地域による就業条件の違いについて「治験コーディネーター編」

images (2)

 

ここ最近では治験業界の勢力図も大きく変わりつつありまして以前は中小企業が多数点在していた状況の時代もありましたが、ここ最近では大手企業が主流となっており、全国各地の求人案件を見ても軒並み大手企業が出している求人案件だったりします。治験コーディネーターへの転職をお考えの方々であれば一度や二度は大手企業が出している求人案件を目にした事があるのではないかと思います。

 

大手企業の場合ですが、ほとんどの企業が北は北海道から南は九州(沖縄)まで全国各地で治験コーディネータの採用活動を行っている場合があります。ここで一つ気を付けて頂きたい事があるのですが、同じ企業が求人を出している訳ですから、どこの地域でも求人の内容は同じだと思われがちですが、実は地域によって多少なり内容が変わる事があるのです。

 

一番気を付けて頂きたい点は大きく分けて3つです。1つは雇用形態です。多くの場合は正社員としての求人案件という事になるのですが、地域によっては契約社員としての募集を行っている場合があります。正社員と契約社員では仕事の内容的には大きな差は生じないのですが、契約社員の場合には退職金が貰えなかったり、契約期間が付きまとってくるため、長期間の勤務が難しい場合など、働く側にとって不利になってしまうような条件になる場合があるので注意が必要です。

 

次に注意が必要な点としては給与額という事になります。給与額を算出する際のベースとなっている考え方に地域の物価というものがあります。その地域によって物価が違いますので、それに合わせて給与額にも上下が発生します。ある地域では高めの金額で提示されても、ある地域では低めに提示されるなど、地域によって提示される金額が変わる事があるのです。どこの地域でも一律同じ金額が提示される訳ではありませんので、給与試算ををする際には気を付けて頂きたいと思います。

 

もう一点、注意が必要な点としては採用試験のハードルの高さの違いというのが挙げられます。地域によってハードルが高い地域もあれば低い地域もあるのです。時には応募条件を見ても、ある地域では応募不可だったとしても、別の地域では同じ条件でも応募が可能になるような場合もあるのです。この違いは何かと言いますと「人材の採用のしやすさの違い」という事になります。地域によっては応募者の数が多く採用に困っていない場合もあるのですが、別の地域では応募してくる人自体がほとんど居らず採用に苦戦しているような地域も存在します。このように困っている地域ではハードルが下がる可能性がありますので他ではNGの場合でも検討して頂ける可能性がありますので、勝手に諦めるのではなく、しっかりと確認してみる事が大事です。

 

以上のように地域によって治験コーディネーターの採用条件について差が生じてくるような場合があります。状況によってはその違いが不利になる事だけではなく有利に働く事もありますので、情報収集はしっかりと行うべきです。私共の方では各地域の違いについても情報を把握しています。詳しく知りたい方は一度私共宛にお気軽にご相談下さい。

 

【治験コーディネーター(CRC)へ転職してみませんか!】

※匿名でのお問い合わせも可能です!まずはお気軽にご相談下さい。

       ↓  ↓  ↓

【治験業界への転職相談はこちらをクリック】

 

同じ企業に対して再度の応募は可能なのか?「治験コーディネーター編」

今までに多くの方々のご案内をしてきた際に意外と多くの質問を受けてきた事が、同じ企業に対して2回、3回と再度の応募を行う事が可能なのか?という事についてです。つまり初めて応募してNGが出てしまったとしても、時期を改めて再び応募する事が可能かどうか、という質問です。この質問に関する回答としては原則NGという事になります。では何故複数回の応募がNGなのか、複数応募がNGという事であれば、どんな事に注意して転職活動を行うべきなのか、ご説明したいと思います。

 

企業側は基本的に複数の応募を受け付けていない所がほとんどになります。仮に1年、2年と間を空けて再度の応募を行うような場合でも、企業の方には過去に応募してきたデータが残っておりますので、以前応募があった事はすぐにバレてしまいます。私が今までに経験してきた実績として多かったのは、ご本人から過去に応募したという経緯を知らされておらず、初めてだと思って応募した結果、企業側から過去に応募された経緯があるとの指摘を受けてNGになってしまうパターンです。企業側の基本的な考え方としては当時オファーを出したか出さなかったかに関わらず、また良い評価か否かに関わらず結果的に入社に至らなかった事に関して「縁が無かった」と判断しますので再度の応募は残念ながら難しいという事に至ります。

 

しかし一つだけ再応募が可能な場合があるのです。それは当時、経験値不足という事で企業側からNGを出された場合で、ご本人がその後に経験を積んで企業側のニーズに応えられるスキルを身に付けていれば、再度の応募が可能になるケースもあります。ただしこれも企業によって判断基準がまちまちになりますので正式に応募が可能かどうかは確認する事が大事です。

 

以上のように企業に関しては基本的に再応募は不可という事になります。ではこのような状況を見越して転職活動を行うとしたら、どんな事に注意したら良いのかを考えてみましょう。

 

初めにいくつかの企業に応募してみた際の企業側の反応を確認しておく事が大事です。仮に不合格だったとしても僅差でのNGなのか、明らかにNGなのかによって戦略が変わってきます。問題なのは後者の方なのですが、この場合には無暗に多くの企業に応募する事は控えた方が良いかもしれません。一度NGを食らってしまうと、次の機会に応募が出来なくなる可能性が出てしまうからです。明らかに難しいと判断した場合は、一旦応募をストップして、より準備を進めてから応募した方が良いと思います。応募しすぎてしまうと、次のタイミングで応募出来る所が無くなってしまうなんて事も考えられるからです。

 

この辺りの見極めはご自身だけで行うのは非常に難しい事だと思いますので、第三者である紹介会社などにお願いして現在の自分の立ち位置について確認してみるというのは非常に大事な事かもしれません。もちろん私共の方でもその役割を担う事が可能ですので、ご希望される方はお気軽にお申し付け下さい。

 

【治験コーディネーター(CRC)へ転職してみませんか!】

※匿名でのお問い合わせも可能です!まずはお気軽にご相談下さい。

     ↓  ↓  ↓

【治験業界への転職相談】

 images (4)

転職活動において良い評価を得るために必要な事「治験コーディネーター編」

治験コーディネーターへの転職活動を行う際に一番大事な事は求人を行っている企業からオファー(内定)を頂く事に他ならないのですが、その他に確実に意識しなくてはいけない事としては「他の候補者に打ち勝つ」という事になります。特に東京や大阪、福岡など大都市圏では同じタイミングで複数の候補者が同時に応募している場合も多くなります。採用枠が複数名分あれば良いのですが、なかなかそう上手くいかない事も多く、採用枠よりも多くの人が同時に応募しているような場合も存在します。そんな時には他の候補者よりも良い評価を受けて競争に勝たなくてはいけなくなります。ではこのような場合に、どうやったら他の人に勝てる可能性が高まるのか、どんな事を考えたら良いのかについて考えてみたいと思います。

 

少し話は変わりますが、ここ最近ですが医師の転職においても変化が出てきており、書類選考や面接の段階でNGを食らうような場面が多くなってきております。特に東京や神奈川、大阪といった大都市圏でこの傾向が多くなっているのですが、その理由はと言いますと医療機関に対して医師からの応募の数が増えてきているから、という事になります。簡単に言いますと医療機関側も医師を採用する際により良い医師を選ぶようになってきたという事になります。

 

では医師の転職活動において医療機関から選んで頂くために何が一番大事なのかと言いますと、それは「志望動機」という事になります。何故転職するのか、何故今のタイミングで転職するのか、どうしてこの医療機関を選んだのか、将来どんな事をやっていきたいと考えているのかなど、転職する目的について明確にきちんと説明する事が出来なければいけないのです。また「医師」だからと言って資格を持っていれば大丈夫という事は無く、何が出来るのか、得意としている事は何か、どの様な形で貢献する事が可能なのか、自分自身の事をしっかりとアピール出来なくてはいけません。こういったやり取りを通じて他の候補者も含めて、どの先生が一番相応しいのかについて医療機関側でも選ぶようになってきたのです。今や雲の上の人のような存在だった医師ですらこのような厳しい状況になりつつあるのです。今後は治験業界での転職をお考えの皆さんにおいても、世の中の情勢を把握しつつ、どんな事をすべきなのか、しっかりと考えつつ行動していった方が良いのではないかと思います。

 

【治験コーディネーター(CRC)へ転職してみませんか!】

※匿名でのお問い合わせも可能です!まずはお気軽にご相談下さい。

     ↓  ↓  ↓

【治験業界への転職相談】

 images (5)

 

 

 

 

 

賞与についての考え方(治験編)

7月に入り世の中の多くの企業では夏の賞与が支給された事ではないかと思います。恐らく治験関連の企業においても7月に賞与を支給する所も多くなっていると思います。賞与の支給と転職の関連性に関して言いますと、賞与を貰ってから会社を辞めて次の職場に転職する事を計画している人も多く、その点で賞与支給前後というのは転職を希望して活動を開始する人も多い時期という事になります。そんな中で賞与についてよく質問を受ける事があります。最も多い質問は「当初、説明を受けていた金額が貰えなかった」という質問になります。これは、そもそも賞与というのがどういった規定で支払われているのか、その仕組みについて理解出来ていない人が意外と多い事の表れとなります。そこで今回は賞与についてご説明したいと思います。

 

賞与というのは、そもそもの考え方として毎回確実に支給される物ではないという事を覚えておいて頂きたいと思います。会社の業績が良かったり、個人的に会社への貢献度が高かった際に特別に支給してもらえるものであると捉えて下さい。つまり会社の業績が悪かったり、個人的に成果が出せなかったような場合には賞与が減額される事も有りますし、最悪の場合には一切支給されない場合もあるという事になるのです。

 

また賞与には一般的に査定期間という物が存在しています。これは賞与を支給する際の基準となる成果を確認するための期間という事になるのですが、例えば7月に支給する賞与の査定期間が前年の10月~同年3月の6か月間となっており、12月に支給される賞与の査定機関は4月~9月までと設定されていたとします。Aさんが4月にある企業に転職したとしますと12月の賞与に関しては査定期間を満了するため支給対象になりますが、7月の夏の賞与に関しては査定期間中に全く勤務していなかった事になりますので、支給対象にはなりません。ですのでAさんの場合は最初にもらえる賞与は12月からという事になります。このような流れを理解していない人も多く、4月に入社していきなり7月から賞与が支給されると思い込んでいる人も居るようですので、そこは間違えないようにした方が良いです。ちなみに転職活動中に提示される給与額は多くの場合、理論年収と言って月給の12ヶ月分と年二回の賞与額(前年実績)にて算出している事が多くなります。つまりAさんのように実際には7月分は支給されないのですが、提示される理論年収には二回分の賞与額も含まれた形で提示される場合がありますので、ここに関してが最も注意が必要な点になります。

 

以上が賞与についてのご説明になります。賞与は基本、実績を出した人が沢山貰える物であり、そもそも入社間もない人が貰える物では無いのです。ですので賞与を沢山貰いたいと思うのであれば、それ相応の結果を出す事が大事になります。結果を出すためには何をすべきか、そこに気が付く人と付かない人では大きな差となって表れてきます。皆さんも多くの賞与を貰えるように頑張りましょう!

 

【治験コーディネーター(CRC)へ転職してみませんか!】

※匿名でのお問い合わせも可能です!まずはお気軽にご相談下さい。

     ↓  ↓  ↓

【治験業界への転職相談】

 images (6)

 

 

 

(c)2014 リノゲート株式会社 CRC(治験コーディネーター)の転職・求人相談
▲TOPへ戻る