【治験コーディネーターへの転職】未経験者が採用してもらうために必要な事

_S1C2884_sss

いつも当ブログをご覧頂きまして誠に有り難うございます。いよいよ5月に突入しました。今年は特に暑い日が多いようで既に真夏のような感じですね(汗)5月と言えば4月から新たな勤務先に入社した方々がちょうど1ヵ月を迎えるタイミングです。早い人だと新しい環境に慣れ始める頃でもありますが、逆に今頃から職場に対して嫌気を感じ始める人も出てくるタイミングです。ここを乗り切って仕事の本当の楽しさや、やり甲斐を感じれるように今後も頑張って頂きたいと思っております。

 

さて今回ですが改めて治験コーディネーター未経験者が転職活動において上手く勝ち抜くための術について考えてみたいと思います。今でもそうですが治験コーディネーターの採用に関しては実務経験がある人が圧倒的に有利な状況になっております。そんな中で未経験者が上手く採用してもらうためには一体どんな事に注意したら良いのか考えてみましょう。

 

まず企業側が治験コーディネーターの経験者を採用したいと考える一番の理由について考えてみましょう。その理由と言えばズバリ「即戦力」を採用したいと考えているためです。つまり研修や教育を必要とせず、入社後すぐに戦力として働ける人材を採用したいと考えているからなのです。その点で治験コーディネーター未経験者は全く経験が無い訳ですから、その差は残念ながらどうやっても埋める事が出来ません。では未経験者が経験者のように評価してもらうためには何をしたら良いのかと言いますと、それは「将来の伸びしろがある」事をアピール出来るかという事になります。具体的に言えば、やる気、治験への興味度、治験コーディネーターを志望した理由などを、どれだけ具体的に自分の言葉で話せるかだと思います。採用担当者は過去に多くの人の面接に参加していますので、どんな考え方を持った人が将来成長するか分かっています。そのイメージにどれだけ近付く事が出来るかという事になります。

 

企業側の本音としては出来れば治験コーディネーターの経験者を採用したいという事になりますが、実際には経験者は人数が限られている事もあり、経験者だけを採用して必要な人員の確保が出来るかと言えば決してそうではありません。人員を確保するためには経験者だけではなく未経験者を採用する事も必要な場合が多くなります。言い換えると未経験者にも採用して頂ける枠自体は存在するのです。ただし数は少ないです。その少ないチャンスをものにするためには先でも述べたような事をしっかりと準備する事が必須です。諦めずに頑張ってチャンスを掴んで下さい!

 

 

(c)2014 リノゲート株式会社 CRC(治験コーディネーター)の転職・求人相談
▲TOPへ戻る