治験コーディネーター(CRC)への転職事例「未経験者編 NO11」

いつも当ブログをご覧頂きまして有難うございます。改めましてリノゲート㈱の細渕です。ここ最近ですが私が過去に実際にご案内してきた転職事例について記載させて頂いております。転職事例を書く事の良い点としましては、他にも同じような悩み事を抱えている人がいるという事を共有して頂き、治験業界へ転職する事をもっと身近に感じ取って頂きたいと考えている事が一つ、もう一つは転職活動を行うにあたりぶつかった壁をどのように乗り越えてきたのかを知って頂く事で、考え方1つで転職の仕方にも様々な方法があるという事を知って頂きたいと考えているからです。そして一人でも多くの方に治験業界に転職して頂く事が出来れば、それに越した事はありません。そこで今後も出来るだけ多くの事例を記載する事で皆さんに可能な限り情報提供をさせて頂きたい考えております。そこで今回も引き続き転職事例について記載させて頂きたいと思います。

 

治験コーディネーター(CRC)へ転職してみませんか!≫

看護師臨床検査技師薬剤師管理栄養士MR等の資格が活かせるお仕事です。

 まずは以下のサイトからお気軽にご相談下さい。

     ↓  ↓  ↓

【治験業界への転職相談】

 ボタン

 ※匿名でのお問い合わせも可能です!まずはお気軽にご相談下さい。

 

【転職事例:看護師からCRCへの転職パターン】

当事者:27歳(女性)、看護師資格保有

 

今回の事例ですがポイントは「面接の振り返り」という事になります。実は今回の人ですがご自身で面接に参加した経緯があったのですが、その面接で不合格になってしまいました。しかしその理由が定かではないという事で私共の方に相談に来て頂きました。改めて詳しくお話を聞いてみたのですが、私達の方でも色々と考えてみたのですが不合格になる理由が全く想像出来ませんでした。そこで私達が面接に同席してやり取りを見つつ理由を洗い出そうと考えたのですが、ご本人の希望で面接への同席はNGという事になりました。そこで私達が最終的に考えた方法は面接官から直接、具体的な理由を聞き出すという方法です。面接の合否を下すのは面接官ですから、どこが良くて悪かったのかを一番把握しているのが面接官という事になります。そこで私共は面接を実施して頂いたある企業の面接官にコンタクトを取り事情を説明してみました。実はこの面接官ですが私との付き合いが非常に長く、いつも好意にして頂いておりました。通常は面接官に質問してもリアルな回答を頂ける事は稀です。しかしその関係もあって今回の件、快く引き受けて頂く事が出来ました。

 

そしていざ面接に参加したのですが、やはり結果は不合格という事になってしまいました。そこで改めて理由を確認してみたのですが、その理由は「答えの内容が優等生過ぎる」という事でした。回答の内容に関してはお手本通りで間違いも無く、ある意味素晴らしい回答であったようなのですが、お手本通り過ぎて熱意や何故興味を持ったのかなど、本人の本音が見えてこなかったためという事でした。もっと素直に本人の言葉で対応して欲しかった、という事でした。非常に厳しい内容の回答でしたので正直驚きましたが、これが現実だとすれば次の面接に参加して頂くまでに修正しなくてはいけません。そこで改めて本人の本音を交えながら対応出来るよう対策を行い次の面接に参加して頂きました。結果、見事に内定を頂く事が出来ました。

 

転職活動というのは本当に難しいものだと改めて考えさせられる事例でした。ただし今回のような事例を多く経験する事で、より精度の高いご案内が出来るように精進していきたいと考えております。CRCへの転職活動でお困りの方がいらっしゃれば是非お気軽にご相談下さい。

 

リノゲート株式会社

TEL:03-5355-1260
お問い合わせ:info@renogate.co.jp
リノゲートのホームページはこちら

治験コーディネーター(CRC)への転職事例「未経験者編 NO10」

今回も引き続き私が過去にご案内した転職事例について記載してみたいと思います。今回は管理栄養士からCRCに転職したパターンについてご紹介します。実はこの方ですがCRCへの転職を希望していた訳では無く本当はCRAへの転職を希望していました。ご自身でも多くのCROに対して応募していたのですが、どれだけ頑張っても内定がもらえず困っていました。その理由としては、そもそもCRAの募集要項に管理栄養士が含まれていない場合が多く、特に病院やクリニックなどの医療機関での勤務経験が無い人の場合には尚更ハードルが高くなってしまう傾向があるのですが、今回の方の場合にもそのような経験値が無かった事もありCRAへの転職では非常に苦戦を強いられていたようです。しかし諦めがつかずに困って私共の所にご相談に来たという経緯がありました。そこで私共の方ではご本人に対してあるご提案をしました。ご本人もそれを受け入れて頂き、今では見事にCRAへの転職を実現されました。今回はそのご提案の内容についてご説明したいと思います。

 

治験コーディネーター(CRC)へ転職してみませんか!≫

看護師臨床検査技師薬剤師管理栄養士MR等の資格が活かせるお仕事です。

 まずは以下のサイトからお気軽にご相談下さい。

     ↓  ↓  ↓

【治験業界への転職相談】

 ボタン

 ※匿名でのお問い合わせも可能です!まずはお気軽にご相談下さい。

 

【転職事例:管理栄養士からCRCへの転職パターン】

当事者:25歳(女性)、管理栄養士資格保有

 

今回の方ですが管理栄養士の資格は持っていましたが医療機関で勤務した経験が無く、治験業界への転職は非常に厳しい状況にありました。しかしご本人とお会いしてお話をしてみると、コミュニケーション力は非常に高く治験業界へ転職したいという思いも強く、その動機もしっかりとしていました。その時に私の中で面接まで進む事が出来れば何とかなるかもしれないという想いが沸き上がりました。しかし面接までいく事自体が非常に難し事で、どんな策を打っても書類選考を通過する事が出来ませんでした。そこで苦肉の策として考えたのはストレートにCRAに転職するのではなくCRCに転職して経験を積んでからCRAに転職するという方法です。かなり遠回りの作業になりますが、CRAの募集要項にもCRC経験者が含まれている事が多く確実に可能性を広げる事に繋がると考えました。そこでご本人に提案したところ他にやり方が無いのであれば致し方ないという事で泣く泣くこの提案を受け入れて頂きました。そしてその段階からCRCへの転職に方向転換して行動するようにしました。

 

しかしCRCへの転職も簡単ではありませんでした。大手のSMOに応募してもなかなか相手にしてもらえませんでした。大手の場合は採用条件が固まっていますので、あまり融通が利かない場合が多く「管理栄養士+医療経験なし」という条件がネックになりました。そのため中小のSMOに絞り、中でも交渉がしやすい会社を選び応募を繰り返していく中で何とか内定を頂きCRCへの転職を果たしました。そしてCRCとして約2年勤務して頂き、そこから改めてCRAへの転職活動を行いました。案の定、2年のCRC経験があれば興味を示すCROも出て来ます。その分、採用して頂ける可能性も高まります。そして見事にCRAとして採用して頂く事が出来ました。CRAになるために2年間もの時間を遠回りしての結果でした。ご本人のCRAへの熱意が勝った事例でした。今回のように転職方法にも様々な方法が存在します。とは言いましても全ての人が絶対に転職が叶う訳ではありませんが、治験業界への転職についてお困りの方がいらっしゃれば、是非一度、お気軽にご相談下さい。何らかのご提案が出来るのではないかと考えています。

 

リノゲート株式会社

TEL:03-5355-1260
お問い合わせ:info@renogate.co.jp
リノゲートのホームページはこちら

 

 

治験コーディネーター(CRC)への転職事例NO9 「CRAからCRCへ」

さて今回ですがCRAからCRCへの転職事例について記載したいと思います。CRAからCRCへの転職の場合、完全な未経験者と違い治験業界で勤務した経験がある分、非常に重宝される事になります。そのため未経験者と比べれば苦労する事は無いのですが、1点だけ気を付けた方が良い事があります。それはCRAの方が条件が良いにも関わらず敢えてCRCに転職を希望している背景には何らかの理由が潜んでいるのではないかと勘繰られてしまう事です。この点について具体的な説明が出来ないと怪しまれてしまい、採用試験においてネガティブな評価を受けてしまう事になってしまいます。そこで今回はCRAからCRCに転職する際に気を付けた方が良い点について実例を元にご説明してみたいと思います。

 

治験コーディネーター(CRC)へ転職してみませんか!≫

看護師臨床検査技師薬剤師管理栄養士MR等の資格が活かせるお仕事です。

 まずは以下のサイトからお気軽にご相談下さい。

     ↓  ↓  ↓

【治験業界への転職相談】

 ボタン

 ※匿名でのお問い合わせも可能です!まずはお気軽にご相談下さい。

 

先でも述べましたようにCRAの方がCRCに比べて給与面などの労働条件は高く設定されている場合がほとんどになります。そのためCRAからCRCに転職するとなればほぼ確実に給与額が下がる事になります。しかし、それでも敢えて転職を希望するという事は何らかの事情があるからなんですが、その理由の多くが「勤務時間」という事になります。CRCの場合にはフレックス制や裁量労働制といったフレキシブルな勤務形態をとっている場合も多く、そもそも残業なども少ないため小さなお子さんがいるような女性にも勤務しやすい環境であるという事が言えます。逆にCRAの場合には時期によっての業務量の差が大きく時には終電まで残るような残業などが発生する事もしばしばあります。またCRAの特徴の一つとして宿泊を伴うような出張が頻繁に発生します。そうなると小さなお子様がいるような人の場合、出張の対応などが難しくなりCRAとして勤務を継続出来なくなりCRCへの転職を考える人たちが出てくるようになります。

 

確かに、これもCRAからCRCに転職する理由の一つではあるのですが、CRCの面接に行った際に改めて転職理由を聞かれた際に「勤務時間が厳しいから」という理由だけを述べてもさすがに通らない事が多いです。そこで私が考えた転職理由は何かと言いますとポイントは2つ存在しています。1つは患者と接しながら、リアルな結果を観察する事に興味があること、もう一点は治験を依頼者側と実施者側の双方から治験を見てみたいという理由です。更に後者の場合にはCRAをやっていたからこそCRCの良さが分かるという事を添えれば説得力が増す事にもなります。この辺りの説明を上手くする事でCRCでの面接でも上手く切り抜ける事が出来ると思います。是非、頭の隅に入れておいて下さい。

 

リノゲート株式会社

TEL:03-5355-1260
お問い合わせ:info@renogate.co.jp
リノゲートのホームページはこちら

 

治験コーディネーター(CRC)への転職事例「未経験者編 NO8 看護師からCRCへ」

さて今回も私が過去にご案内してきた転職事例の中から気になった事例についてご説明してみたいと思います。今回のテーマは「見合った求人探し」という事になります。見合った求人を探すのは当然の事だと思いますが、実はこれが一番難しい作業になります。給与額や労働時間、休日数など表面的に見える部分であれば探す事はそんなに難しい事ではないのかもしれませんが、本当に合った求人というのはご本人との相性だったり考え方だったり、方向性だったり、経営者の価値観だったりと深く掘り下げようとすればするほど非常に難しい物なんです。そんな中で今回の当事者に関してはご自身でCRCへの転職活動を行って、いくつかの企業からは内定をもらっていました。しかしどこの企業に行っても何となくしっくり来ず、内定をもらっても入社するまでの決意が固まらないという事で私共の所に相談に来て頂いたという経緯がありました。最終的にはあるSMOに転職された訳ですが、その際にポイントになった点について記載してみたいと思います。

 

治験コーディネーター(CRC)への転職サポート!≫

・治験業界への転職が初めての方、

・治験業界での勤務経験がある経験者の方々

・まずは相談レベルから活動を開始してみたい方々、

・転職したいが何から始めて良いか分からない方々・・・etc

どんな悩み事でも対応します。お気軽にご相談下さい。

     ↓  ↓  ↓

【治験業界への転職相談】

 1209195top

 ※匿名でのお問い合わせも可能です!まずはお気軽にご相談下さい。

 

【転職事例:看護師からCRCへの転職パターン】

当事者:28歳(女性)、看護師資格保有

 

この人が最終的に転職を決意された決め手はズバリ社長との相性、考え方の一致という事でした。実は転職を決めた先の企業はある領域に特化した会社だったのですが、ご本人が看護師として勤務していた際にまさにその領域での勤務経験が一番多く得意分野にしていました。それもあってその領域についての知識は豊富にあり、ご本人なりの意見やこだわりを持たれていました。そのイメージがたまたま企業の社長が描いていたイメージとご本人のイメージが一致した事で最終的に転職する事を決意したという経緯がありました。ご本人の本音としては今までに看護師として経験してきた事を出来るだけ活かせる職場を探していたようなんですが、それまでに応募してきた企業は特別に領域に特化している訳でもなく、幅広い領域の試験を受けているような企業が多かった事もあり、今までの経験が特別活かせるという感じでも無かったようです。しかし決定した企業に関しては今までに経験してきた事をストレートに活かす事も可能であり、更に社長との意見が一致しました。ここに気が付くかどうかが今回のポイントになった点でした。

 

マッチした求人を探すと一言で言っても、その要素は非常に多岐にわたります。その中でご本人に見合った求人を探すというのは本当に難しい作業になりますが、私共の方では各企業との長い付き合いがあり、それぞれの特徴について情報をお持ち合せている点が強みとなっています。まずは皆さんのご要望を詳しくお伺いさせて頂き、それにみあった求人をお探しする事をお約束致します。求人探しで困っている人がいらっしゃれば一度お気軽にご相談下さい。

 

リノゲート株式会社

TEL:03-5355-1260
お問い合わせ:info@renogate.co.jp
リノゲートのホームページはこちら

 

 

(c)2014 リノゲート株式会社 CRC(治験コーディネーター)の転職・求人相談
▲TOPへ戻る