【治験コーディネーターへの転職】その情報、本当に正しい情報ですか?

s__S1C2188_sss

 

いつも当ブログをご覧頂きまして誠に有り難うございます。気が付いてみたら4月も中盤を過ぎ、世間も新しい期に少しずつ慣れ始めてきた頃ではないかと思っています。治験コーディネーターへの転職に関しても、4月という最も大きな節目を迎え一旦は転職活動自体が落ち着くタイミングではありますが、これから夏に向けて、また少しずつ転職を考え始める人の数が増えてくる事になります。

 

さて転職活動を進めていく中で特に治験コーディネーターへの転職活動について考える場合、他の職種以上に紹介会社を利用する人の割合が高いようです。その理由としては治験業界というものについて明確なイメージを持っている人が少なく、治験に関する情報収集も含めて紹介会社にお願いしたいと思っているような人が多いためだと考えられています。もちろん紹介会社をご利用して頂く事は私共にとっても有り難いお話ではありますが、今までに皆さまから聞いてきたお話から推測するに、中には「この紹介会社は一体どうなんだろう?」と思わずにはいられないような会社も存在するようです。

 

先日、私がご案内していた方より聞いた話によりますと、この方ですが私共の所にご相談に来る前に別の紹介会社に依頼して治験コーディネーターへの転職活動を行っていたようです。その際にいくつかの求人を紹介されたようですが、どこの会社が良いか悪いかの判断もつかないまま紹介会社の言いなりで早速、応募の手配を進めていったようなんです。しかし応募したのは良いのですが、なかなか良いお返事を頂く事が出来ず面接にすら参加する事が出来ない状態が続いたようです。結果的にどの企業からも面接のお誘いを受ける事が出来ずに全滅してしまったという事でした。

 

そこで早速、私の方では何故全滅してしまったのか、そもそも何処の企業に応募したのかなど、一通りの状況を確認してみたところ、一発で理由が見えてしまいました。それは応募していた企業は全て経験者中心の採用を行っている企業であり未経験者に対してはハードルを高く設定し、余程良い方でない限り採用して頂けないような状態だったのです。

 

当然ご本人はそのような背景については知らない訳であり、更には他に応募出来るような企業があるにも関わらず、何故これらの企業を薦めたのか、その理由が全く理解出来ない状況でした。何が言いたいのかと言いますと治験業界への転職の場合、治験について分からない事が多いから紹介会社を利用して転職したいと考える人が多い中で、そこを逆手に取るような会社が存在する事への注意喚起という事になります。本当に皆さんの事を思ってくれるような会社であれば正しい情報を提供してくれるはずです。人生を狂わされる前に、信用出来る紹介会社を選ぶように気を付けて下さい。

 

 

(c)2014 リノゲート株式会社 CRC(治験コーディネーター)の転職・求人相談
▲TOPへ戻る