資格を持っている利点を最大限に活かす!

_S1C0926_sss

 

いつもこちらのブログをご覧頂きまして誠に有り難うございます。きっと多くの方々に読んで頂いているからだと思いますが、私共の所には日々、多くの方々からのご相談やお問い合わせが届いております。しかも治験コーディネーターの経験者の方から、未経験者の方々、中には医療に関する資格を一切お持ちではない方々からもご相談を受ける機会が多くあります。このように様々な方々のお話を聞いているうちに、ある事に気が付きました。それは医療に関する資格(看護師や薬剤師、臨床検査技師などの資格)をお持ちの方々と資格をお持ちでない方々の考え方の違いという事です。転職活動においては資格をお持ちの方が圧倒的に有利ではあるのですが、資格をお持ちでない人は資格が無いので転職が難しい事が理解されていつつも、それでもやってみたいという気持ちがあり、やる気(モチベーション)が圧倒的に高いという事になります。この違いが結果的にどんな事に影響を及ぼすのかについて考えてみたいと思います。

 

そもそも医療に関する資格をお持ちの方が転職活動において有利に働く理由としては、無資格の人と比べて治験コーディネーターとして勤務する際に必要な経験や知識を予め持ち合わせているためです。その分、教えなくてはいけない事が少なくて済みますので、治験コーディネーターとして一人前に成長して頂くまでの時間が短くて済む訳です。つまり研修を行う期間が短くて済むという点が採用する企業側から見れば魅力的な部分になる訳です。ですので無資格の人と比べた場合、有資格者の方が当然ながらスタート段階では前を走っている事になるので気持ち的には優位に立てるのですが、実はここが大きな落とし穴になる事があるのです。

 

無資格の方々は自分達に経験や知識がない事をよく理解しています。そのため資格をお持ちの人達に追いつけ追い越せで必死に勉強しようとします。しかも無資格の方々の多くは医療関係の経験は少ない場合が多いですが、企業で勤務した経験値は有資格者よりも圧倒的に多い場合があります。SMOも企業になりますので、企業の一員として勤務する際のポイントなどについては、むしろ無資格の人の方が持ち合わせているんです。

 

この状況がどんな結果を生み出すかと言いますと勤務を開始してから1年後、2年後には無資格の人が有資格者を追い越していく事になるという事です。無資格の方々は知識さえ身に付けてしまえば企業の中で、どうやったら評価され認めてもらえるのか、その方法を知っています。ですので知識を身に付ける事さえ出来てしまえば、そこから先の成長速度は非常に速くなるのです。

 

以上のような事からも有資格者の方々は資格があるアドバンテージを活かして、その差を縮められないように対応していく事が大事です。仕事をする以上は本当のゴールは治験コーディネーターとして採用してもらえる事ではなく、将来的にどこまで成長出来るか、結果を残せるかだと思います。有資格者だからこそ難しい部分も存在しますが、その点に関して気になる方がいらっしゃれば私共の方でアドバイスをさせて頂く事も可能です。是非一度、お気軽にご相談下さい。

 

==================================

【治験コーディネーター(CRC)へ転職してみませんか!】

※匿名でのお問い合わせも可能です!まずはお気軽にご相談下さい。

       ↓  ↓  ↓

【治験業界への転職相談はこちらをクリック】

==================================

転職後の立ち振る舞いについて「治験コーディネーター編」

過去に治験コーディネーターに転職された方々から、入社後の状況についてお話を伺うような機会が何度かありました。転職してから1ヵ月後とか3ヶ月ほど経過した時にご本人から連絡を頂き、転職した後の感想などについてお話を聞くような場面です。入社して間もないうちは、ほとんどの人が「大変」とか「思っていたよりもしんどい」という感想を漏らします。その理由の一つが研修という事になります。

 

治験コーディネーターに未経験で入社した場合ですが、初めのうちは座学の研修を受ける事がほとんどになります。そこでは今までに触れた事が無いような専門的な事(特にGCP)について学ぶ事になります。しかも学ぶべき事はとても多く短時間の間で多くの事を身に付けないといけないという点において皆さんしんどさを感じているようです。どちらかと言えば、皆さんが転職してイメージしている事は、一日でも早く現場に出て実際の業務に関わりたいと思っている人が多いと思います。そこに治験コーディネーターとしてのやりがいを感じている事が多いので尚更、座学での研修という事に関しては余計に辛さを感じてしまうという事だと思います。

 

しかし長い目で見た場合、治験コーディネーターとして末永い活躍を目指すのであれば、実は座学研修で学ぶ内容に関しては非常に大事な事なのです。これは実際に私が過去に何人もの人から直接聞いてきた事なのですが、治験コーディネーターに転職してから、ある程度の期間(2~3年)ほど経過した人達から転職の相談を受けた際に「勤務期間はそれなりにあるけど、自分が持っている知識が本当に正しいものか定かではなく不安である。そこで転職した先で改めて研修を受ける事が出来たら有り難い」という事を聞いてきました。同じような事をお話しされる人が以外に沢山存在している事が分かり正直驚いてしまった事がありました。

 

何故このような事になっているかと言いますと多くの場合、中小企業に転職した方々に多い話なのですが研修担当として付いた先輩社員が、そもそも正しい知識を持っていない場合が多く、そのままの情報を教え込まれてしまったがために誤った知識を身に付けてしまった人が多かったように思います。そうならないようにするためにも入社時に行われる会社全体で行っている研修をしっかり受けて間違いのない知識を身に付けるようにした方が安全です。

 

以上のような事からも入社当初は何かと大変かと思いますが、ここで踏ん張った人と怠けてしまった人では将来的に大きな差が生じてくる事になります。初めのうちにしっかりした知識を身に付けて1日でも早く一人前の治験コーディネーターを目指すように頑張って下さい。

 

【治験コーディネーター(CRC)へ転職してみませんか!】

※匿名でのお問い合わせも可能です!まずはお気軽にご相談下さい。

     ↓  ↓  ↓

【治験業界への転職相談】

 20027004149

治験コーディネーターの研修について

治験コーディネーターに転職する際に多くの方々が心配している事の一つとして研修制度が挙げられると思います。治験コーディネーターへの転職を志望される方々の多くが、全くの未経験者であり企業で働く事も初めての方が多く、転職した後に上手く仕事に馴染めるのかどうか不安視している人がかなり多いです。そんな方々が気にするのが研修制度についてです。実際に転職のお手伝いをさせて頂いた方々に対して私の方から質問を投げかけた際に、返ってくる回答として一番多いのが「研修制度について詳しく知りたい」という事になります。そこで今回ですが治験コーディネーターの研修システムについてご説明したいと思います。細かい点は各会社のやり方によって違いが生じる事も多いのですが基本的な考え方は変わりません。では早速記載してみたいと思います。

 

治験コーディネーターの研修を考えるうえでポイントになるのは2点あります。1つは入社して間もない間に行われる座学研修、座学研修が人通り終了し現場での実践に近い形式で学ぶOJTの2つになります。まず入社した当初は会社の本部などに全国で採用された治験コーディネーター候補を集めて一斉に座学研修を行います。座学研修では主にGCPなどをはじめとした、治験業界全体についての基本事項を座学研修で学びます。期間の目安ですが短い所で1~2週間、長いと1か月以上、費やされる場合もあります。実はこの座学研修は非常に大事で現場で治験コーディネーターとして勤務するには、どれだけGCPについての知識を持っているかはとても大事な要素になります。つまり入社間もない頃にいかにGCPについて学べるか、その後の治験コーディネーターとしての人生を左右すると言っても過言ではないかもしれません。

 

続いて行われるのがOJT(オンザジョブトレーニング)という事になります。どういう事かと言いますと実際の現場に出て頂き、業務を行いながら仕事について覚えてもらうスタイルの事を指しております。治験コーディネーターの場合にはほとんどの企業でこの方法が取られている場合が多くなります。OJTの良い面は実際の仕事を行いつつ学んでいく事が出来ますので、よりリアルな環境の中でスピーディーに覚えられる事だと思います。しかし1つだけ怖い点も存在します。実はOJTでの先生役になるのは同じ部署の先輩社員だったりします。つまり会社として全員に対して同じ講師を立てて教育するというのとは少々違っており、先輩社員によって研修内容にバラツキが生じる可能性がある事です。実力のある先輩に指導してもらえれば良いのですが、万が一そうではない先輩が講師になった場合、誤った事を身に付けさせられてしまうような事もあります。最悪の場合は教育そのものを受けられないなんていう場合も出てきています。先輩社員が日々の業務に追われていて教育する時間が無かったり、そもそも教育する気が無い場合などがあります。このような所に配属させられてしまえば、他の治験コーディネーターとの能力差が生じてしまう原因にもなります。

 

以上のような事から分かるように教育研修に関しては、企業に任せるという考え方もありますが、場合によっては自分で学ぶくらいの覚悟も必要です。ただ教えてくれるのを待っているだけでは駄目で自分から率先して勉強する姿勢も時には大事なのかもしれない事を頭の隅に入れておいて頂ければと思います。研修がだめでも他の人達と同じ位のレベルに成長する努力が必要な訳。どうせ転職をするのであれば一人前の治験コーディネーターになる事を目指して取り組んで下さい。

 

治験コーディネーター(CRC)へ転職してみませんか!≫

※匿名でのお問い合わせも可能です!まずはお気軽にご相談下さい。

     ↓  ↓  ↓

【治験業界への転職相談】

 

 

(c)2014 リノゲート株式会社 CRC(治験コーディネーター)の転職・求人相談
▲TOPへ戻る