【治験コーディネーターへの転職】SMOのCRCと院内CRCの違いについて

いつも当ブログをご覧頂きまして誠に有り難うございます。今回は治験コーディネーターの中でも院内CRCについて記載してみたいと思います。一般的には治験コーディネーターの求人という事になればSMOにて勤務している治験コーディネーターを指す事が多くなりますが、世の中の求人をよーく探してみると院内CRCの求人を見掛ける事があります。実は数は少ないですが院内CRCの求人を出している事も多いのです。そこで今回は院内CRCについてSMOのCRCとは何が違うのか、簡単にまとめてみたいと思います。

 

院内CRCとSMOのCRCを比較した際に最も大きな差となるのが雇用主の違いという事になります。SMOの場合にはSMOという企業が雇用主になり院内CRCの場合にはクリニックや病院などの医療機関が雇用主になります。ではこの違いから何が生じるかと言えば治験コーディネーターの業務内容に大きな違いが生じます。その最大の違いの一つが医療行為という事になります。院内CRCの場合には看護師や臨床検査技師など資格を活かして勤務している方々と何ら変わる事がありません。つまり採血などの医療行為を行う事が可能なのです。それは治験コーディネーターとして勤務していたとしても同じで医療資格さえあれば医療行為を行う事が可能です。

 

一方でSMOに属する治験コーディネーターは雇用主が企業になり、企業から医療機関に派遣(出向)させられているという背景がありますので、医療行為を行う事が不可能になります。これは看護師や臨床検査技師などの医療資格をお持ちの人でもNGという事になります。

 

もう一つの大きな違いは役割です。院内CRCの場合には仕事を遂行する目的は良くも悪くも正しいデータをを求める事になります。そのためにはスピードなどは度外視して質の高い治験を実施する事を求めます。一方でSMOのCRCは以前にも記載しましたが会社に貢献する事、つまりサービスを提供する事が仕事になります。この違いを理解した上で自分自身はSMOなのか院内なのかについて考えてみても良いかと思います。

==================================

【治験コーディネーター(CRC)へ転職してみませんか!】

※匿名でのお問い合わせも可能です!まずはお気軽にご相談下さい。

       ↓  ↓  ↓

【治験業界への転職相談はこちらをクリック】

==================================

【治験コーディネーターへの転職】サービス業であるという認識が大事です。

いつも当ブログをご覧頂きまして誠に有り難うございます。皆さんもご存知の通り、治験に関連する仕事という事になりますと医療に関する仕事であるというイメージをお持ちの人も沢山いらっしゃるかと思います。それは間違いではありませんし、実際に勤務している方々も看護師や薬剤師、臨床検査技師など医療系資格をお持ちの方々になります。

 

一方で治験コーディネーターとして勤務する際ですが民間の企業に属して勤務する事になります。企業で勤務する事になれば利益を上げる事が最重要であり、利益が無ければ会社は存続しないでしょうし、その結果、働いている方々の給与が支払われなくなり生活する事が出来なくなってしまうのです。

 

では治験コーディネーターが仕事を通じて利益を上げるためには具体的にどんな事をすべきなのか、という事を考えてみましょう。その答えは治験の依頼者である製薬メーカーより、より多くの仕事を頂く事で会社全体での売り上げを積み上げていくという事ではないかと思います。では製薬メーカーより多くの試験の依頼を受けるためには何をすべきかと言えば、それは結果を出して製薬メーカーから信用を得る事ではないかと思います。では治験業界で結果を出すというのは何を指しているのかと言えば「質」「スピード」共に製薬メーカーに満足して頂く事ではないかと思います。つまり満足という無形の結果を出す事を要求されているという事になります。

 

実は治験業界で求められている事は、このサービスではないかと思っています。相手に対してサービスを提供し満足して頂く。その結果として仕事のリピートを頂く事が出来る。それが企業の売上や利益に繋がるという仕組みです。その最前線で働いている治験コーディネーターは正に顧客に対してサービスを提供している仕事であると言えます。そのため治験コーディネーターとして成功するためには、この「サービス」について理解しておく事が大事なのです。ここが分かれば治験コーディネーターの本質が分かるのではないでしょうか。改めてサービスについて考えてみて下さい。

 

==================================

【治験コーディネーター(CRC)へ転職してみませんか!】

※匿名でのお問い合わせも可能です!まずはお気軽にご相談下さい。

       ↓  ↓  ↓

【治験業界への転職相談はこちらをクリック】

==================================

 

【治験コーディネーターへの転職】経験者と未経験者について

いつも当ブログをご覧頂きまして誠に有り難うございます。治験コーディネーターの求人について確認しますと、その応募条件について「経験者のみ」もしくは「未経験者でも可能」いずれかの条件になっております。ここで言う経験者というのは治験コーディネーターとしての実務経験がある人の事を指しているのですが、概ね1年以上の実務経験がある人の事を指している場合が多くなります。一方の治験コーディネーターの未経験者というのは過去に治験コーディネーターとしての実務経験が無い人の事を指しているのです。

 

では企業側が経験者と未経験者のいずれを採用したいと考えているのか、と言いますと圧倒的に経験者を最優先して採用を検討している場合が多くなります。その理由として最も多いのが「即戦力」を採用したいと考えている企業が多いため、という事になります。経験者であれば入社した後に研修を行うような必要はありません。そのためすぐに現場に出て頂く事が出来ますので企業側としては手間暇だけではなく費用抑える事が出来ます。未経験者の場合には1から研修を行ったり現場に出てから一人で実務を行う事が出来るまでに時間が掛かる為に企業としては、その分だけ負担が大きくなってしまうデメリットがあるのです。

 

しかし一つだけ未経験者が好まれる理由もあります。それは「染まっていない」という事です。企業の理念や方針を教えやすいという事です。他の企業で経験を積んできている経験者は一度思えた事を覆す事が難しい場合があります。しかし未経験者の場合には全てが真っ新なので、企業がイメージした通りの教育が出来るという利点があります。

 

つまり未経験者が治験コーディネーターに転職する際ですが、このような志向の企業を選ぶ事で採用して頂きやすい可能性が出て来ます。ではその企業は何処なのか、私共の方では具体的に情報を持ち合わせていますので、気になる方がいらっしゃれば、お気軽にご相談頂ければ幸いです。

 

==================================

【治験コーディネーター(CRC)へ転職してみませんか!】

※匿名でのお問い合わせも可能です!まずはお気軽にご相談下さい。

       ↓  ↓  ↓

【治験業界への転職相談はこちらをクリック】

==================================

【治験コーディネーターへの転職】最低でも3年間勤務する事が大事

いつも当ブログをご覧頂きまして誠に有り難うございます。これは治験コーディネーターの仕事に限った事では無いかもしれませんが、一度転職したとすれば最低でも3年以上は勤務を継続した方が良いというお話をさせて頂きます。

 

そもそも治験コーディネーターとして勤務する際ですが、一般的には治験コーディネーターとして3年以上の勤務経験がある人が一人前としてみなされる事が多くなります。つまり3年以上の勤務経験がれば、社内での信用もそれまでに比べてグッとアップする可能性がある事を示唆しています。では何故3年という期間が設けられているのかと言いますと、大きく分けて2つの意味が含まれています。

 

一つは3年経験を積めばほとんどの場合、治験のスタートから終了までの一連の流れを経験する事が出来るようになるためだと言われています。経験値を積んでいく中で最も大事な事は治験をスタートから終了するまでの全ての流れとして経験を積む事になっています。治験の場合、試験の途中からアサインされるような事もあり実は一通りの経験を積むまでには、そこそこの時間を要する事も有ります。そのため一通りの経験を積んでいる事はとても重要な意味を成しているのです。

 

次に言われているのは会社の経営面に関する話ですが、実は未経験として治験コーディネーターとして入社しても初めの1~2年は会社に貢献出来ていない事が多く、先行投資をしているような状況になります。この状況を脱して会社に貢献出来るようになるのが正に3年後くらいと言われています。そのため会社としては最低でも3年間は勤務して頂かないと先行投資のままで回収する前に退職されてしまう事になってしまうのです。

 

このような事を考えますと最低でも3年間は勤務して欲しいと考えているのが企業の本音という事になります。これから治験コーディネーターに転職を考える皆さんは是非、この3年という期間を意識して取り組んで頂きたいと思っています。

 

==================================

【治験コーディネーター(CRC)へ転職してみませんか!】

※匿名でのお問い合わせも可能です!まずはお気軽にご相談下さい。

       ↓  ↓  ↓

【治験業界への転職相談はこちらをクリック】

==================================

 

 

(c)2014 リノゲート株式会社 CRC(治験コーディネーター)の転職・求人相談
▲TOPへ戻る