年齢と経歴のバランスについて「治験コーディネーター編」

治験コーディネーターへの転職については出来るだけ若い年齢の方が有利になるという事は以前にもお話をさせて頂いた事があったかと思います。具体的に言いますと20代の前半から中盤辺りが最も好まれるのではないかと考えております。しかし年齢が若いという事になりますと必然的に社会人としての経験値も短くなります。採用する側の立場で考えますと治験コーディネーターとして採用する事を考えた場合、最も理想的なのは年齢も若くて社会人経験もそこそこ積んでいる人という事になります。では具体的にどの程度の年齢でどれくらいの経験値があれば良いのかを考えてみたいと思います。

 

最も好まれる年齢と経験のバランスとしては年齢は20代前半から中盤、社会人経験は最低でも2~3年程度ある人、という事になります。ここでいう社会人経験というのは看護師であったり薬剤師であったり臨床検査技師としての経験が2~3年ある事を指しております。更に言えばその間、転職経験がなく一つの勤務先において2~3年の経験を積んでいるというのが最も理想的なスタイルになります。

 

では何故若い人が好まれるのかと言いますと、若い人の方が仕事に対する価値観が凝り固まっていない事が多く、治験コーディネーターという新しい仕事に就いて頂くあたり馴染んで頂くスピードが速いという事が挙げられます。また転職後、長く勤務して頂く事が出来ますので、企業側からすれば年齢が若いに越した事がないという事になるのです。では経験値が最低でも2~3年あった方が良い理由は何かといいますと、中途採用として採用される際には新卒者には持っていない要素、つまり即戦力となり得る要素が必要になるのです。もちろん治験コーディネーターへの転職は初めての人が多くなりますので、基礎的な部分についての研修を行って頂く事になるのですが、企業側の本音としては出来る限り早い段階で一人前に成長して欲しいという要望があるためです。そのため少しでも社会人経験を多く持っている人の事を重宝する事になります。

 

ただし上記の条件に該当しない場合でも転職出来るチャンスはあります。上記で記載したような年齢的な面、経験値的な面において不足している要素を補っていく事が出来れば転職へのチャンスも大きく広がるのです。では具体的にどんな対策を練るべきなのかはその人の経験の中身等によって大きく変わります。ご自身で対策を考える事が難しいと感じている人がいらっしゃれば、是非一度、私共宛にご相談下さい。可能な限り対応致します。

 

【治験コーディネーター(CRC)へ転職してみませんか!】

※匿名でのお問い合わせも可能です!まずはお気軽にご相談下さい。

     ↓  ↓  ↓

【治験業界への転職相談】

 imgres

無資格から治験コーディネーターへの転職の可能性について

最近、治験コーディネーターへの転職希望者の対応をしていて感じる事ですが、看護師や薬剤師、臨床検査技師などの資格を持っていない人、いわゆる無資格の人から相談を受ける件数が多くなってきている気がします。私としても相談を受けたからには何とかお手伝いをさせて頂きたいというのが本音ではあるのですが、現実問題として全ての方々に喜んで頂くというのは本当に難しい事で、中にはご希望に添えない場合も沢山あるというのが現実となっています。やはり治験コーディネーターへの転職には医療に関わる資格の無有というのは非常に大きな要素になっているのです。しかし一部の方の中で実際に転職に成功する人も居るのです。確率的には非常に低くなってしまうのですが、間違いなく治験コーディネーターとしての転職を果たしていく人がいます。ではそのような方々というのは他の方々と何が違うのかという事になりますが、今回はその違いについて私なりに見て感じた事を記載してみたいと思っております。

 

まず無資格でも治験コーディネーターに転職を果たす方々のパターンを考えてみたいと思います。私が見てきた方々をパターン分けすると大きく分けて2つのパターンに分ける事が出来るのではないかと考えています。

パターン①:資格は持っていないが治験に関連する仕事経験を持っている人

⇒治験コーディネーターという呼び名で働いていた訳では無いが実は詳しく仕事の内容を聞いてみると治験コーディネーターと非常に近い仕事をしていたような人が稀にいらっしゃいます。例えば大学病院の中で医師のサポート役として臨床試験に関わっていた人や健康食品の臨床試験に関わっていた人、場合によってはCRAなど治験コーディネーターではないが治験業界で勤務していた方々などです。CRAから治験コーディネータへの転職は業務的にも関連が深いので何となくイメージが掴めますが、ポイントは前者の2つになります。確かに似ている仕事ではありますが、経験者とまでは言い切れない仕事になります。このような場合には具体的にどのレベルまでの仕事をしてきたのかがポイントになりますが、中には評価されるような経験を積んでいる場合があるので、確認した方が良いと思います。

 

パターン②:全くの別業界で勤務していた方でも仕事として何らかの成果(結果)を出してきた人

⇒これは過去に治験や医療とは全く関係が無い仕事に就いていた人なのですが、仕事面で何らかの明確な結果を出してきた人が評価される例です。例えば営業職として社内で1位の実績を出し評価された人や、新規事業の立ち上げの際に斬新なアイデアを提案し事業を軌道に乗せる事に成功した人、店長として業績をUPする事に成功した人などの結果を出してきた人は好まれる事があります。この場合は成功に導くためにどんなやり方をしてきたのか、どんな事に注力した結果良い結果が出せたのか、その理由を具体的にロジカルに説明する事が出来る事が大事になります。

 

以上のような経験や結果を出してきたような人であれば治験コーディネーターに転職出来る可能性が十分あります。あとは経験値が評価されるかどうかの見極めが大事だと思います。ご自身の経験値は評価に値するか否かを確認してみたい方は是非一度私共の方にご相談下さい。

 

【治験コーディネーター(CRC)へ転職してみませんか!】

※匿名でのお問い合わせも可能です!まずはお気軽にご相談下さい。

     ↓  ↓  ↓

【治験業界への転職相談】

 17828139-Chairs-in-the-hospital-hallway-hospital-inter-Stock-Photo

 

 

面接対策を行う際の注意点「治験コーディネーター編」

転職活動を行う際に最も大きなポイントになるのは、いかに面接をクリアするかという事になると思います。いくら経歴がしっかりしていても、年齢や持っている資格がピッタリだったとしても面接で上手く対応が出来なければ採用して頂く事は難しくなります。また治験コーディネーターに応募する方々の多くが、それまで看護師や薬剤師、臨床検査技師などの医療系の資格をお持ちの方になる訳ですが、就職活動を行う際に、いわゆる「面接」に参加した経験がある方は意外と少なく何となくの顔合わせ程度の面談で採用が決まってしまうような事も多いようです。ましてや新卒の方々が受けるような企業相手の面接に参加した事があるような人になれば、その数は更に少なくなります。それもあって治験コーディネーターへの転職活動を行う際にも面接対策に力を注ぐ人も多いのですが、対策を行う際に絶対に気を付けて頂きたい事があります。対策を練り過ぎた余りかえって失敗してしまうような事も実際に起こっています。そこで今回は面接対策を行う際の注意点について記載してみたいと思います。

 

面接対策を行う際に皆さんがやりたがる事として一番多いのは「どんな質問をされる事が多いのか」について確認しておきたいという事、もう一つは「質問された事に対してどんな回答をすれば良いのか」というこの2点に絞られると思います。私も実際にこのような質問を受けた事が何度もありました。そのような時にどんな対応をするかと言えば、過去に行われた面接を参考に各企業がどんな事を知りたがっているのかを推測し、質問されそうな事を想定して考える事になります。また想定した質問に対してどんな回答をすれば、より良い回答になるのかも考えていく事になります。

 

ここで注意が必要な事があります。それは面接を実施する面接官が毎回同じ質問をしてくるとは限らないという事なんです。場合によっては面接官自体が変わる事もありますので、事前に100%の対策を練る事は現実的に不可能に近いという事になるのです。ではどんな対策を考えるべきかと言えば、どんな質問を受けても臨機応変に対応出来るようにする事が大事であるという事です。自分が面接官に伝えたいポイントは何かを頭の中で整理しておく事です。答えを丸暗記するような準備をしてしまうと万が一、準備していなかった質問を受けた際に焦って混乱してしまい、その結果、何も答えられなくなってしまうような事もあります。ここが多くの方々が陥りやすい面接対策のポイントという事になります。以上のような事からも事前に答えを決めつけてしまうような対策はしない方が良いと思います。

 

面接の基本は面接官との会話のキャッチボールです。予め決められたセリフを話す事とは違うのです。面接の基本を理解した上で面接の対策を練る事が大事です。間違った対策を行わないように皆さん、十分気を付けて頂きたいと思います。

 

【治験コーディネーター(CRC)へ転職してみませんか!】

※匿名でのお問い合わせも可能です!まずはお気軽にご相談下さい。

     ↓  ↓  ↓

【治験業界への転職相談】

 10186003087

 

 

治験コーディネーターにチャレンジするメリットについて

治験コーディネーターへの転職について、その募集要項を見てみると必ずと言ってよいほど看護師、薬剤師、臨床検査技師など医療に関わる資格をお持ちの人が優遇されるという文言を目にします。これは今までに何度もご説明をさせて頂いた通りですが、治験コーディネーターの採用が積極的に行われ始めた当初より現在まで引き続き変わっていない状況です。これらの資格を持っている人からすれば、今までに経験した事が無い仕事にチャレンジできる機会が増える事や、転職を考える際の選択肢の幅が広がる事など、良い事ばかりのイメージに見えてしまいますが、実際に資格を持っている人の立場で考えた場合、持っている資格が活かせるからと言って治験コーディネーターに転職する事を決意できるほど簡単な事ではない場合も多いようです。資格を持っているとはいえ、治験コーディネーターへの転職を躊躇してしまう理由とはどんな事なのか、考えてみたいと思います。

 

過去に治験コーディネーターへの転職を考えてはいるが躊躇しているという方々から聞いた話をまとめてみますと「自分にも出来る仕事なのか?」「企業に属して勤務した経験が無いが上手く企業に馴染む事は出来るのだろうか?」というような事で悩まれている人が多い印象を受けました。このような心配があり、なかなか治験コーディネーターに転職しようという踏ん切りがつかない人が多いようです。そこでこのような事で悩みを抱えている方々に対して安心して治験コーディネーターに転職して頂くためにはどんな心構えが大事なのかをお伝えしたいと思います。

 

まず資格をお持ちの方であれば治験コーディネーターとして勤務する事はそれ程難しい事ではないと思います。ただし仕事の目的意識が変わってきます。医療現場で勤務していた頃は目の前で病気で困っている患者のために働く事が目的だったと思いますが、企業で働く事になれば患者のために働くというのは間接的になり、直接的な目的としては所属している企業の為であったり、治験の依頼者である製薬メーカーの為であったりします。要は治験を行うという事は患者の治療を行う事とは少々意味合いが変わってきます。目の前で病気で苦しんでいる人を救ってあげる事が目的ではなく、新薬として承認してもらうために必要なデータを回収する事が治験業界で行うべき事になるのです。ですので担当した新薬が承認されて世の中に出回る事になれば、その薬によって多くの患者が救われる事に繋がります。ですので直接的な貢献ではありませんが、間接的に患者や世の中に貢献する事が出来る仕事ではあるのです。このような点においてしっかりと内容を理解する事が出来れば治験コーディネーターとして何ら問題なく勤務する事が可能だと思います。

 

とは言え実際にやってみないと分からない事も多いかと思いますが、多くの方が実際に治験コーディネーターに転職して良かったと考えているようです。初めは馴染むまで苦労された人も居るようですが、これはどんな仕事に転職するとしても状況は変わらないと思います。第一歩を踏み出す事で新しい世界が見えてくる可能性が広がります。皆さんも是非、治験コーディネーターとしての勤務に取り組んでみて下さい。

 

【治験コーディネーター(CRC)へ転職してみませんか!】

※匿名でのお問い合わせも可能です!まずはお気軽にご相談下さい。

     ↓  ↓  ↓

【治験業界への転職相談】

 20027004149

(c)2014 リノゲート株式会社 CRC(治験コーディネーター)の転職・求人相談
▲TOPへ戻る