【治験コーディネーターへの転職】資格の有無よりも大事な事

imgres

 

いつも当ブログをご覧頂きまして誠に有り難うございます。ここ最近ですが、やはり年明けから来年の4月に向けての転職活動をスタートされる人も多くなってきたようで、治験コーディネーターへの転職の件でお問い合わせを頂く件数も増えつつあります。そんな中で多くの方々から送られてくるお問い合わせとして「私は~の資格を持っています。この資格でも治験コーディネーターとして転職する事は可能でしょうか?」というような内容のものが圧倒的に多くなっております。治験コーディネーターと言えば看護師、薬剤師、臨床検査技師などの資格をお持ちの方々が優遇されるという事は皆さんもご理解されているようですが、必ずしもこれらの資格を持っていなければ転職する事が出来ないのかと言えばそうではないのです。中には何の資格も持っていないような人でも治験コーディネーターに転職を果たす方もいらっしゃいます。では一体どんな人が治験コーディネーターに転職する事が出来るのか、その辺りについて改めて説明していきたいと思います。

 

そもそも治験コーディネーターに転職する際に求められる要素としては、

・医師や患者と上手くコミュニケーションが取れる事

・カルテを読んだり検査数値を読み取る事が出来る事

・書類作成やデータ管理など、細かい作業を苦にしない事

・常に新たな事にチャレンジしようとする前向きな姿勢

・研究や開発といった分野に興味がある事

・医療や薬学について何らかの知識を持っている事

・貢献度の高い仕事に興味を持っている事、、、等が挙げられるかと思います。

 

これを見て頂ければ分かるように、必ずしも看護師や薬剤師、臨床検査技師といった資格を持っていなくても出来るような物が含まれている事に気が付くのではないかと思います。そうなんです、実は資格を持っているか持っていないかではなく、過去にどんな経験を積んできたのかが最も大事になります。例えばMRをしていた方であれば医師とコミュニケーションを取る事は得意だと思いますし薬についての知識を持っています。また理学療法士の方であれば医師や患者とのやり取り、カルテを読んだりする事も出来ると思います。更には管理栄養士の人であれば病院で患者に対する栄養指導等を行っている人もいますし、時には医師とコミュニケーションを取ってきた人も居ると思います。

 

実は治験コーディネーターに転職する際には、こういった経験値がとても大事になるのです。つまりは看護師や薬剤師、臨床検査技師として働いてきた方々であれば、日々の業務の中で上記のような経験を積んできた可能性が高くなるので応募資格の中に「有資格者歓迎」的な事が書かれているのです。ですので看護師じゃないから駄目だとか薬剤師じゃないから応募資格がないと判断してしまう前に今までにどんな経験をしてきたか振り返ってみる事が大事です。もしも上記のいずれかに該当するような経験値をお持ちの場合には、資格をお持ちでなくても治験コーディネーターに転職出来る可能性があります。

 

もしもご自身で判断がつかないような場合には、私共の方で判断させて頂く事も可能ですのでお気軽にお申し付け下さい。

治験コーディネーターの仕事は医療系の資格を持った方々にもってこいの仕事です!

治験コーディネーターへの転職を考えている方々から、その志望理由を聞いた際に多くの方々から伺った回答の中に「持っている資格(看護師や薬剤師や臨床検査技師といった医療系の資格)を活かす事が出来る仕事に転職したいと思ったから」という事を多々聞いてきました。皆さん折角取得した資格ですから、これを活かしつつ今後も仕事に取り組んでいきたいと考えるのは当然の事なのですが、実際に資格が活かせる仕事を探してみても、なかなか良い仕事が見つからないという現実があるようで、そんな中で知り得た仕事の一つとして治験コーディネーターへの転職を真剣に考え始めたというのがきっかけだった人が多いようです。

 

転職を考え始めた皆さんの本音としては「今すぐに今の職場を辞めて新しい職場に転職したいと考えているが、今までと同じ病院やクリニックで働くのは気が進まない」という所にあるようです。しかし今までに経験してきた事は医療のお仕事だけですから、その他に出来る事がある訳ではありません。(資格をとるこ業界によっては全く経験がない人でも転職出来るような業界もあるようですが、全く違う仕事を行う事に対して上手く馴染む事が出来るのかどうかの不安や折角取った資格が無駄になってしまう事を考えれば、なかなか足を踏み込む勇気が出ないというのが本音のようです。また一般の企業で働くという事になった場合に、ノルマや営業という言葉が付きまとうのではないかという事に不安を感じている方々も多かったです。つまり医療現場で勤務する事と企業で勤務する事の違いに対して不安を感じている人が非常に多いという事になります。

 

そんな考えをお持ちの方々にとっては、治験コーディネーターの仕事というのは医療機関で勤務する事と企業で勤務する事のちょうど中間的な位置づけの仕事内容になっており、しかも看護師や薬剤師、臨床検査技師といった医療系の資格を持っている人の方が断然優遇される事になりますので、その点での医療系の資格を持っている人たちにとっては、とてもイメージに近い仕事として考えられている部分も多大にあると考えております。つまり新しい仕事を経験しながら今までの経験も活かす事が出来るという点では皆さんのイメージに最も近い仕事であると言っても過言ではないかもしれません。実際に治験コーディネーターに転職したあとに今までには全く考えていなかった業界に転職を果たした人も見て来ました。(ショップの販売員や保険の営業、会社の経営なんていう人もいました。)そうなんです、治験コーディネーターとしての経験を積む事で、その後の皆さんの選択肢の幅が広がるんです!これこそが皆さんにとって最も大きなメリットに繋がるのではないかと思います。

 

もちろん仕事自体に面白味ややりがいを感じる事も多いかと思いますが、それだけではなく皆さんにとって大きなメリットがある治験コーディネーターに是非転職してみませんか。

 

治験コーディネーター(CRC)へ転職してみませんか!≫

※匿名でのお問い合わせも可能です!まずはお気軽にご相談下さい。

     ↓  ↓  ↓

【治験業界への転職相談】

 images (4)

過去の経験値と治験コーディネーターとしての評価について

今回のテーマですが、これだけ見た限りでは何の事か良く分からないかと思いますので改めてご説明しますと、例えば治験コーディネーターに転職する前に看護師として10年間勤務していた人がいたとします。この人が初めて治験コーディネーターに転職した場合、看護師として勤務してきた10年間分の経験値が評価されるのかどうか、という事です。つまり看護師としての経験値が治験コーディネーターに転職した際に何らかの形で反映されるのかどうかについて考えてみようという事です。今までに私が対応してきた方々の反応を見ている限り、この事について知らない人が多いだろうと感じていましたので、今回は改めてこのテーマについて説明したいと思います。

 

これはどの職種においても同じ事が言えると思いますが、看護師⇒看護師や薬剤師⇒薬剤師、臨床検査技師⇒臨床検査技師というように過去に勤めていたものと同じ職種に転職した場合、過去の経験値は給与額や役職、担当する仕事内容などに大きく反映される事になります。一般的には経験値が多ければ多いほど新たな職場に転職した際に給与額は高くなり、場合によっては転職してすぐに役職が与えられたり、難易度の高い仕事を任される事など優遇される可能性が高くなります。

 

では治験コーディネーターの場合はどうか考えてみますと、初めて治験コーディネーターに転職する方々というのは元は看護師や薬剤師、臨床検査技師などの資格を持っている方が多くなります。つまり別の職業から転職してくる人が圧倒的に多くなり、全員が「治験コーディネーターの未経験者」という扱いになってしまいます。要は元が看護師であろうと薬剤師であろうと臨床検査技師であろうと治験コーディネーターに転職すれば過去の経験値はほとんど反映されず皆同等の立場になるという事になります。更には社会人になってから10年の経験がある人でも経験値が5年の人であっても初めて治験コーディネーターに転職するという事になれば同じ未経験者という事で全く同じ立場になる訳です。この点は意外と知らない方が多く、過去の経験を考量してもらえるものだと思っている人も多いようですので十分気を付けて頂きたいと思います。特に看護師や薬剤師の方々はそれまでの給与額と比べて治験コーディネーターに転職する事で額が下がってしまう事もしばしばあります。それでも問題ないかどうかについては転職する前の段階でしっかりと確認しておく必要があると思います。

※給与額が下がってでも勤務したいと思えるかどうかは、かなりの決断力が必要になると思います。

 

転職するというのは条件面だけの理由ではない事も多いのですが、やはり生きていく行う上で給与額というのは非常に大事な要素である事は間違いありません。あとで後悔しないようにするためにも事前から情報収集を行う事をおススメします。

 

治験コーディネーター(CRC)へ転職してみませんか!≫

※匿名でのお問い合わせも可能です!まずはお気軽にご相談下さい。

     ↓  ↓  ↓

【治験業界への転職相談】

 

 

 

 

 

 

 

 

 

転職に関する背景(本音)を確認する事の重要性

ここ最近ですが、改めて感じた事がありました。それは転職を希望されている方々の本音や背景を確認する事の大事さです。私が人材ビジネスに携わるようになってから12~13年程経過しましたが気持ち的には常に皆さんの本音を聞き出し、それに応えられるように対応してきたつもりでした。しかし本当にそれが出来ていたかどうか改めて考えさせられる事がありました。私はどこまで皆さんの本音の部分まで入り込む事が出来ているのだろうかと考えさせられてしまいました。本音の部分に関して確認する事は大事な事だと理解はしていましたが中には内容によって人に話しづらいような事も含まれている場合が多く、紹介会社に対して打ち明けられない人も多いようです。そのような状況の中でどうしたら本音を確認する事が出来るのか、今回は最近あった事例を元に本音を確認する事の重要性について記載してみたいと思います。

 

ここ最近、私が実際に対応した方の例を記載してみたいと思います。この方は看護師の方なのですが以前から治験コーディネーターへの転職について転職すべきか、しない方が良いのか、ずっと悩んでいたようなんです。何故悩んでいたのかと言いますと実は金銭面的な事が理由のようでした。ご自身の生計を立てるだけではなく、ご両親の面倒も見なくてはいけないという背景があったのです。自分の事だけを考えれば良いという状況であれば今すぐにでも治験コーディネーターへの転職活動を行いたと考えていたようですが、金銭面の事を考えると治験コーディネーターに転職するという事になれば看護師時代よりも給与額が下がってしまう事になります。それが理由でご両親の面倒が見れなくなってしまう事になれば全く持って意味のない転職になってしまう訳です。そのため転職する事を躊躇していたという背景が潜んでいたのです。

 

以上のようなお話を聞いた結果、私がご本人に対して答えた内容としては「治験コーディネーターへの転職は辞めた方が良い」という事です。この方にとって一番の優先順位は治験コーディネーターに転職する事だけではなく、ご家族をサポートする事が出来る前提での転職という事な訳ですから、それが叶わない治験コーディネーターへの転職を勧める事は出来ませんでした。今回の方は条件的にもお人柄的にも申し分なく治験コーディネーターへの転職を進めていれば間違いなく転職は叶ったと思います。私の本音としても「転職して欲しい」という思いがありましたが、今回のケースに関しては転職をしない方が良いという結論に至った訳です。時にはこのような判断を下す事も転職コンサルを行っている私達の役割の一つでもあるのではないかと改めて感じました。

 

今回の件で考えさせられた事は転職希望者が本音を話したいと思えるくらい私達が信用されるコンサルにならなければいけないと思った事です。今回の場合にも当初からご本人の本音が聞き出せていた訳では無く何度もやり取りを重ねていく中で、信頼関係を築きその結果として本音(背景)を確認する事が出来た訳です。ただし、そもそも信用して頂くためには何をすべきなのか、答えは簡単ではないと思いますが、信用して頂くために何をすべきか、それを常に考え今後の自身のテーマとして取り組んでいきたいと思いました。

 

治験コーディネーター(CRC)へ転職してみませんか!≫

※匿名でのお問い合わせも可能です!まずはお気軽にご相談下さい。

     ↓  ↓  ↓

【治験業界への転職相談】

 imgres

(c)2014 リノゲート株式会社 CRC(治験コーディネーター)の転職・求人相談
▲TOPへ戻る