【治験コーディネーターへの転職】医療行為が出来なくなる事への不安

いつも当ブログをご覧頂きまして誠に有り難うございます。以前から何度もお伝えさせて頂いているように治験コーディネーターとして勤務している方々の多くは看護師や薬剤師、臨床検査技師といった医療系の資格を持っている方々が大半を占めております。何故ならば採用する企業側が様々な理由の下、これらの資格をお持ちの方々を最優先で採用してきた結果、今のような状況になっているのです。

 

こうなりますと一見、治験コーディネーターとして勤務する際には医療系の資格が必須なのかと思われてしまいますが、実は必須ではありません。何もお持ちでない方々でも十分に治験コーディネーターとして勤務して頂ける可能性があるのです。

 

しかし考え方によっては折角取得した資格が活かせないという事にも繋がります。特に医療系の資格をお持ちの方であれば医療行為が出来るというメリットもありますが、治験コーディネーターとして勤務して頂く場合には医療系の資格をお持ちの方でも医療行為を行う事が出来なくなります。これは法律上のルールになるのですが、治験コーディネーターの立場はSMOという企業から提携先の医療機関に派遣されているという立場になります。法律上、派遣された人間が医療行為を行う事が原則禁止されているという事になり、それに該当する治験コーディネーターは医療行為を行う事が出来ないのです。

 

この点に関して今までバリバリ医療行為を行ってきた方々にとっては、とても手持ちぶさたを感じてしまう事になるようです。またしばらくの間、医療行為から離れていると再び臨床の現場に戻る際に、すぐに復帰出来るのか不安にかられてしまうような事も有るようです。

 

医療現場にいた方々にとって医療行為を行う事は非常に大きなポイントです。これが出来る出来ないという事についてもしっかり考え検討して頂いた方が良いと思います。治験コーディネーターへの転職をお考えの際には十分にご検討下さい。

 

==================================

【治験コーディネーター(CRC)へ転職してみませんか!】

※匿名でのお問い合わせも可能です!まずはお気軽にご相談下さい。

       ↓  ↓  ↓

【治験業界への転職相談はこちらをクリック】

==================================

 

 

 

 

 

【治験コーディネーターへの転職】発想を転換する事の重要性

いつも当ブログをご覧頂きまして誠に有り難うございます。治験コーディネーターに転職する際の大きなハードルは何かといいますと、やはり「企業に転職する」という事ではないかと思います。治験業界への転職を志望される方々の多くは元々、医療機関で勤務していた方が多くなります。そのような方々が治験業界に転職するとなった場合には、所属する先が医療機関から企業に変わる事になります。では企業に変わった場合、医療機関で勤務していた時と何が一番違うのかと言えば、それは仕事を行う際の目的意識という事になるのではないかと思います。

 

医療機関で勤務していた際には目の前で苦しんでいる患者を救う事が最大のミッションになります。お金の為や名誉のためではなく困っている人を救う事になると思います。しかし企業で働くという事になれば、企業のために利益や売り上げを追求する事が最大のミッションという事になるのです。この違いが引き起こす事は何かといえば、「私はこんなことをするために治験業界に転職したのではない」といった考え方を生み出してしまい、その結果、退職してしまう人を生み出す事になると思います。治験業界に転職した本当の理由は新薬を開発して世の中に貢献したいと考えていた人も多いはずです。しかし実際には企業の利益の為に働いているような現実に嫌気が差してしまい退職するという事になるのです。

 

こんな感覚に陥ってしまった場合、唯一、一つだけ気持ちを入れ替える方法があります。それが発想を転換してみるという事です。具体的にどのような事を指しているのかと言いますと、皆さんが陥ってしまうのは企業の為、会社の為、利益のために働いている事が嫌なのだと思います。しかし企業で働く以上は利益を出さなければ存続する事は出来ませんし下手をすれば自分の給料がもらえない事にもなります。なので企業で働くというのは利益を出す事が大前提なのです。ではそんな環境の中で上手く馴染むためにはどうしたら良いかと言いますとズバリ発想を転換するという事になります。具体的には「世の為、人の為になるような仕事をする。その結果、利益が生み出される」という発想です。多くの場合、企業の為、会社の為、利益の為が先に来てしまいがちですが、そこで逆の発想をする事で仕事への取り組み方は大きく変わると思います。

 

今の仕事環境に悩みを抱えている方、是非、逆転の発想をしてみて下さい。何か見える物が変わると思います!

 

==================================

【治験コーディネーター(CRC)へ転職してみませんか!】

※匿名でのお問い合わせも可能です!まずはお気軽にご相談下さい。

       ↓  ↓  ↓

【治験業界への転職相談はこちらをクリック】

==================================

 

 

 

【治験コーディネーターへの転職】一番の腕の見せ所について

いつも当ブログをご覧頂きまして誠に有り難うございます。治験コーディネーターが実際の業務を行う際に最も重要視されるポイントがあります。それは如何に早く治験に参加して頂く患者を集める事が出来るかどうか、という事になります。治験には、そもそも治験実施計画書という製薬メーカーによって作成された台本のような物があります。ここに治験を実施する際に守るべき内容について一通り記載されております。そこにはスケジュールなどの記載もあり、治験をスタートしてから終了するまでの期間についても予め決められています。つまり治験を実施する際には、この治験実施計画書に基づいて治験を遂行していく事が求められるのです。仮に当初、予定していたスケジュール通りに治験が進まなかった場合には、計算していた以上の費用が掛かってしまうなどの問題もありますので、治験の依頼者である製薬メーカーの立場で考えれば計画書に記載された通りに治験を実施したいと考えているはずです。

 

しかし治験を実施する上で最もキーとなるポイントは治験に参加して頂く患者(被験者)を集める作業という事になります。花粉症やインフルエンザワクチンの試験など労せずに患者を集められるような内容であれば良いのですが、中には希少疾患の試験を行うような場合もあります。その際には患者の数自体が少ない事と条件が適合する患者が少ない事が混ざり合い、なかなか適合している患者を集めるのが難しくなります。実は治験を実施する流れの中で患者を集める作業が最も時間が掛かる作業であるという事になります。

 

そのため治験コーディネーターは1日でも早く患者が集まるように努める必要があり、仮に適合する患者が出てきたら、速やかに治験に参加して頂くための同意を取る事になります。ここで確実に同意が取れる治験コーディネーターと取れない治験コーディネーターでは、その評価が大きく変わってくる事になると思います。実際に治験コーディネーターとして勤務して頂く際には、どうやったら早く患者を集める事が出来るのか、そこをしっかりと考えて頂き、周りから認められる治験コーディネーターになって頂きたいと思います。

 

==================================

【治験コーディネーター(CRC)へ転職してみませんか!】

※匿名でのお問い合わせも可能です!まずはお気軽にご相談下さい。

       ↓  ↓  ↓

【治験業界への転職相談はこちらをクリック】

==================================

 

【治験コーディネーターへの転職】如何なる仕事でも重要視される事

いつも当ブログをご覧頂きまして誠に有り難うございます。今日は少し本題からは逸れてしまうかもしれませんが、仕事をする上で最も大事な要素について改めて考えてみたいと思います。将来的に仕事で成功する際には絶対に必要な要素だと思います。今後、皆さんが仕事で上手く成功するための参考にして頂ければ幸いです。

 

私共の会社では治験業界への転職のサポートだけではなく、医師の転職のお手伝いもさせて頂きます。私自身も今はやりの二刀流なんて凄い事は言いませんが治験のご案内と医師のご案内とを並行して行っています。医師と言えば医療業界の中でもヒエラルキーのトップに君臨している絶対的な王者という事になります。そんな立場の医師が転職する際には引く手も数多で何ら心配する事はなうだろうと思われがちなのですが、実は医師の転職活動においてもしっかりと確認され評価される部分があるのです。

 

それは「人柄」という事になります。医師を採用する医療機関側が面接の際などに最も注意して見ているのが、この人柄という事になります。医師も病院やクリニックといった組織の一員として勤務する事になります。そのため職員や患者とのコミュニケーション力やチームワークを重んじる姿勢等がしっかりと見定められています。つまりチームワークを乱すような医師や職員に対して厳しい当たりをするような医師は好まれません。そのため評価が悪かった医師に対しては面接で不合格になる事もしばしばあります。

 

これは医師に限らずその他のあらゆる職業においても言える事ではないかと思っております。世の中の仕事の中で100%一人で行えるものなど、ほとんど存在しないと思います。という事は必ず誰かと接しながら仕事を遂行していく事になります。それもあって相手と上手く接する事が出来る能力は非常に大事な要素になるのです。

 

人柄が良い事は仕事を上手く遂行する際に大変大事な要素です。改めてご自身の振る舞いや言動などを振り返って頂き、周りに迷惑を掛ける事は無いか、周りから認められているかなど、振り返ってみても良いのでは無いかと思います。

 

==================================

【治験コーディネーター(CRC)へ転職してみませんか!】

※匿名でのお問い合わせも可能です!まずはお気軽にご相談下さい。

       ↓  ↓  ↓

【治験業界への転職相談はこちらをクリック】

==================================

(c)2014 リノゲート株式会社 CRC(治験コーディネーター)の転職・求人相談
▲TOPへ戻る