【治験コーディネーターへの転職】都市部以外での転職について

images (2)

 

いつも当ブログをご覧頂きまして誠に有り難うございます。早いもので、いよいよ今年も残りあと僅かとなりました。皆さんに取りまして。今年一年というのはどんな年でしたでしょうか。

 

さて今回ですが都市部以外での転職について考えてみたいと思います。今回のテーマについては何がポイントになるのかと言いますと求人の件数と応募のタイミングという事になります。具体的にはどういう事なのか、もう少し詳しくご説明させて頂きたいと思います。

 

治験コーディネーターの求人については東京や大阪、福岡など大都市に集中しています。それは治験自体が人口が多い都市部で行われる事が多い事と、SMOなど企業の本社が都市部に存在している事などが挙げられます。しかし大手のSMOの中には活動を全国に展開しているような所もあり、そのような会社では都心部に限らず、各地の医療機関で治験を実施しており各地域にて治験コーディネーターの募集を行っております。

 

しかし求人の件数で言いますと、都市部以外では非常に少なく、また一つの求人の採用枠が1~2名程度の採用枠となっている場合が多く、とても狭き門になっている事が多いです。つまり都市部以外で治験コーディネーターに転職を目指す場合には、求人が出てくるタイミングを逃さない事と、求人が出てきた際には速やかに応募が出来るような準備をしておく事がとても大事になるのです。

 

一旦、タイミングを逃してしまい求人が充足してしまえば、次回応募が再開されるのがいつになるのか見当が付かなくなってしまいます。そのような事にならないように、常にアンテナを張っておき、チャンスのタイミングが訪れた際には即アクションを起こせるようにしましょう。

 

いずれにしましても都市部以外での治験コーディネーターへの転職はハードルがとても高くなってしまいますが、それでもタイミングを逃す事なく、スピーディーな対応が出来れば、それだけ可能性がグッと高まる事は間違いありません。都市部以外で転職をお考えの方々に関しては、紹介会社に登録しておくなり、インターネットでの情報収集を細目に行ったり、ハローワークにて情報収集を行うなど、いち早く求人の情報を入手出来るように心掛けましょう。

 

 

 

【治験コーディネーターへの転職】知識を売り込むよりも、まずは人柄をアピールしましょう。

_S1C0219_sss

 

治験コーディネーターへの転職の中でも未経験者が治験コーディネーターを志望する場合に特に言える事ではないかと思うのですが、応募した企業に対して自分を売り込む際には自分が持っている知識や経験値よりも、まずは自身の人柄を売り込むようにした方が良いです。

 

多くの方々が勘違いしている事があるのですが、それは未経験者に対しては知識や技能に対して期待している訳では無く、まずは人物的な面で治験コーディネーターとしての成長する資質が備わっているかどうかを確認する事が多くなっております。しかも治験コーディネーターという仕事は医師や患者をはじめ人とコミュニケーションを取りながら仕事を進めていく仕事内容になります。相手の話を聞くのが上手い人や、逆に説明が上手い人など、その人の人柄が活かされるような場面が非常に多くなりますので、その方の人柄というのはとても大事な要素になっているのです。

 

ですので面接対策として対応すべき事としては、知識や技能を身に付ける事よりも、まずは、どうしたら面接官から好かれるのかを考えた方が良いと思います。そのためには如何に感じよく対応する事が出来るか、元気がある事をアピールする事が出来るか、明るく前向きな対応が出来るかどうか、挨拶がしっかり出来るかどうかなどを、事前に考えておいた方が良いと思います。

 

まずはこのような準備をする事が治験コーディネーターの未経験者が行うべき対応ではないかと考えております。良く分からない方がいらっしゃれば私共の方でアドバイスさせて頂きますで遠慮なくお申し付け頂ければと思います。

【治験コーディネーターへの転職】紹介会社に振り回されないように気を付けましょう!

_S1C2884_sss

 

いつも当ブログをご覧頂きまして誠に有り難うございます。皆さんが治験業界に転職を考える際に手段の一つとして紹介会社を利用する事を考えている方々も多いのではないかと思います。しかし、いざ情報を調べてみますと治験関連の求人を扱っている紹介会社はとても多く、どこの紹介会社に登録すれば良いのか迷ってしまう人も多いのではないかと思います。私共も、その紹介会社の一つであり、その私達が言うのも変な話かもしれませんが紹介会社によっては、とても雑な仕事をしている所も多く存在しているようです。しかも誰もが知っているような紹介会社でもあり得る話なのです。そんな所にお願いしてしまえば、皆さんの人生の中でも一大イベントの一つである転職で失敗してしまい最悪の場合、人生が狂ってしまう事にも繋がりかねません。そこで万が一、こんな紹介会社があったら気を付けて頂きたいという事で、実際に皆さんからお伺いしたお話をまとめてみたいと思います。今後の紹介会社選びの参考にして頂ければ幸いです。

 

【こんな紹介会社には気を付けましょう!】

◆詳しい希望条件などを伝えしていないにも関わらず勝手に求人を紹介してくる。

⇒ご本人に合う求人ではなく「決まりやすい」「取引条件が良い」といった理由で紹介してきます。何処でも良いので決まりさえすれば良いと考えている悪徳紹介会社がやる最も典型的な方法です。

 

◆履歴書や職務経歴書の添削、面接対策などが雑である。

⇒私が過去に対応してきた方々を見ていて感じたのは、治験業界への転職が初めての人の場合は特に添削が必要ない人はほとんど存在しませんでした。という事は添削にはそれなりの時間を要するものなのです。にも関わらず簡単な対応しかしてくれないのは本気で考えていない証だと思います。

 

◆コンタクトを取りたくても一向に返事が来ない。

⇒特に紹介会社にとって都合が悪い事などがあると意図的にコンタクトを遮断しようとする所があるようです。これような態度も皆さんの事を優先しているのではなく、紹介会社の都合を優先しようとする典型的なパターンです。

 

◆お願いしていないにも関わらず勝手に企業に応募されてしまう。

⇒酷い話ですが、ご本人が希望していないにも関わらず勝手に提携している企業に実名で履歴書や職務経歴書を送ってしまうパターンです。一度送ってしまえば正式に応募したという事になり、それを取り消す事が難しくなります。つまり改めてご自身で応募したいと思っても応募歴が残ってしまい、再応募が出来なくなるなど転職活動の幅が大幅に狭くなってしまう恐れがあります。(場合によっては個人情報の漏えいにも繋がる事です。)

 

◆治験業界に転職する際のデメリットについては一切話してこない。

⇒私が思うに皆さんが治験業界に転職を考える際には少なからず障壁となるような部分も存在します。転職して本当に良かったと納得して頂くためには良い部分だけではなく悪い部分についてもしっかりと説明し理解して頂く事が大事だと思います。にも関わらず、そこを敢えてしないというのは「決まれば良い」と考える紹介会社の悪しき考え方の一つです。

 

以上のような事になります。結局、一番悪い事は紹介会社の都合を優先して転職される皆さんの事を考えていないという事が最もよろしくない点だと思います。お願いした紹介会社の対応を見ていて少しでもそのような片鱗が見え隠れするような場合には、即刻疑った方が良い気がします。先程もお伝えしましたが転職というのは人生の中でも一大イベントの一つになると思います。そこで失敗してしまうという事は人生設計を狂わせる事にも繋がりかねません。そのような事にならないようにするためにも紹介会社選びは慎重に行う事をお薦めします。

 

==================================

【治験コーディネーター(CRC)へ転職してみませんか!】

※匿名でのお問い合わせも可能です!まずはお気軽にご相談下さい。

       ↓  ↓  ↓

【治験業界への転職相談はこちらをクリック】

==================================

 

 

 

 

 

【治験コーディネーターへの転職】面接対策は絶対に重要です。

_S1C0926_sss

 

転職活動を行う際の面接の重要性は以前から何度もお伝えさせて頂きました。面接で上手く立ち振る舞う事が出来れば内定を頂ける可能性が大きく膨らむ事になりますが、逆に失敗してしまえば評価が大きく下がってしまう事に繋がります。それだけに面接で良い結果を出す事は採用して頂くためには絶対的に大事な作業になるのです。

 

しかし過去に医療機関で勤務していた方々というのは、面接を受ける事に慣れていない人も多くなります。慣れていない事がどんな事に影響を与えるかと言いますと、そもそも面接の重要性を感じていない人が多かったり、面接の際にどんな対応をすれば良いのかについて全く理解されていない人が多くなるという事になります。先日あるCRC希望者の転職のお手伝いをしていた時ですが、その人は過去に面接らしい面接を一度も受けた事が無いようでした。それもあり面接の難しさを感じていなかった事もあるのですが更に厄介な事に自分は上手く対応出来る、という根拠が無い自信を持っている人でした。念のため私の方から面接対策のを実施する事をお薦めしましたが、案の定、実施しなくて良いという事でお返事を確認する事になりました。

 

そこで面接対策は一切実施せずに実際の面接に参加して頂く事になったのです。そして面接日当日となりました。私は面接が終わった段階で本人より連絡を貰う事になっていました。そして面接が終わりご本人から連絡を頂いたのですが、開口一番「やはり面接対策を行っておけばよかった」という事を耳にしました。つまりは面接での手応えを感じる事が出来なかったようでした。その理由はと言いますと、面接官から受けた質問に対しては自分としては上手く答えられたと思っていたが、面接官の反応や顔つきから判断すると、どうやら回答の中身が面接官の望んでいるレベルではなかったようなんです。しかし何がいけないのかが自分では全く分からなかったという事のようです。

 

その点においては面接対策を実施していれば、質問の意図や具体的な回答例、面接官が聞きたいと考えている事など、一通りのご説明をさせて頂きますので、面接ではどんな対応をすれば良いのかについてご理解頂く事が可能です。本当に採用してもらいたいと思う時は是非、面接対策をお薦めします。

 

==================================

【治験コーディネーター(CRC)へ転職してみませんか!】

※匿名でのお問い合わせも可能です!まずはお気軽にご相談下さい。

       ↓  ↓  ↓

【治験業界への転職相談はこちらをクリック】

==================================

 

 

(c)2014 リノゲート株式会社 CRC(治験コーディネーター)の転職・求人相談
▲TOPへ戻る