医療資格の有無と臨床経験

images

 

いつも当ブログをご覧頂きまして誠に有り難うございます!治験コーディネーターへの転職を考える際に医療系の資格の有無がとても大事である事は多くの方々が既に知っている事だと思います。しかしここ最近ですが医療系資格をお持ちであったとしても、臨床経験が無い場合には折角応募しても検討すらして頂けない場合もとても多くなってきております。そこで今回ですが改めて医療資格を持っている事だけではなく、どんな事が求められてきているのかについて考えてみたいと思います。

 

医療系の資格をお持ちの方の中には一部、資格を取得した後に臨床の現場ではなく企業などに就職する人もいます。そのため資格は持っているけど臨床の経験が一切ないという人も存在します。では具体的に臨床での経験がどの程度あれば治験コーディネーターとして採用して頂けるのかと言いますと、出来れば2年以上の臨床経験があった方が良いと言われております。何故、臨床経験が必要なのかと言いますと、それは医師や患者とのコミュニケーション力はもちろんの事、カルテを読んだり検査結果を読み取る事が出来る能力が問われているからという事になります。

 

もちろん、このような経験値が無ければ絶対にNGかというと、そういう事は無いのですが採用した会社としては治験コーディネーターとしての知識や技能についての研修を行うだけではなく、その前段階である医療の知識や技能についても研修を行う必要性が出てきてしまうため、その分だけ多くの事を教育するために時間や労力を掛ける必要が出てきてしまうという大きな負担を背負う事になってしまうのです。そのため企業側の考えとしては予めこのような知識や技能を持ち合わせた人を採用したいと考えるに至った背景があります。

 

上記のような考え方を持っているのはSMOの中でも大手のSMOにその傾向が強い感じがありますので、大手SMOに応募する場合には医療系の資格の有無だけではなく、臨床経験があるか否かについてもしっかりと確認を行い万が一、経験が無い場合や少ない場合には、その分をどうやって補うのかも考えつつ採用試験対策を練る事が大事になります。逆に資格をお持ちでない場合でも、臨床経験に匹敵するような経験をお持ちの方がいらっしゃったとすれば、それを武器にして応募する事が出来る場合もあります。その辺りの判断はとても難しいと思いますので、悩んでいる人がいらっしゃれば一度、私共宛にお気軽にご相談頂ければ対応させて頂きます。

 

==================================

【治験コーディネーター(CRC)へ転職してみませんか!】

※匿名でのお問い合わせも可能です!まずはお気軽にご相談下さい。

       ↓  ↓  ↓

【治験業界への転職相談はこちらをクリック】

==================================

資格を持っている利点を最大限に活かす!

_S1C0926_sss

 

いつもこちらのブログをご覧頂きまして誠に有り難うございます。きっと多くの方々に読んで頂いているからだと思いますが、私共の所には日々、多くの方々からのご相談やお問い合わせが届いております。しかも治験コーディネーターの経験者の方から、未経験者の方々、中には医療に関する資格を一切お持ちではない方々からもご相談を受ける機会が多くあります。このように様々な方々のお話を聞いているうちに、ある事に気が付きました。それは医療に関する資格(看護師や薬剤師、臨床検査技師などの資格)をお持ちの方々と資格をお持ちでない方々の考え方の違いという事です。転職活動においては資格をお持ちの方が圧倒的に有利ではあるのですが、資格をお持ちでない人は資格が無いので転職が難しい事が理解されていつつも、それでもやってみたいという気持ちがあり、やる気(モチベーション)が圧倒的に高いという事になります。この違いが結果的にどんな事に影響を及ぼすのかについて考えてみたいと思います。

 

そもそも医療に関する資格をお持ちの方が転職活動において有利に働く理由としては、無資格の人と比べて治験コーディネーターとして勤務する際に必要な経験や知識を予め持ち合わせているためです。その分、教えなくてはいけない事が少なくて済みますので、治験コーディネーターとして一人前に成長して頂くまでの時間が短くて済む訳です。つまり研修を行う期間が短くて済むという点が採用する企業側から見れば魅力的な部分になる訳です。ですので無資格の人と比べた場合、有資格者の方が当然ながらスタート段階では前を走っている事になるので気持ち的には優位に立てるのですが、実はここが大きな落とし穴になる事があるのです。

 

無資格の方々は自分達に経験や知識がない事をよく理解しています。そのため資格をお持ちの人達に追いつけ追い越せで必死に勉強しようとします。しかも無資格の方々の多くは医療関係の経験は少ない場合が多いですが、企業で勤務した経験値は有資格者よりも圧倒的に多い場合があります。SMOも企業になりますので、企業の一員として勤務する際のポイントなどについては、むしろ無資格の人の方が持ち合わせているんです。

 

この状況がどんな結果を生み出すかと言いますと勤務を開始してから1年後、2年後には無資格の人が有資格者を追い越していく事になるという事です。無資格の方々は知識さえ身に付けてしまえば企業の中で、どうやったら評価され認めてもらえるのか、その方法を知っています。ですので知識を身に付ける事さえ出来てしまえば、そこから先の成長速度は非常に速くなるのです。

 

以上のような事からも有資格者の方々は資格があるアドバンテージを活かして、その差を縮められないように対応していく事が大事です。仕事をする以上は本当のゴールは治験コーディネーターとして採用してもらえる事ではなく、将来的にどこまで成長出来るか、結果を残せるかだと思います。有資格者だからこそ難しい部分も存在しますが、その点に関して気になる方がいらっしゃれば私共の方でアドバイスをさせて頂く事も可能です。是非一度、お気軽にご相談下さい。

 

==================================

【治験コーディネーター(CRC)へ転職してみませんか!】

※匿名でのお問い合わせも可能です!まずはお気軽にご相談下さい。

       ↓  ↓  ↓

【治験業界への転職相談はこちらをクリック】

==================================

治験コーディネーターとして働く際のポイントは?

images (2)

 

治験コーディネーターへの転職を考える際にポイントになる事はいくつか存在するのですが、その中でも最も大きなポイントになるのが医療現場で勤務する事と企業の一員として勤務する事の違いという事になります。このテーマに関しては今までにも何度かご説明をさせて頂いたのですが、やはり非常に大事な要素として今後も繰り返しご説明が必要な事だと考えております。そこで今回も改めてこの違いについてご説明させて頂きたいと思います。

 

実は本日、ある医療機関の採用担当者の方とお話をさせて頂く機会がありました。そのお話の中で仰っていた事が「医療に関わる人にとっての仕事のモチベーションは目の前で困っている人を救ってあげる事、困っている人を助けてあげる事なんです。つまり患者を救う、病気を治して回復させてあげるという事は医療に関わる人達にとっては最大の仕事のモチベーションになっている」という事を伺いました。

 

確かにその考え方は以前から私自身も気が付いていた事でした。今まで医療現場で勤務してきた看護師や臨床検査技師、薬剤師の方々のお話を伺っている中で医療現場で働く方々の気持ちについては何となく理解していたつもりでした。そして本日、改めてこのようなお話をお伺いした事で「やはり」と感じ取りました。実際に治験業界に転職して企業の一員になって仕事をスタートすると、元々医療現場で勤務してきた感覚と企業で勤務する事の感覚の違いに惑わされて、仕事に対するモチベーションが下がってしまう人も非常に多いというのが現実です。

 

では医療現場と企業で働く事の大きな違いは何かと言いますと、医療機関で働く場合には、先でも述べたように困っている人、苦しんでいる人の為に働く、つまり相手に対して直接的に貢献する事が出来る仕事であるのに対し、企業で働くというのは企業の発展、存続のため、つまり利益を追求するために働くという事になり、直接的に相手のためになる仕事ではないという点が最も大きな違いになるのです。この違いを感じ取った時に「自分は何のために仕事をしているのか?」という事に疑問にぶつかってしまい、治験コーディネーターとして勤務する事が嫌になってしまい、最悪の場合、早期での退職という事に繋がっていく事になります。

 

企業で働くようになれば残念ながら患者の治療を行う事は出来なくなります。治験コーディネーターも一見、患者と接する仕事ですので治療の一環と勘違いされてしまう事も多いのですが、そのような事は一切出来ない立場になりますので、その点に関して、あらかじめ認識しておく事が大事だと思います。この認識を持っているか否かで治験コーディネーターとしての勤務が成功するかどうかに大きな影響を与える事になります。転職する前にまずは、この点について改めてご認識下さい。

 

==================================

【治験コーディネーター(CRC)へ転職してみませんか!】

※匿名でのお問い合わせも可能です!まずはお気軽にご相談下さい。

       ↓  ↓  ↓

【治験業界への転職相談はこちらをクリック】

==================================

 

 

 

治験コーディネーターに求められる新たな要素

images (6)

 

いつも当ブログをご覧頂きまして誠に有り難うございます。9月に入ってからまだ一度も書き込みを行う事が出来ないで居りましたが、ようやく久し振りに書き込みをさせて頂きたいと思います。今回は治験コーディネーターに求められる新たな要素について、というテーマで記載致します。具体的にどういうことかと言いますと、以前から治験コーディネーターへの転職の門戸は狭くなりつつあるという事をお伝えしてきたかと思いますが、何故そこまで狭くなってきたのかについて私なりに気が付いた事がありました。それは今までに無かった要素が求められ始めているのです。その要素とは一体何かについて考えてみたいと思います。

 

つい1週間ほど前ですが、この8月、9月に新たに治験コーディネーターとして採用された方お二人とお会いしてお話しをさせて頂く機会がありました。(ちなみにお二人が採用された企業は大手SMOの一つになります。)お二人は共に医療に関する資格をお持ちでは無いのですが、見事に治験コーディネーターとして採用された強者です。恐らく相当な難関を突破して見事に採用されたのだと思います。ではどうしてお二人が採用してもらう事が出来たのか、それはお話をしている中で徐々に見え始めて来たのです。

 

まず前提としてコミュニケーション力が非常に高いという事です。これは以前からお伝えしていましたが治験コーディネーターとして勤務するには高いコミュニケーション力が求められます。この点に関してお二人は非常に高いコミュニケーション力をお持ちでした。そして更に気が付いた事はお二人共に物事をロジカルに考える事が出来る人だという事でした。「ロジカル=論理的」という事になりますが、正しく何かを実行する時に、よりリアルに、具体的に物事を考える事が出来る方々だったのです。今後のご自身の人生設計についてもしっかりと考えていらっしゃり、目的を達成するための手段や経緯についても、しっかりと考えていらっしゃいました。

 

そうなんです。治験コーディネーターにもロジカルシンキングが求められてくるのではないかと思ったのです。ただ与えられた仕事をこなしていくだけでは半人前で、結果を出すためには何をすべきか自分で考えて実行する、そして結果を出す事が出来る人が求められ始めているのです。これが出来る人は本当に少ないと思いますが、逆に出来る人であれば資格が無くても経験が無くても、将来的には周囲の方々を飛び越えて成長されるんだろうと思ってしまいました。

 

治験コーディネーターは、ある意味サービス業であると言われています。相手に満足して頂けるサービスを提供する事が仕事になります。満足して頂くためには何をすべきか、きっとお会いした二人ならそれが出来ると勝手に思ってしまいました。今後、治験コーディネーターとして働く際には、このような考え方が出来る人が求められるのは間違いないと思いました。

 

==================================

【治験コーディネーター(CRC)へ転職してみませんか!】

※匿名でのお問い合わせも可能です!まずはお気軽にご相談下さい。

       ↓  ↓  ↓

【治験業界への転職相談はこちらをクリック】

==================================

(c)2014 リノゲート株式会社 CRC(治験コーディネーター)の転職・求人相談
▲TOPへ戻る