【治験コーディネーターへの転職】むやみに求人を紹介してくる会社

いつも当ブログをご覧頂きまして誠に有り難うございます。治験業界への転職を考える際ですが、勝手が分からず紹介会社を利用される人も多いのではないかと思います。もちろん利用する会社にもよりますが、紹介会社を利用して頂くというのは決して悪い方法ではないと思っています。しかし残念な事に同業である私共から見ても、そのやり方はまずいのではないか?と思ってしまうような方法で対応している紹介会社もあるようです。

 

その典型的なのが、手あたり次第、持っている求人案件をばら撒くような紹介会社です。本来であれば紹介会社が求職者の希望を聞き、それに見合った求人を絞り込んで紹介するというのが基本スタイルだと思うのですが、その絞り込みの作業を行わずに、抱えている求人案件を一斉にばら撒き、求職者に気になる求人を選ばせるような手法を取っているような会社も多いようです。この手法ですと各会社の特徴が分かりにくい事と、第三者から見て求職者がどこの企業と合っているのかが見えにくくなります。そのやり方であれば、なにも紹介会社に登録する必要はなく、求人のポータルサイトなどを利用して気になる企業に対して直接応募した方が手間が省ける事にもなりますし、採用して頂ける可能性もグッと高まる事になるのです。

 

むやみやたらに求人情報だけを投げてくるような紹介会社があった場合、そこは要注意です。もっと親身になって対応してくれるような所を探した方が近道になる気がします。

 

==================================

【治験コーディネーター(CRC)へ転職してみませんか!】

※匿名でのお問い合わせも可能です!まずはお気軽にご相談下さい。

       ↓  ↓  ↓

【治験業界への転職相談はこちらをクリック】

==================================

 

 

【治験コーディネーターへの転職】中小企業にも良い点はあります。

いつも当ブログをご覧頂きまして誠に有り難うございます。治験コーディネーターへの転職を考える際ですが、まず初めに皆さんが悩む部分としては、どんな企業に応募するかという事になるかと思います。治験に関する企業も大手と言われる企業から社員数もさほど多くなく、いわゆる中小規模と言われる規模の会社も存在しています。今までに私共の方でご案内させて頂いた方々の状況を確認してみますと、やはり大手企業を志望する人の方が割合が多くなっております。その理由としては「経営が安定している」「研修がしっかりしている」「実績が豊富」などの理由が多く挙げられると思います。

 

確かに上記で述べたような事は間違いではないと思いますので、大手企業を志望する人が多いのもうなずけます。しかし反面、応募する人が多いという事は採用試験の際の倍率が高くなり採用されにくい、という事も言えるのです。では中小企業の状況はどうかと言いますと、会社の経営の安定性や実績などに関しては大手企業には勝てない気もしますが、研修内容や関わる事が出来る業務の幅などに関して言えば、むしろ大手企業にも勝っているような部分も有ります。つまり社員数が少ない中小企業にとって一人一人の社員の存在はとても大きなものになります。なので研修もじっくり行います。また中小企業の場合、企業の経営に関するような事にも関わっていく事が出来たりもします。まず間違いなく大手では経験出来ないような部分にまで参画出来るというのは中小規模の企業だけが持っている特典という事になると思います。

 

中小と聞いてしまいますと何かと敬遠されてしまいがちですが、中小企業だから経験出来るような事も多々あります。ご自身にとって何がメリットなのか、まずはそこを確認して頂き、見合った企業に転職される事をお薦め致します。

 

==================================

【治験コーディネーター(CRC)へ転職してみませんか!】

※匿名でのお問い合わせも可能です!まずはお気軽にご相談下さい。

       ↓  ↓  ↓

【治験業界への転職相談はこちらをクリック】

==================================

【治験コーディネーターへの転職】お持ちの資格の特性をアピールする

いつも当ブログをご覧頂きまして誠に有り難うございます。治験コーディネーターへの転職を考える際ですが、皆さんもご存知の通り看護師や臨床検査技師、薬剤師など医療に関連する資格をお持ちの方々が重宝されます。その理由としては「医師や患者とやり取りした経験がある」「医学、薬学などの知識を有する」「カルテを読む事が出来る」「病院やクリニックなどの医療機関の内情に詳しい、慣れている」などの理由が挙げられると思います。

 

もちろん上記で述べたような事を、そのままアピールするのも悪くはないのですが、より自分自身をアピールするためには、それぞれお持ちの資格の特性つまり、他の資格ではなく、その資格だからこそ出来る事、知識として有している事、経験値などを全面に打ち出してみても良いのではないかと考えております。それが他の人との差別化に繋がると考えております。

 

例えば看護師を例に挙げてみますと、看護師は何と言っても医師や患者とやり取りする場面が多いと思います。つまり医師や患者とのコミュニケーション力という点では他を圧倒している気がします。また臨床検査技師の場合には日々、検査結果など細かなデータを扱うような場面が多いと思います。そこで緻密な作業に慣れている、もしくは検査数値に強いという点において他の資格を圧倒しています。薬剤師に関しては薬学についての知識は群を抜いています。また大学で治験について学んできている人も多いので薬学や治験について知識が圧倒的に強いです。

 

今回は看護師、臨床検査技師、薬剤師を例に挙げてお伝えしましたが、それ以外の資格に関しても、お持ちの資格の特性と治験コーディネーターとして必要な知識や技能と関連性のあるような事があれば、それをアピールする事で、より自身のアピールに繋がると考えております。そもそも自分のウリは何か、治験コーディネーターとして活動する際に必要な事は何か、その点を見極める事が転職活動を上手くクリアするための大きな戦略になると思います。

 

==================================

【治験コーディネーター(CRC)へ転職してみませんか!】

※匿名でのお問い合わせも可能です!まずはお気軽にご相談下さい。

       ↓  ↓  ↓

【治験業界への転職相談はこちらをクリック】

==================================

【治験コーディネーターへの転職】面接対策のポイントは?

いつも当ブログをご覧頂きまして誠に有り難うございます。治験コーディネーターへの転職を行う際ですが、面接でどれだけ良い対応が出来るかどうかが非常に大事であるという事は今までにも何度もご説明をさせて頂いたかと思います。そのため実際に企業の面接を受ける際には事前に面接対策を行う事をお薦めしたいと思います。

 

では面接対策ですが具体的にどんな事をすれば良いのかについて簡単にご説明させて頂きたいと思います。

①基本的な質問への回答の準備

治験コーディネーターの面接に参加して頂く際ですが、どこの企業の面接に参加しても必ず聞かれる、質問される事項というのがあります。その代表的な物が「志望動機」だったりします。面接の際に志望動機を聞かれた際に、どのような回答をしたら良いのか、まずは質問に対する回答方法を考える事です。企業側が期待している回答というのが存在します。その辺りをしっかり意識した上で、どんな回答をすべきなのか事前に考えておく事です。

 

②各企業ごとの個別対応

これは企業ごとに面接で聞かれる内容が違ったり、そもそも面接時にどんな点を評価しているのか、つまり企業ごとに評価ポイントが違ったりします。これは各企業のカラーであったり経営者の好みであったり方針について、ある程度、理解していなければ分からない事ですが、これが面接対策の中でも最も重要なポイントでもあるのです。ここを事前に把握した上で面接に参加して頂く事で面接時の評価が大きく変わる事も考えられます。

 

③基本的なビジネスマナーについて

いわゆる「面接」に参加した経験が無い方々も多く存在しています。特別なマナーは必要無いですが、最低限のルールくらいは知っておいて頂いて問題無いです。この点についても十分に理解しておく事が大事です。

 

面接対策については以上です。これらについて分からない事があれば、私共の方でも可能な限り対応させて頂きたいと考えております。是非お気軽にご相談下さい。

 

==================================

【治験コーディネーター(CRC)へ転職してみませんか!】

※匿名でのお問い合わせも可能です!まずはお気軽にご相談下さい。

       ↓  ↓  ↓

【治験業界への転職相談はこちらをクリック】

==================================

 

 

 

(c)2014 リノゲート株式会社 CRC(治験コーディネーター)の転職・求人相談
▲TOPへ戻る