【治験コーディネーターへの転職】治験コーディネーターに転職した後の注意点

images (6)

 

今までに数多くの方々の転職のお手伝いをさせて頂いてきた中で、何度も目にしてきた光景についてお話しさせて頂きたいと思います。それは治験コーディネーターに転職してまだ間もない頃のお話になるのですが、皆さん難しい試験を通過して見事、治験コーディネーターへの転職を果たし意気揚々として入社される事になるのですが、1ヵ月から2か月ほど経過した段階でコンタクトを取ってみると、入社した当初とは違って大きなスランプにはまっていたり、高い壁に阻まれてもがいている人が非常に多いという事に気が付きます。

 

転職をすれば、どのような仕事においても慣れるまでの間というのは様々な事に対して気を使いながらの仕事になりますので、普段よりも疲れやすい状態である事は間違いないと思うのですが、治験コーディネーターに転職した方々の様子を見ていると、その疲れ方が半端ない事が多いです。疲れ過ぎてしまって今すぐにでも辞めてしまうのではないかと思えるような状況に陥っている人も多くいます。そこで私としてもご本人のお話を聞いてみて、何故そのような状況になってしまったのかを確認するのですが、ほとんどの人が全く同じような理由で悩んでいるという事が分かってきました。

 

悩んでいる一番の理由ですが、それは企業の考え方と医療の考え方の違いに馴染めないという事に辿り着きます。以前にも何度かご説明をさせて頂いた事があったかもしれませんが、企業の体質は基本利益を追求する事、医療現場の体質は患者を救う事、これが各現場で勤務している方々の目標という事になります。この二つの違いに関しては頭の中ではほとんどの方がイメージする事が出来るのですが、実際に勤務をスタートしてみると、その違いの大きさに多くの方が驚かされてしまうという事のようです。

 

そして積もり積もった違和感が爆発寸前に到達してしまうのが入社してから1~2ヵ月ほど経過した頃、という仮説に繋がります。中にはどうしても馴染む事が出来ずにこのタイミングで退職される人もいるくらいです。ではどうすれば馴染む事が出来るのかと言いますと、それは転職する前の段階で違いについてしっかりと理解して、少しでもそのルールに従っていけるように事前の理解などが必要ではないかと思っております。漠然としたイメージではなく、具体的に理解しておく事が大事です。そうする事で実際に入職した後に感じる違和感は少なくて済むと思います。違いについてイマイチ理解に苦しんでる人が居ればお気軽にご相談下さい。

 

==================================

【治験コーディネーター(CRC)へ転職してみませんか!】

※匿名でのお問い合わせも可能です!まずはお気軽にご相談下さい。

       ↓  ↓  ↓

【治験業界への転職相談はこちらをクリック】

==================================

【治験コーディネーターへの転職】応募する企業の選び方

images (4)

 

いつも当ブログをご覧頂きまして誠に有り難うございます。いよいよ10月も終盤に差し掛かり早いもので2017年も残り2ヵ月という事になってきました。さて先日もお伝えしましたようにこれから年明け、来年の4月という転職時期のピークを迎えるにあたり、具体的にどこの企業に対して応募しようか検討されている人も多いのではないかと思います。合格したい気持ちを最優先させるのであれば、可能性がある企業に対して全て応募するというやり方を取る事も出来るかもしれません。その方が数多くの企業に応募する事が出来る分、合格する可能性は高まるかもしれません。しかし現実的には仕事をしながらの転職活動という事になると思いますので、多くの企業に応募したいと思っても現実的には時間的な問題などもあり難しいような場合も出てくると思います。では限られた時間の中で、より効率よく転職活動を行うにはどんな方法を取ると良いのか、今回はその方法について考えてみたいと思います。

 

まずポイントになる考え方としては、いかに効率よく活動する事が出来るかという事です。そうなればある程度、応募する企業の件数を絞り込んで活動していく事になります。では絞り込みを掛ける際にどんな点に気を付ければ効率よい絞り込みが出来るかと言いますと、まずは候補となる企業を規模や特徴別に分類してみる事が大事です。

 

具体的にどういう事かと言いますと、

◆規模

大手企業、中堅企業、小規模企業という事で3つ位のレベルに分けます。そして大手企業の中から1社、中堅から1社、小規模から1社をそれぞれ選び応募する方法です。こうする事で各規模の企業に対するイメージを掴んで頂く事が出来るようになります。同じ規模感の企業であれば全く同じとまでは言いませんが他の企業もおおよそ同じような感じになりますので自身にとって、どんなレベルが合っているのかが分かりやすくなります。

 

◆内容

企業によって「ある領域に特化している」「治験専門クリニックを持っている」「外部の施設を複数掛け持ちで勤務する」といったようにタイプの違う形態の会社が存在します。これも各タイプ別にそれぞれ1社程度ピックアップして応募してみるという方法をお薦めします。そうする事によって各タイプ別の特徴などを確認する事が出来ますので、最終的にご自身に一番合ったタイプを選ぶ事が出来るようになる訳です。

 

こんな感じでタイプ別に分類する事で絞り込んだ企業の中から、より効率よく幅広い話を聞き出す事が出来るようになり、結果的に自分にピッタリの企業タイプを判断する事が出来るようになります。私共の方から求人をご紹介させて頂く際にも、このようにパターン分けして対応させて頂いております。そもそもパターン分けする事が難しいような場合には私共の方から求人をご案内させて頂く事も可能です。ご希望の際にはお気軽にお申し付け下さい!

 

==================================

【治験コーディネーター(CRC)へ転職してみませんか!】

※匿名でのお問い合わせも可能です!まずはお気軽にご相談下さい。

       ↓  ↓  ↓

【治験業界への転職相談はこちらをクリック】

==================================

 

自己PRは実績を元に考えるべき!

いつも当ブログをご覧頂きまして誠に有り難うございます。これから年末年始、来年4月に向けて治験業界でも転職のピークの時期を迎える事になります。冬のボーナスを貰った後に退職して年明けからの勤務開始、年度末である3月末で退職して4月からの転職を考えている場合など、これからが1年の中でも最も転職希望者が転職活動を開始するタイミングという事になります。

 

転職活動をスタートするにあたり、皆さんの方で必ず手掛けていかなければならない事として「履歴書」や「職務経歴書」の準備が挙げられます。具体的に各企業に応募の手配を行う際にはこの2つの書類を作成して提出する事になるためです。この書類を作成して頂く際に必ずと言って良いほど記載して頂く事としまして「自己PR」や「志望動機」が挙げられるという事は今までにも何度かお伝えさせて頂きました。志望動機も非常に重要な要素になるのですが自己PRを書いて頂く際にも非常に大事な要素になります。ただ自己PRを書くというのは多くの方々が慣れていない場合が多く、どんな事を書いたら良いのか迷われれている人もいます。そこで今回は自己PRを書いて頂く際のポイントについて簡単にご説明させて頂きたいと思います。

 

まず自己PRを書いて頂く際の最大のポイントは何かと言いますと「自分で自分を褒めてはいけない」という事になります。自己PRってそういう物ではないのかと思われた人も多いのではないかと思いますが、自分で自分を褒める書き方は読む人によっては評価を下げてしまう可能性があるのです。それはどういう事かと言いますと、例えば「私はコミュニケーション力に自信があります」という事を書いたとします。一見、良くある自己PRに思えるかもしれませんが、見る人によっては「そもそもコミュニケーション力があるか否かは自分で評価するのもではなく、他人が判断するものである」という捉え方に繋がるのです。なので自分で自分を褒めてはいけないのです。

 

ではどんな書き方がベターかと言いますと、過去に実際に残してきた実績を基に「どうやったらその結果を出す事が出来たのか」「良い結果を出すために行ってきた事」など、具体的に何をしたら良い結果が出せたのかを記載する事です。この方法であれば実際に結果を出す事が出来たこと自体が自分をPRする事に繋がり、更に具体的な方法論を記載する事で物事の考え方や仕事への取組み方法などをアピールする事が出来るようになるのです。これが結果的に最大の自己PRに繋がると考えております。

 

企業というのは何だかんだ言いまして結果を重視する風潮があります。ですので良い結果を出すために具体的にどんなやり方をしてきたのかをお伝えする事は結果的に自分自身をアピールする事に繋がるのです。自己PRを考える際には、まず過去の自身が残してきた実績を掘り返し、その中でアピールしやすいネタを考えてみると良いと思います。実際に考えるにあたりご不明な事などございました際には私共宛にお気軽にご相談下さい。

 

==================================

【治験コーディネーター(CRC)へ転職してみませんか!】

※匿名でのお問い合わせも可能です!まずはお気軽にご相談下さい。

       ↓  ↓  ↓

【治験業界への転職相談はこちらをクリック】

==================================

 

治験コーディネーターの2つの働き方について

images (2)

 

同じ治験コーディネーターとして勤務する際にも大きく分けて二つの働き方が存在します。1つは所属している医療機関、もしくは企業などが運営している治験専門のクリニックなどで院内CRCのような立場で勤務する場合、もう一つは企業と提携している外部の施設に出向いて勤務する外部就労型の大きく分けて二つの方法が存在しております。

 

一般的にSMOと言われる企業のCRCとして勤務する場合ですが、多くの場合が外部施設に出向く外部就労型をとっている場合が多く、こちらの働き方が主流になっていると言えます。では実際に勤務している方々の目線で見た時に、院内CRCタイプと外部就労型タイプではどんなメリット、デメリットが考えられるのでしょうか。2つを比較してみたいと思います。

 

二つの形態を比較した際に最も大きな違いとなるのが、日ごろ仕事を行う環境の違いという事になります。院内CRCタイプの場合には毎回、同じ職場で見慣れたメンバーと一緒に仕事を行う事になりますので、仕事の手順や周りの人達への気遣いという面において、あまり負担に感じる事無く対応する事が出来るのではないかと思います。

 

一方、外部就労型はと言えば、外部の施設に出向いて仕事を行う訳ですから、そもそも治験コーディネーターの立場は外部の人間という事になります。また一緒に仕事を行うメンバーも同じ職場の人間ではなく、たまたま担当する治験に関わるメンバーとして知り合った人同士が一緒になって仕事をする事になりますので、慣れないメンバー同士、お互いに気を使いながら作業を行う事も多くなるのではないかと思います。更に企業によっては一人の治験コーディネーターが複数の施設を同時に対応するような事もあるので、そうなると尚更、慣れない場所で勤務をする頻度が高まり。より苦労度が増す事にもなります。

 

しかし考え方次第では、苦労が多いほど治験コーディネーターとしてのスキルやその人個人のヒューマンスキルなどについては、外部就労型の方が高いスキルを身に付ける事も出来ます。一方で「気遣いはしたくない」とか「出来れば慣れた環境で勤務したい」と考えているような人の場合には院内CRCタイプを選択するという事で、自分に見合った仕事を探し出す事も出来るようになると思います。

 

このような違いを理解しておく事で治験コーディネーターとしての働き方にも幅が広がるのではないかと思います。まずはご自身がイメージしている仕事環境はどちらのパターンに近いのか見比べて頂き、相応しい方でご活躍される事をお薦め致します。

 

==================================

【治験コーディネーター(CRC)へ転職してみませんか!】

※匿名でのお問い合わせも可能です!まずはお気軽にご相談下さい。

       ↓  ↓  ↓

【治験業界への転職相談はこちらをクリック】

==================================

 

 

 

(c)2014 リノゲート株式会社 CRC(治験コーディネーター)の転職・求人相談
▲TOPへ戻る