。資格をお持ちの方々、是非一度CRCへの転職をご検討下さい。

 

リノゲート株式会社

TEL:03-5355-1260
お問い合わせ:info@renogate.co.jp
リノゲートのホームページはこちら

(c)2014 リノゲート株式会社 CRC(治験コーディネーター)の転職・求人相談
▲TOPへ戻る