【治験コーディネーターへの転職】資格の有無よりも大事な事

imgres

 

いつも当ブログをご覧頂きまして誠に有り難うございます。ここ最近ですが、やはり年明けから来年の4月に向けての転職活動をスタートされる人も多くなってきたようで、治験コーディネーターへの転職の件でお問い合わせを頂く件数も増えつつあります。そんな中で多くの方々から送られてくるお問い合わせとして「私は~の資格を持っています。この資格でも治験コーディネーターとして転職する事は可能でしょうか?」というような内容のものが圧倒的に多くなっております。治験コーディネーターと言えば看護師、薬剤師、臨床検査技師などの資格をお持ちの方々が優遇されるという事は皆さんもご理解されているようですが、必ずしもこれらの資格を持っていなければ転職する事が出来ないのかと言えばそうではないのです。中には何の資格も持っていないような人でも治験コーディネーターに転職を果たす方もいらっしゃいます。では一体どんな人が治験コーディネーターに転職する事が出来るのか、その辺りについて改めて説明していきたいと思います。

 

そもそも治験コーディネーターに転職する際に求められる要素としては、

・医師や患者と上手くコミュニケーションが取れる事

・カルテを読んだり検査数値を読み取る事が出来る事

・書類作成やデータ管理など、細かい作業を苦にしない事

・常に新たな事にチャレンジしようとする前向きな姿勢

・研究や開発といった分野に興味がある事

・医療や薬学について何らかの知識を持っている事

・貢献度の高い仕事に興味を持っている事、、、等が挙げられるかと思います。

 

これを見て頂ければ分かるように、必ずしも看護師や薬剤師、臨床検査技師といった資格を持っていなくても出来るような物が含まれている事に気が付くのではないかと思います。そうなんです、実は資格を持っているか持っていないかではなく、過去にどんな経験を積んできたのかが最も大事になります。例えばMRをしていた方であれば医師とコミュニケーションを取る事は得意だと思いますし薬についての知識を持っています。また理学療法士の方であれば医師や患者とのやり取り、カルテを読んだりする事も出来ると思います。更には管理栄養士の人であれば病院で患者に対する栄養指導等を行っている人もいますし、時には医師とコミュニケーションを取ってきた人も居ると思います。

 

実は治験コーディネーターに転職する際には、こういった経験値がとても大事になるのです。つまりは看護師や薬剤師、臨床検査技師として働いてきた方々であれば、日々の業務の中で上記のような経験を積んできた可能性が高くなるので応募資格の中に「有資格者歓迎」的な事が書かれているのです。ですので看護師じゃないから駄目だとか薬剤師じゃないから応募資格がないと判断してしまう前に今までにどんな経験をしてきたか振り返ってみる事が大事です。もしも上記のいずれかに該当するような経験値をお持ちの場合には、資格をお持ちでなくても治験コーディネーターに転職出来る可能性があります。

 

もしもご自身で判断がつかないような場合には、私共の方で判断させて頂く事も可能ですのでお気軽にお申し付け下さい。

【治験コーディネーターへの転職】応募する企業の選び方

images (4)

 

いつも当ブログをご覧頂きまして誠に有り難うございます。いよいよ10月も終盤に差し掛かり早いもので2017年も残り2ヵ月という事になってきました。さて先日もお伝えしましたようにこれから年明け、来年の4月という転職時期のピークを迎えるにあたり、具体的にどこの企業に対して応募しようか検討されている人も多いのではないかと思います。合格したい気持ちを最優先させるのであれば、可能性がある企業に対して全て応募するというやり方を取る事も出来るかもしれません。その方が数多くの企業に応募する事が出来る分、合格する可能性は高まるかもしれません。しかし現実的には仕事をしながらの転職活動という事になると思いますので、多くの企業に応募したいと思っても現実的には時間的な問題などもあり難しいような場合も出てくると思います。では限られた時間の中で、より効率よく転職活動を行うにはどんな方法を取ると良いのか、今回はその方法について考えてみたいと思います。

 

まずポイントになる考え方としては、いかに効率よく活動する事が出来るかという事です。そうなればある程度、応募する企業の件数を絞り込んで活動していく事になります。では絞り込みを掛ける際にどんな点に気を付ければ効率よい絞り込みが出来るかと言いますと、まずは候補となる企業を規模や特徴別に分類してみる事が大事です。

 

具体的にどういう事かと言いますと、

◆規模

大手企業、中堅企業、小規模企業という事で3つ位のレベルに分けます。そして大手企業の中から1社、中堅から1社、小規模から1社をそれぞれ選び応募する方法です。こうする事で各規模の企業に対するイメージを掴んで頂く事が出来るようになります。同じ規模感の企業であれば全く同じとまでは言いませんが他の企業もおおよそ同じような感じになりますので自身にとって、どんなレベルが合っているのかが分かりやすくなります。

 

◆内容

企業によって「ある領域に特化している」「治験専門クリニックを持っている」「外部の施設を複数掛け持ちで勤務する」といったようにタイプの違う形態の会社が存在します。これも各タイプ別にそれぞれ1社程度ピックアップして応募してみるという方法をお薦めします。そうする事によって各タイプ別の特徴などを確認する事が出来ますので、最終的にご自身に一番合ったタイプを選ぶ事が出来るようになる訳です。

 

こんな感じでタイプ別に分類する事で絞り込んだ企業の中から、より効率よく幅広い話を聞き出す事が出来るようになり、結果的に自分にピッタリの企業タイプを判断する事が出来るようになります。私共の方から求人をご紹介させて頂く際にも、このようにパターン分けして対応させて頂いております。そもそもパターン分けする事が難しいような場合には私共の方から求人をご案内させて頂く事も可能です。ご希望の際にはお気軽にお申し付け下さい!

 

==================================

【治験コーディネーター(CRC)へ転職してみませんか!】

※匿名でのお問い合わせも可能です!まずはお気軽にご相談下さい。

       ↓  ↓  ↓

【治験業界への転職相談はこちらをクリック】

==================================

 

自己PRは実績を元に考えるべき!

いつも当ブログをご覧頂きまして誠に有り難うございます。これから年末年始、来年4月に向けて治験業界でも転職のピークの時期を迎える事になります。冬のボーナスを貰った後に退職して年明けからの勤務開始、年度末である3月末で退職して4月からの転職を考えている場合など、これからが1年の中でも最も転職希望者が転職活動を開始するタイミングという事になります。

 

転職活動をスタートするにあたり、皆さんの方で必ず手掛けていかなければならない事として「履歴書」や「職務経歴書」の準備が挙げられます。具体的に各企業に応募の手配を行う際にはこの2つの書類を作成して提出する事になるためです。この書類を作成して頂く際に必ずと言って良いほど記載して頂く事としまして「自己PR」や「志望動機」が挙げられるという事は今までにも何度かお伝えさせて頂きました。志望動機も非常に重要な要素になるのですが自己PRを書いて頂く際にも非常に大事な要素になります。ただ自己PRを書くというのは多くの方々が慣れていない場合が多く、どんな事を書いたら良いのか迷われれている人もいます。そこで今回は自己PRを書いて頂く際のポイントについて簡単にご説明させて頂きたいと思います。

 

まず自己PRを書いて頂く際の最大のポイントは何かと言いますと「自分で自分を褒めてはいけない」という事になります。自己PRってそういう物ではないのかと思われた人も多いのではないかと思いますが、自分で自分を褒める書き方は読む人によっては評価を下げてしまう可能性があるのです。それはどういう事かと言いますと、例えば「私はコミュニケーション力に自信があります」という事を書いたとします。一見、良くある自己PRに思えるかもしれませんが、見る人によっては「そもそもコミュニケーション力があるか否かは自分で評価するのもではなく、他人が判断するものである」という捉え方に繋がるのです。なので自分で自分を褒めてはいけないのです。

 

ではどんな書き方がベターかと言いますと、過去に実際に残してきた実績を基に「どうやったらその結果を出す事が出来たのか」「良い結果を出すために行ってきた事」など、具体的に何をしたら良い結果が出せたのかを記載する事です。この方法であれば実際に結果を出す事が出来たこと自体が自分をPRする事に繋がり、更に具体的な方法論を記載する事で物事の考え方や仕事への取組み方法などをアピールする事が出来るようになるのです。これが結果的に最大の自己PRに繋がると考えております。

 

企業というのは何だかんだ言いまして結果を重視する風潮があります。ですので良い結果を出すために具体的にどんなやり方をしてきたのかをお伝えする事は結果的に自分自身をアピールする事に繋がるのです。自己PRを考える際には、まず過去の自身が残してきた実績を掘り返し、その中でアピールしやすいネタを考えてみると良いと思います。実際に考えるにあたりご不明な事などございました際には私共宛にお気軽にご相談下さい。

 

==================================

【治験コーディネーター(CRC)へ転職してみませんか!】

※匿名でのお問い合わせも可能です!まずはお気軽にご相談下さい。

       ↓  ↓  ↓

【治験業界への転職相談はこちらをクリック】

==================================

 

転職活動をスタートするタイミングについて

1209195top

いよいよ8月も終盤に差し掛かり、秋に突入するタイミングになりました。この時期になりますと治験業界への転職をご検討されている方々の中でも具体的にいつ頃から転職活動を開始したら良いのかについて検討を開始するが多々出てきます。この頃に検討を開始する方々のイメージとしては、12月のボーナスを貰って1月から入社するタイミングで検討している人と、少し早めですが来年の4月からの勤務を見越して、これからどんなスケジュールで活動を進めたら良いのかについて考えているパターンです。

 

1月からの入社を考えている場合には、そろそろ活動をスタートすべきです。その理由は求人を探すという事よりも、現職場を退職するにあたっての退職申請を早めに行わなくてはいけない場合があるからです。特に看護師や薬剤師の場合には医療機関側も人手不足で困っている場合も多く、こちら側が退職したいと思っても、そう簡単には辞めさせてもらえないような場合もあるからです。すんなりと辞めさせてもらうためには、ある程度の時間をかけながら順序良く対応していく事が大事になります。そう考えると3ヶ月~4ヵ月前の今の段階から少しずつ外堀を埋めていくイメージで転職活動をスタートさせる必要があるのです。また来年の4月からの転職を考えている場合には、流石に今からだと少々早すぎてしまいます。具体的に活動をスタートさせるのは恐らく12月から年明け早々のスタートというのが最も現実的なタイミングになると思います。

 

もう一つ、注意しておくべき点があります。それは転職活動をスタートさせる事と企業に応募出来るタイミングがイコールではないという事になってきます。一般的に企業側が応募を受け付けてくれるのは入社希望日から逆算して早くても2ヵ月程度前の段階から、という事になります。つまり来年の1月からの勤務を希望していたとしても、今からの応募は難しく、現実的には10月~11月頃になってようやく応募が出来るイメージになります。

 

以上のような事からも転職活動をスタートさせるタイミングというのは実は色々と考えなければならないポイントも多く入念な準備が必要になる事も多いのです。一歩、順番を間違えてしまえば自分で自分の首を絞めてしまうような事にも繋がってしまいますので、そのような間違えが無いように注意しながら進めて頂く事をお薦め致します。もしも進めていくにあたりご不明な点や不安な事などございました際には、私共の方にお気軽にご相談頂ければと考えております。

 

==================================

【治験コーディネーター(CRC)へ転職してみませんか!】

※匿名でのお問い合わせも可能です!まずはお気軽にご相談下さい。

       ↓  ↓  ↓

【治験業界への転職相談はこちらをクリック】

==================================

(c)2014 リノゲート株式会社 CRC(治験コーディネーター)の転職・求人相談
▲TOPへ戻る