【治験コーディネーターへの転職】看護師、薬剤師、臨床検査技師以外は転職が出来ないのか?

いつも当ブログをご覧頂きまして誠に有り難うございます。治験コーディネーターの募集条件をご覧になられた事がある人であれば既にお気付きの方も多いかもしれませんが、募集条件の中に「看護師、薬剤師、臨床検査技師の資格をお持ちの方々優遇」というような記載を気かけた事があるかと思います。実際に治験コーディネーターとして勤務している方々の中には看護師、薬剤師、臨床検査技師の資格をお持ちの方々がとても多く含まれています。では、これらの資格を持っていない人が治験コーディネーターに転職するのは不可能な事なのでしょうか?今回は、そのテーマについて記載してみたいと思います。

 

まず結論から述べてしまいますと答えは「NO」という事になります。つまり看護師、薬剤師、臨床検査技師を持っていない人でも十分に治験コーディネーターに転職出来る可能性はあるという事になります。では、そもそも、これらの資格を持っている事が何故、治験コーディネーターへの転職を有利にするのかを考えてみますと、その答えの筆頭は「治験コーディネーターとして活躍して頂く際に必要な知識や技能を持ち合わせているため」という事になります。要は治験コーディネーターとして一人前に成長して頂くために最も近道となる経験等を持っているのが看護師であり薬剤師であり臨床検査技師という事になるのです。

 

しかし治験コーディネーターとして勤務する際に必要となるスキルに関しては看護師や薬剤師、臨床検査技師だけが持ち合わせているとも限りません。過去に実際に転職された方々の例を辿りますと理学療法士や管理栄養士、獣医師、MR、中には何も資格を持っていない人も居ました。という事は極論を言えば過去に皆さんが経験されてきた経験値の中で治験コーディネーターとして活かす事が出来る何かを持っていれば資格の有無は関係ないという事が言えます。

 

以上のように資格の有無だけで転職の可否を判断するのはもったいないです。もしかしたら皆さんの今までの経験値の中で治験コーディネーターとして活かせる要素が潜んでいるかもしれません。私共の方ではそのジャッジをさせて頂く事も可能です。気になる方がいらっしゃればお気軽にお申し付け下さいませ。

 

==================================

【治験コーディネーター(CRC)へ転職してみませんか!】

※匿名でのお問い合わせも可能です!まずはお気軽にご相談下さい。

       ↓  ↓  ↓

【治験業界への転職相談はこちらをクリック】

==================================

【治験コーディネーターへの転職】治験コーディネーターへの転職は自分次第!

images (6)

 

いつも当ブログをご覧頂きまして誠に有り難うございます。昨年末から、ここ最近まで何かとバタバタしており全くブログの更新を行う事が出来ず大変ご迷惑をお掛け致しました。今回は本当に久しぶりに書き込みをさせて頂きたいと考えております。

 

治験コーディネーターへの転職についてですが、ここ最近はネットなどで情報を検索してみますと

・離職率が高い

・転職して失敗した事例多数

・ストレスがたまる

・立場が弱い

・書類管理が多く大変、、、など

 

完全にブラックな職業であるかのような書き方をしているサイトも多数見受けられます。確かに中には治験コーディネーターの仕事に馴染む事が出来ずに退職していかれる人も少なからずいらっしゃる事は事実です。しかし逆に治験コーディネーターとして大活躍している人も多数いらっしゃる事を絶対に忘れてはいけないと思います。では成功している方々と失敗してしまった方々の違いは一体何かというと完全にご自身の能力次第という事になると考えております。

 

では、どのような能力なのかと一言で言えば、私は「コミュニケーション力」という事になるのではないかと考えております。もちろん治験コーディネーターとしての適性や資質という要素も多分に含まれていますが、色々な事を総合的に考えてみても、やはりコミュニケーション力が圧倒的に大事な要素であると考えています。

 

過去に治験コーディネーターを早期で退職してしまった方々に、そうなるに至った理由を聞いてみたところ、理由として一番多かったのは「上司との人間関係」を理由にしている人が圧倒的に多かったように思います。上司が「何も教えてくれない」、「自分の事しか考えていない」、「部下を目の敵にする」、「手柄を自分の物にしてしまう」、、、といった事を理由に上司との関係性が上手くいかなかった事を理由に退職する人が本当に多かったイメージです。

 

しかし転職した後に上司からとても可愛がられて、すくすくと成長していかれる人も居ます。たまたま良い上司に巡り合えたから、という事も考えられますが、恐らくそうではありません。そのような人達は自分から上司に好かれるような努力をしているのです。その結果、上司からも可愛がってもらい、教育もしっかりと行ってもらい、結果的に治験コーディネーターという仕事にやりがいを感じ、転職して良かったと感じ取っているんです。

 

治験コーディネーターに初めて転職を目指す方々の中で「研修がしっかりしている企業が良い」という事を仰る方が非常に多くいます。確かに研修は充実しているに越した事はありませんが、研修とは本来は受け身になって行うものではなく、自らが率先して行うべき物なんです。それと同じように上司との関係も自らが進んで良好な関係を築けるように働きかける事が大事なんです。

 

自らの力で切り開いていく力、これが無ければどこに転職しても変わらない気がします。皆さんが転職で成功出来るように私も陰ながら応援しています!

【治験コーディネーターへの転職】紹介会社に振り回されないように気を付けましょう!

_S1C2884_sss

 

いつも当ブログをご覧頂きまして誠に有り難うございます。皆さんが治験業界に転職を考える際に手段の一つとして紹介会社を利用する事を考えている方々も多いのではないかと思います。しかし、いざ情報を調べてみますと治験関連の求人を扱っている紹介会社はとても多く、どこの紹介会社に登録すれば良いのか迷ってしまう人も多いのではないかと思います。私共も、その紹介会社の一つであり、その私達が言うのも変な話かもしれませんが紹介会社によっては、とても雑な仕事をしている所も多く存在しているようです。しかも誰もが知っているような紹介会社でもあり得る話なのです。そんな所にお願いしてしまえば、皆さんの人生の中でも一大イベントの一つである転職で失敗してしまい最悪の場合、人生が狂ってしまう事にも繋がりかねません。そこで万が一、こんな紹介会社があったら気を付けて頂きたいという事で、実際に皆さんからお伺いしたお話をまとめてみたいと思います。今後の紹介会社選びの参考にして頂ければ幸いです。

 

【こんな紹介会社には気を付けましょう!】

◆詳しい希望条件などを伝えしていないにも関わらず勝手に求人を紹介してくる。

⇒ご本人に合う求人ではなく「決まりやすい」「取引条件が良い」といった理由で紹介してきます。何処でも良いので決まりさえすれば良いと考えている悪徳紹介会社がやる最も典型的な方法です。

 

◆履歴書や職務経歴書の添削、面接対策などが雑である。

⇒私が過去に対応してきた方々を見ていて感じたのは、治験業界への転職が初めての人の場合は特に添削が必要ない人はほとんど存在しませんでした。という事は添削にはそれなりの時間を要するものなのです。にも関わらず簡単な対応しかしてくれないのは本気で考えていない証だと思います。

 

◆コンタクトを取りたくても一向に返事が来ない。

⇒特に紹介会社にとって都合が悪い事などがあると意図的にコンタクトを遮断しようとする所があるようです。これような態度も皆さんの事を優先しているのではなく、紹介会社の都合を優先しようとする典型的なパターンです。

 

◆お願いしていないにも関わらず勝手に企業に応募されてしまう。

⇒酷い話ですが、ご本人が希望していないにも関わらず勝手に提携している企業に実名で履歴書や職務経歴書を送ってしまうパターンです。一度送ってしまえば正式に応募したという事になり、それを取り消す事が難しくなります。つまり改めてご自身で応募したいと思っても応募歴が残ってしまい、再応募が出来なくなるなど転職活動の幅が大幅に狭くなってしまう恐れがあります。(場合によっては個人情報の漏えいにも繋がる事です。)

 

◆治験業界に転職する際のデメリットについては一切話してこない。

⇒私が思うに皆さんが治験業界に転職を考える際には少なからず障壁となるような部分も存在します。転職して本当に良かったと納得して頂くためには良い部分だけではなく悪い部分についてもしっかりと説明し理解して頂く事が大事だと思います。にも関わらず、そこを敢えてしないというのは「決まれば良い」と考える紹介会社の悪しき考え方の一つです。

 

以上のような事になります。結局、一番悪い事は紹介会社の都合を優先して転職される皆さんの事を考えていないという事が最もよろしくない点だと思います。お願いした紹介会社の対応を見ていて少しでもそのような片鱗が見え隠れするような場合には、即刻疑った方が良い気がします。先程もお伝えしましたが転職というのは人生の中でも一大イベントの一つになると思います。そこで失敗してしまうという事は人生設計を狂わせる事にも繋がりかねません。そのような事にならないようにするためにも紹介会社選びは慎重に行う事をお薦めします。

 

==================================

【治験コーディネーター(CRC)へ転職してみませんか!】

※匿名でのお問い合わせも可能です!まずはお気軽にご相談下さい。

       ↓  ↓  ↓

【治験業界への転職相談はこちらをクリック】

==================================

 

 

 

 

 

【治験コーディネーターへの転職】治験コーディネーターに転職した後の注意点

images (7)

 

今までは如何に治験コーディネーターへの転職を成功させるかという事をテーマに色々なご説明をさせて頂いてきましたが、今回は見事に治験コーディネーターへの転職を果たし、いざ勤務がスタートした後の事について記載したいと思います。それは、そもそも転職する事がゴールではなく勤務が開始され、治験コーディネーターとして実務に関わり、そこでどれだけ成功する事が出来るかが本当の勝負であり最大のポイントになる訳です。しかし現実的には折角、治験コーディネーターに転職を果たしたにも関わらず、早期に退職してしまう人も少なくないのです。難関を突破して折角、治験コーディネーターになる事が出来たにも関わらず、道半ばにして早期で退職する事になってしまうのか、その原因について考えてみたいと思います。また早期退職にならないようにするためにはどうしたら良いのか、その点についても考えてみたいと思います。

 

過去に実際に転職された方々から転職直後に聞いた話を総合的に判断してみますと、転職した皆さんがまず初めにぶち当たる壁は「覚えなくてはいけない事が非常に多い」という事になります。これはGCPをはじめ関係法規などを覚える事が必要になるため、覚えなくてはならない事がとても多くなります。入社した後の二週間くらいは座学研修がメインになります。そこで覚えなくてはならない事が多い事に驚いてしまうのです。

 

続いて出てくるのが「前任者からの引継ぎ」という事になります。現場に出て勤務開始した直後に、いきなり前任者から仕事の引継ぎを受けて、まだ何も分からないうちに強引にメイン担当として勤務させられるような事があります。これは前任者が退職する事になっており、その交代要員として採用される場合に多くなります。多くの場合、このプレッシャーに勝てずに退職する事を決めてしまう人が多いです。結局、ここ最近のSMO業界というのは、市場自体が拡大しているというよりも、ここ数年は現状維持の段階に突入しています。という事は治験コーディネーターの採用においても増員というよりは欠員補充の場合の方が圧倒的に多くなります。そのため急な引継ぎ等を強要されてしまう事も少なくありません。

 

このような背景を意識しつつ、転職した後に関しても気を抜かずに、取り組んで頂く事が大事だと思います。

 

==================================

【治験コーディネーター(CRC)へ転職してみませんか!】

※匿名でのお問い合わせも可能です!まずはお気軽にご相談下さい。

       ↓  ↓  ↓

【治験業界への転職相談はこちらをクリック】

==================================

 

 

(c)2014 リノゲート株式会社 CRC(治験コーディネーター)の転職・求人相談
▲TOPへ戻る