治験コーディネーターの2つの働き方について

images (2)

 

同じ治験コーディネーターとして勤務する際にも大きく分けて二つの働き方が存在します。1つは所属している医療機関、もしくは企業などが運営している治験専門のクリニックなどで院内CRCのような立場で勤務する場合、もう一つは企業と提携している外部の施設に出向いて勤務する外部就労型の大きく分けて二つの方法が存在しております。

 

一般的にSMOと言われる企業のCRCとして勤務する場合ですが、多くの場合が外部施設に出向く外部就労型をとっている場合が多く、こちらの働き方が主流になっていると言えます。では実際に勤務している方々の目線で見た時に、院内CRCタイプと外部就労型タイプではどんなメリット、デメリットが考えられるのでしょうか。2つを比較してみたいと思います。

 

二つの形態を比較した際に最も大きな違いとなるのが、日ごろ仕事を行う環境の違いという事になります。院内CRCタイプの場合には毎回、同じ職場で見慣れたメンバーと一緒に仕事を行う事になりますので、仕事の手順や周りの人達への気遣いという面において、あまり負担に感じる事無く対応する事が出来るのではないかと思います。

 

一方、外部就労型はと言えば、外部の施設に出向いて仕事を行う訳ですから、そもそも治験コーディネーターの立場は外部の人間という事になります。また一緒に仕事を行うメンバーも同じ職場の人間ではなく、たまたま担当する治験に関わるメンバーとして知り合った人同士が一緒になって仕事をする事になりますので、慣れないメンバー同士、お互いに気を使いながら作業を行う事も多くなるのではないかと思います。更に企業によっては一人の治験コーディネーターが複数の施設を同時に対応するような事もあるので、そうなると尚更、慣れない場所で勤務をする頻度が高まり。より苦労度が増す事にもなります。

 

しかし考え方次第では、苦労が多いほど治験コーディネーターとしてのスキルやその人個人のヒューマンスキルなどについては、外部就労型の方が高いスキルを身に付ける事も出来ます。一方で「気遣いはしたくない」とか「出来れば慣れた環境で勤務したい」と考えているような人の場合には院内CRCタイプを選択するという事で、自分に見合った仕事を探し出す事も出来るようになると思います。

 

このような違いを理解しておく事で治験コーディネーターとしての働き方にも幅が広がるのではないかと思います。まずはご自身がイメージしている仕事環境はどちらのパターンに近いのか見比べて頂き、相応しい方でご活躍される事をお薦め致します。

 

==================================

【治験コーディネーター(CRC)へ転職してみませんか!】

※匿名でのお問い合わせも可能です!まずはお気軽にご相談下さい。

       ↓  ↓  ↓

【治験業界への転職相談はこちらをクリック】

==================================

 

 

 

SMOのCRCから院内CRCへの転職について

今回ですが院内CRCを目指す際のポイントについてご説明させて頂きます。ここ最近ですがSMOで治験コーディネーターとして勤務してきた人が引き続き治験コーディネーターとして勤務していきたいが出来ればSMOではなく院内CRCとして勤務したいという事でご相談を受ける事が多くなってきています。このような要望をお持ちの方の多くがSMOでかなりの期間勤務してきた実績をお持ちの人が多く、色々な意味でSMOでの勤務に限界を感じてしまい別の世界に転職したいという事でお問い合わせを頂くパターンが多くなっております。

 

確かに治験コーディネーターとして勤務を続けていく事を考えますと、SMO以外で勤務先を探すとなれば道は院内CRCのみという事になります。しかしこの場合に必ず考えなければならない事があります。それは労働条件についてになります。仕事の内容に関しては基本、SMOも院内も変わりません。強いていうのであれば院内の場合には医療行為を行う可能性が出てきますので、医療行為を行う事に抵抗が無いかどうかだけ確認しておいた方が良いと思います。

 

では労働条件的にはどんな点について確認した方が良いかと言いますと、給与額と雇用形態という事になります。

まず給与額に関しては院内CRCに転職する事でSMOの時よりも下がってしまう可能性が高くなります。給与形態が時給制になるような場合も考えられますので、どれだけ差が生じてくるのかについて、あらかじめ確認しておく事が大事ではないかと思います。もう一つ、雇用形態に関してですが、SMOの場合はほとんどが正社員としての勤務という事になるのですが、院内CRCの場合には契約社員やパートといったように不安定な立場で勤務しなくてはならない場合も多くなります。しかも一部の医療機関では契約期間があらかじめ決められており、最大で3年程度で強制的に契約が解除されてしまうような内容の物も含まれています。ちまり3年勤務した後は改めて他の求人を探して転職しなければいけないという事になるのです。

 

以上のような事から考えますと、労働条件的にはSMOで勤務している方が良い場合も多いのです。この辺りの条件を踏まえて本当に院内CRCに転職する事が良い選択肢なのかについてはしっかりと検討した方が良いと思います。後で後悔しないように皆さん十分注意して下さい。もしご検討頂くにあたってご不明な点などございました際には私の方でもご相談に応じる事が可能ですので、お気軽にお申し付け下さい。

 

【治験コーディネーター(CRC)へ転職してみませんか!】

※匿名でのお問い合わせも可能です!まずはお気軽にご相談下さい。

     ↓  ↓  ↓

【治験業界への転職相談】

 images (7)

地方で治験コーディネーターに転職する際の注意点

治験コーディネーターへの転職を考える際に、その求人の数で言えば圧倒的に東京(関東)が多くなります。その理由は都内に事務所を構えているSMOが多く存在するため、東京方面の求人数が多くなるという流れになっています。また東京や神奈川は医療機関の数も多く、治験を行う際に適した地域という事も言えるのと思います。以上のような事から治験コーディネーターへの転職という事になれば、その候補となる求人数は圧倒的に東京(関東)の案件が多くなります。

 

しかし稀に都心部からは離れた郊外でも治験コーディネーターを採用している求人を見掛ける事があります。このような求人を見つけた場合ですが、都心部の求人とは内容的に大きく違いがある場合がありますので注意して取り扱った方が良いと思います。

 

では都心部の求人と比べて、どんな点が大きく違うのかと言いますと、①雇用形態が契約社員の場合がある。②仕事が半永久的に続くのではなく、いずれ途切れてしまう恐れがある。以上のような事です。①と②の理由は連動している事が多いのですが、地方の場合、都心部に比べて医療機関に対して治験の依頼数が少ない事があります。時には全く依頼が無くなってしまい、一旦ストップしてしまうような事も有り得ます。そのような時にSMOはどんな対応を取るかといますと、仕事がなくなった施設で勤務していた治験コーディネーターとの契約を打ち切ったり、違うエリアへの転属を命じたりする事があります。そのために、治験コーディネーターの雇用形態を契約社員のような扱いにして、仕事がなくなった段階で速やかに契約を打ち切る事が出来るような手段を取っているという事になるのです。つまりご本人はずっと同じ地域で勤務したいと考えていても、仕事の状況によって、継続する事が難しくなってしまう場合があるのです。

 

このような状況になってきますと、働く側としてはとても不安定な環境の中で仕事をしなくてはいけなくなります。このような点において地方で勤務する場合には、都心部での勤務に比べて不安要素を多く抱えている事がありますので、転職する際には将来的な展望も含めてしっかり確認するようにしなくてはいけないと思います。

 

ちなみに地心部で勤務するという事になれば、基本的には仕事の量は多いので、いきなり仕事が無くなってしまい首を切られるような事はまず無いと思います。その分、安心感は増すのではないかと思います。この辺りも含めて将来、どんな働き方をするのが良いのかしっかりと検討してみて下さい。

 

【治験コーディネーター(CRC)へ転職してみませんか!】

※匿名でのお問い合わせも可能です!まずはお気軽にご相談下さい。

     ↓  ↓  ↓

【治験業界への転職相談】

 gahag-0036425321-1

SMOという企業について

治験コーディネーターへの転職を考えるにあたりSMOの存在についてしっかりと理解しておく事は非常に大事な事です。SMOがどんな事をしている企業なのか、ここ最近のSMOの現状はどうなのか、人材を採用する際にはどんな人材を好むのかなど、今回はSMOについて簡単に説明してみたいと思います。

 

SMOとはSite Management Organization(治験施設支援機関)の頭文字を取った略語になっています。そもそもSMOとは何をしている企業なのかと言いますと、治験を実施する医療機関(病院やクリニック)を支援して治験がスピーディ-に且つ質が落ちないように実施出来るように上手くコントロールする役割を担っております。医療機関によっては、特に大学病院や公的な医療機関など大規模の医療機関には「治験支援部」とか「治験管理室」、「治験センター」という感じで院内に治験を実施する専門部隊を持っているような所も数多く存在するのですが、このような医療機関に関してはSMOにお願いしなくても自分達の力だけで治験を実施する事が可能ですが、専門部隊を持っていないような医療機関では治験を実施したいと思っても、実施するためのノウハウを持ち合わせていないため治験を実施する事が出来ないのです。そこで治験を実施する際には、治験を実施するためのノウハウを持ち合わせているSMOに支援を依頼する事で治験を実施する事が可能になるのです。

 

では具体的にどんな事をやって各医療機関の支援を行うのかと言いますと、「治験コーディネーターの派遣」という事になります。SMOは治験コーディネーターを多数抱えております。そして依頼があった医療機関に派遣する事で、治験コーディネーターが中心になって院内で治験を実施する事が可能になるという図式です。つまりSMOは自分達の会社の社員である治験コーディネーターを治験を実施する医療機関に派遣する事で、その対価として医療機関から費用を貰いそれを会社の収益として活動している企業という事になります。

※もう少し厳密に言いますと、いわゆる人材派遣という感覚とは少し違っており治験を支援する作業をSMOが請け負っているという形になります。請け負った仕事を遂行するために現場に治験コーディネーターを派遣しているという事になります。

 

これらの関係性を理解する事は非常に分かりにくく難しい事ではありますが、自分が転職する先の企業がどんな事をしているのかは最低限理解しておく事が大事になります。ここを理解しておく事で実際に治験コーディネーターとして勤務を開始する際に、どんな事をすれば貢献出来るのかが見えてくるのではないでしょうか。

 

【治験コーディネーター(CRC)へ転職してみませんか!】

※匿名でのお問い合わせも可能です!まずはお気軽にご相談下さい。

     ↓  ↓  ↓

【治験業界への転職相談】

 images (5)

 

 

 

 

(c)2014 リノゲート株式会社 CRC(治験コーディネーター)の転職・求人相談
▲TOPへ戻る