医療機関と企業の違い

治験業界に転職する際の大きなポイントの一つに医療機関から企業へ転職するという事が挙げられます。治験コーディネータを志望する方々の多くが看護師や薬剤師、臨床検査技師などの医療に関する資格を持っている人で占めています。つまり今までは病院やクリニックといった医療機関で勤務していた人がほとんどで企業に転職して仕事をするのが初めてという人が多くなる訳です。実はこの違いがとても大きなポイントを握っています。この事についてしっかりと理解している人とそうではない人ではその後の流れに大きな違いが生じる事があります。私は治験以外に医師の転職のお手伝いをする事もあるのですが、医師の業界ですら医療機関と企業の考え方の違いで苦しんでしまう事もしばしばあります。

 

以前、私が対応した医師の話になりますが、私がご案内してある病院に入職して頂いた事がありました。そこの病院は上層部の人も皆さん穏やかでとても仕事のしやすい病院でしたが、あるタイミングで院長、副院長など病院の上層部の人達が一気に入れ替わった事がありました。その際に副院長になった人(実質の病院の経営の全権限を持った方)はそれまで企業にて勤務していた人で企業の経営に対して非常に詳しい人でした。(逆に言えば医療機関で仕事をしたことが無かったので医療機関と企業の違いについては、ほとんど理解していませんでした。)

 

この副院長ですが病院の経営状態をより良いものにするために過去に企業の経営で培ってきた経験をもとに病院の経営改革を始めたのですが、これが病院で勤務している医師をはじめその他のスタッフから総スカンを食らってしまったのです。何が総スカンを食らった原因かと言いますと「従業員との目的意識の相違」が発生してしまったからです。副院長は何を目指して病院改革を行ったのかと言えば、病院を今まで以上に儲ける事が出来る体質に変えていく事を第一に掲げて活動し始めたのですが、勤務している従業員は儲けではなく病気で困っている患者を救う事を第一の目的として勤務している訳です。つまり副院長と従業員の目指している方向性が別の方向になってしまった訳です。企業を経営する際には儲け(利益)を上げる事が第一であって何ら問題はないのですが、医療というのはそうではないと考えている人が多い中で副院長は企業の考えをそのまま医療現場にも持ち込んでしまい混乱を生じさせてしまったのです。これによって私が紹介した医師もこの病院で勤務する事は難しいという結論に至り退職する事になってしまったのです。

 

これは治験業界でも全く同じ事が言えると思います。ここを理解しておく事でよりスムーズに上手く治験業界に入り込む事が出来るようになると思います。逆に何も知らずに転職してしまえば、すぐに嫌になってしまう事可能性も高いです医療機関と企業の違い、皆さんしっかりと理解しておきましょう。

 

治験コーディネーター(CRC)へ転職してみませんか!≫

※匿名でのお問い合わせも可能です!まずはお気軽にご相談下さい。

     ↓  ↓  ↓

【治験業界への転職相談】

 1209195top

治験コーディネーターの勤務地について

治験コーディネーターとして勤務する際には基本的には会社と提携を結んでいる医療機関の中で勤務する事が多くなります。また勤務する先は1ヵ所に限らず複数の医療機関を兼任しながら勤務する場合もあります。この方法については各企業がどんなやり方をするのかによっても変わりますが、今回は基本的な治験コーディネーターの普段の仕事の仕方についてご説明させて頂きたいと思います。

 

治験コーディネーターの場合、先にも述べましたが会社と提携を結んでいる医療機関に出向いて実務を行う機会が多くなります。ほとんどの会社(SMO)が複数の医療機関と提携を結んでおり、その中から治験を実施する際に相応しいと思われるところを探して、そこで実際に治験が行われる事になります。多くの場合、治験コーディネーターは複数の医療機関の対応を同時並行で行うパターンが多くなっており、日によって違う医療機関に訪問するような場合もあります。このような働き方を「派遣型」という呼び方をする事が多くなります。また別の形態をとっている会社も存在します。派遣型に対して常駐型というスタイルを取っている会社も存在します。常駐型の場合ですが、治験コーディネーターは原則決められた医療機関のみで勤務する事になります。そのため毎日、同じ医療機関に出向いて仕事を行いますので、常に慣れ親しんが環境下で勤務する事が出来る訳です。

 

では派遣型と常駐型という2つの方法に関してですが、そもそも何故二つの方法が存在するのかと言いますと、まず派遣型に関しては東京や大阪など大都市圏に多い方法だと思います。ではその理由は何故かと言いますと、東京や大阪といった大都市圏内では病院やクリニックが近い距離の中に沢山存在していますので、複数の医療機関の対応を行ったとしても、医療機関から医療機関までの移動時間は短くて済みますので同時並行で複数の医療機関の対応が可能である訳です。一方、地方に行けば東京や大阪に比べて医療機関の絶対数が少なくなります。そのため複数の医療機関を掛け持ちで勤務してしまいますと、別の医療機関に移動するだけでも余計な時間や労力を負担する事になるだけで効率が悪くなってしまう訳です。それであれば複数の医療機関を掛け持ちで対応するのではなく、地域の基幹病院など大きな病院を中心に一ヵ所で済むようなやり方を取る事が多くなります。

 

派遣型と常駐型のどちらが良いという事はありませんが、皆さんが住んでいる地域で働き方が変わる可能性があります。もしも可能であれば、面接などを受ける前に企業がどんなやり方をしているのかを確認しておくだけでも、実際に治験コーディネーターに転職した後にどんなスタイルで働くのかがよりイメージ出来るのではないかと思います。

 

治験コーディネーター(CRC)へ転職してみませんか!≫

※匿名でのお問い合わせも可能です!まずはお気軽にご相談下さい。

     ↓  ↓  ↓

【治験業界への転職相談】

 1209195top

 

応募は積極的に行った方が良いと思います!

治験コーディネーターをはじめ、治験業界に転職するのが初めてという人も多く、治験業界への転職活動に対してなかなか第一歩を踏み出せない人も多いのではないかと思います。確かに初めての業界への転職ですから慎重にならざるを得ない気持ちは良く理解できるのですが、私個人の感覚では採用試験には積極的に応募した方が結果的にも、ご自身の納得感に関しても良いのではないかと考えております。そのため私は皆さんに採用試験には積極的に参加してみる事をお薦めしています。では何故、積極的に応募した方が良いのか、今回はその理由についてご説明させて頂きたいと思います。

 

採用試験についてですが、積極的に参加した方が良い理由は大きく分けて3つ存在しています。

①試験に慣れる

何度か面接等に参加していくうちに面接に参加する事に対して慣れてきます。慣れてくれば次の面接に参加する際に有利に働きます。また面接で実際に聞かれた質問などに関しても、他の会社でも同じような事を聞かれる可能性も高く、事前の予習にもつながります。企業の面接を受けるのが初めての人も多いと思いますので、面接に慣れて良いパフォーマンスが発揮出来るように準備する事は非常に大事です。やはり練習では味わえない本番ならではの緊張感を味わう事が出来ます。

 

②会社の雰囲気を感じ取る事が出来る

実際に足を運んで企業の担当者や現役の治験コーディネーターと会話をする事で会社の雰囲気や実際の仕事現場の雰囲気などを感じ取る事が出来ると思います。ホームページや求人票からでは感じ取れない部分も実際に足を運ぶ事で見えてきますので、最終的に自分が行きたい企業がどこなのかを絞り込む際に大事な情報源になります。

 

③最終的に一つの企業に絞り込む事が出来る

複数の企業に同時に応募し複数の企業から内定を頂けた場合ですが最終的に全ての企業の条件等を確認し、そのうえでどこの企業に入社したら良いのかを比較検討する事が可能になります。つまり内定を頂けた企業には絶対に入社しなくてはいけない訳では無く、自分に合っていないと感じた際には辞退する事が出来るという事になります。これによってご自身の選択肢の幅が広がり本当に良いと思った、納得のいった企業に入社する事が出来るようになる訳です。

 

以上のように積極的に採用試験に参加する事で、結果的にご自身のためになる事が沢山あります。採用試験に参加する事自体、とてもパワーを要する事でもありますので、一度に沢山の試験に参加する事は難しいですが、出来るだけ多くの試験に参加して最終的に一番納得のいった企業に転職し、そこで長く勤務する事が出来ればご自身のとっても企業にとっても良い事ではないかと思います。皆さん積極的に試験に参加してみて下さい。

 

治験コーディネーター(CRC)へ転職してみませんか!≫

※匿名でのお問い合わせも可能です!まずはお気軽にご相談下さい。

     ↓  ↓  ↓

【治験業界への転職相談】

 1209195top

治験コーディネーターの雇用形態について

治験コーディネーターの採用には大きく分けて二つの雇用形態が存在しております。1つは一番多い形態の正社員のパターン、もう一つは契約社員というパターンになります。どちらの雇用形態にしても治験コーディネーターとして行う勤務の内容に関しては変わらないのですが、労働条件や雇用条件などの面で差が生じてくる部分が存在します。そこで今回は正社員として勤務する場合と契約社員として勤務する場合の違いについてご説明をさせて頂きたいと思います。

 

初めに正社員と契約社員の違いについて大きなポイント2つについてご説明します。

・雇用期間について

→正社員の場合には無期限での雇用という事になりますが、契約社員の場合には契約期間という物が発生します。多くの場合は1年契約という事になり、1年おきに契約を更新するか否かの確認を取りながら、雇用する側、される側の双方が一致した段階で雇用が継続されるという内容になります。(どちらか一方でも契約更新を望まない場合には契約は打ち切りになります。)

・給与、賞与、退職金について

→まず給与額に関してですが、毎月支給される給与の額に関しては基本、正社員も契約社員も変わらない場合が多くなっています。しかし正社員の場合には多くの場合、年2回の賞与が支給される事になりますが、契約社員の場合には原則、賞与の支給がありません。その点で年収額で比較しますと正社員の方が賞与の分、高くなる可能性があります。また退職金に関しては正社員にはあっても契約社員にはありません。その点においても契約社員の方が不利な条件となっています。(退職金に関しては企業によっては正社員の場合でも存在しない事があります。)

 

以上の内容を見る限り、正社員に比べて契約社員の場合には条件的に見劣りしてしまう部分が多い気がします。当然、採用される側としても正社員での採用に越した事は無いと思います。にも関わらず、なぜ契約社員という雇用形態が存在しているのか、次はその理由について考えてみたいと思います。治験の場合、人材を採用する際に考えるポイントの一つとして配属先の問題があります。治験コーディネーターは各企業が提携している医療施設のどこかで勤務する事になりますが、その施設で受けている治験の本数が常に存在していれば良いのですが、中には常にある訳では無く、あるタイミングに限定して治験が行われるような施設も存在しています。つまり常時、治験コーディネーターの仕事が存在している訳では無いという事になります。そのような場合、仕事が無いにも関わらず、そこに人員を配置してしまえば、その分だけ企業は人件費を負担する必要があります。仕事が無いのに人件費だけ負担するというのは企業にとっては大きな負担になります。そこで最善の策として考えられているのが仕事が無い施設や地域での人員の採用に関しては仕事がある時だけのピンポイントな採用が出来る事が一番という事です。つまり仕事がある時だけ契約して、仕事が無い時には契約しないという事です。これが契約社員が存在する理由になっています。しかも東京や大阪といった大都市以外の地域では、元々治験の数が少ない所もありますので、そのような地域での採用は契約社員の場合が多くなります。

 

以上が契約社員が存在する理由になります。地域によっては正社員で働きたいが出ている求人は全て契約社員なんていう地域も存在するかもしれません。そのような場合には正社員と契約社員の違いをよく理解して、間違いのない転職が出来るように注意して下さい。

 

治験コーディネーター(CRC)へ転職してみませんか!≫

※匿名でのお問い合わせも可能です!まずはお気軽にご相談下さい。

     ↓  ↓  ↓

【治験業界への転職相談】

 1209195top

(c)2014 リノゲート株式会社 CRC(治験コーディネーター)の転職・求人相談
▲TOPへ戻る