治験コーディネーターの2つの働き方について

images (2)

 

同じ治験コーディネーターとして勤務する際にも大きく分けて二つの働き方が存在します。1つは所属している医療機関、もしくは企業などが運営している治験専門のクリニックなどで院内CRCのような立場で勤務する場合、もう一つは企業と提携している外部の施設に出向いて勤務する外部就労型の大きく分けて二つの方法が存在しております。

 

一般的にSMOと言われる企業のCRCとして勤務する場合ですが、多くの場合が外部施設に出向く外部就労型をとっている場合が多く、こちらの働き方が主流になっていると言えます。では実際に勤務している方々の目線で見た時に、院内CRCタイプと外部就労型タイプではどんなメリット、デメリットが考えられるのでしょうか。2つを比較してみたいと思います。

 

二つの形態を比較した際に最も大きな違いとなるのが、日ごろ仕事を行う環境の違いという事になります。院内CRCタイプの場合には毎回、同じ職場で見慣れたメンバーと一緒に仕事を行う事になりますので、仕事の手順や周りの人達への気遣いという面において、あまり負担に感じる事無く対応する事が出来るのではないかと思います。

 

一方、外部就労型はと言えば、外部の施設に出向いて仕事を行う訳ですから、そもそも治験コーディネーターの立場は外部の人間という事になります。また一緒に仕事を行うメンバーも同じ職場の人間ではなく、たまたま担当する治験に関わるメンバーとして知り合った人同士が一緒になって仕事をする事になりますので、慣れないメンバー同士、お互いに気を使いながら作業を行う事も多くなるのではないかと思います。更に企業によっては一人の治験コーディネーターが複数の施設を同時に対応するような事もあるので、そうなると尚更、慣れない場所で勤務をする頻度が高まり。より苦労度が増す事にもなります。

 

しかし考え方次第では、苦労が多いほど治験コーディネーターとしてのスキルやその人個人のヒューマンスキルなどについては、外部就労型の方が高いスキルを身に付ける事も出来ます。一方で「気遣いはしたくない」とか「出来れば慣れた環境で勤務したい」と考えているような人の場合には院内CRCタイプを選択するという事で、自分に見合った仕事を探し出す事も出来るようになると思います。

 

このような違いを理解しておく事で治験コーディネーターとしての働き方にも幅が広がるのではないかと思います。まずはご自身がイメージしている仕事環境はどちらのパターンに近いのか見比べて頂き、相応しい方でご活躍される事をお薦め致します。

 

==================================

【治験コーディネーター(CRC)へ転職してみませんか!】

※匿名でのお問い合わせも可能です!まずはお気軽にご相談下さい。

       ↓  ↓  ↓

【治験業界への転職相談はこちらをクリック】

==================================

 

 

 

医療資格の有無と臨床経験

images

 

いつも当ブログをご覧頂きまして誠に有り難うございます!治験コーディネーターへの転職を考える際に医療系の資格の有無がとても大事である事は多くの方々が既に知っている事だと思います。しかしここ最近ですが医療系資格をお持ちであったとしても、臨床経験が無い場合には折角応募しても検討すらして頂けない場合もとても多くなってきております。そこで今回ですが改めて医療資格を持っている事だけではなく、どんな事が求められてきているのかについて考えてみたいと思います。

 

医療系の資格をお持ちの方の中には一部、資格を取得した後に臨床の現場ではなく企業などに就職する人もいます。そのため資格は持っているけど臨床の経験が一切ないという人も存在します。では具体的に臨床での経験がどの程度あれば治験コーディネーターとして採用して頂けるのかと言いますと、出来れば2年以上の臨床経験があった方が良いと言われております。何故、臨床経験が必要なのかと言いますと、それは医師や患者とのコミュニケーション力はもちろんの事、カルテを読んだり検査結果を読み取る事が出来る能力が問われているからという事になります。

 

もちろん、このような経験値が無ければ絶対にNGかというと、そういう事は無いのですが採用した会社としては治験コーディネーターとしての知識や技能についての研修を行うだけではなく、その前段階である医療の知識や技能についても研修を行う必要性が出てきてしまうため、その分だけ多くの事を教育するために時間や労力を掛ける必要が出てきてしまうという大きな負担を背負う事になってしまうのです。そのため企業側の考えとしては予めこのような知識や技能を持ち合わせた人を採用したいと考えるに至った背景があります。

 

上記のような考え方を持っているのはSMOの中でも大手のSMOにその傾向が強い感じがありますので、大手SMOに応募する場合には医療系の資格の有無だけではなく、臨床経験があるか否かについてもしっかりと確認を行い万が一、経験が無い場合や少ない場合には、その分をどうやって補うのかも考えつつ採用試験対策を練る事が大事になります。逆に資格をお持ちでない場合でも、臨床経験に匹敵するような経験をお持ちの方がいらっしゃったとすれば、それを武器にして応募する事が出来る場合もあります。その辺りの判断はとても難しいと思いますので、悩んでいる人がいらっしゃれば一度、私共宛にお気軽にご相談頂ければ対応させて頂きます。

 

==================================

【治験コーディネーター(CRC)へ転職してみませんか!】

※匿名でのお問い合わせも可能です!まずはお気軽にご相談下さい。

       ↓  ↓  ↓

【治験業界への転職相談はこちらをクリック】

==================================

治験コーディネーターに求められる新たな要素

images (6)

 

いつも当ブログをご覧頂きまして誠に有り難うございます。9月に入ってからまだ一度も書き込みを行う事が出来ないで居りましたが、ようやく久し振りに書き込みをさせて頂きたいと思います。今回は治験コーディネーターに求められる新たな要素について、というテーマで記載致します。具体的にどういうことかと言いますと、以前から治験コーディネーターへの転職の門戸は狭くなりつつあるという事をお伝えしてきたかと思いますが、何故そこまで狭くなってきたのかについて私なりに気が付いた事がありました。それは今までに無かった要素が求められ始めているのです。その要素とは一体何かについて考えてみたいと思います。

 

つい1週間ほど前ですが、この8月、9月に新たに治験コーディネーターとして採用された方お二人とお会いしてお話しをさせて頂く機会がありました。(ちなみにお二人が採用された企業は大手SMOの一つになります。)お二人は共に医療に関する資格をお持ちでは無いのですが、見事に治験コーディネーターとして採用された強者です。恐らく相当な難関を突破して見事に採用されたのだと思います。ではどうしてお二人が採用してもらう事が出来たのか、それはお話をしている中で徐々に見え始めて来たのです。

 

まず前提としてコミュニケーション力が非常に高いという事です。これは以前からお伝えしていましたが治験コーディネーターとして勤務するには高いコミュニケーション力が求められます。この点に関してお二人は非常に高いコミュニケーション力をお持ちでした。そして更に気が付いた事はお二人共に物事をロジカルに考える事が出来る人だという事でした。「ロジカル=論理的」という事になりますが、正しく何かを実行する時に、よりリアルに、具体的に物事を考える事が出来る方々だったのです。今後のご自身の人生設計についてもしっかりと考えていらっしゃり、目的を達成するための手段や経緯についても、しっかりと考えていらっしゃいました。

 

そうなんです。治験コーディネーターにもロジカルシンキングが求められてくるのではないかと思ったのです。ただ与えられた仕事をこなしていくだけでは半人前で、結果を出すためには何をすべきか自分で考えて実行する、そして結果を出す事が出来る人が求められ始めているのです。これが出来る人は本当に少ないと思いますが、逆に出来る人であれば資格が無くても経験が無くても、将来的には周囲の方々を飛び越えて成長されるんだろうと思ってしまいました。

 

治験コーディネーターは、ある意味サービス業であると言われています。相手に満足して頂けるサービスを提供する事が仕事になります。満足して頂くためには何をすべきか、きっとお会いした二人ならそれが出来ると勝手に思ってしまいました。今後、治験コーディネーターとして働く際には、このような考え方が出来る人が求められるのは間違いないと思いました。

 

==================================

【治験コーディネーター(CRC)へ転職してみませんか!】

※匿名でのお問い合わせも可能です!まずはお気軽にご相談下さい。

       ↓  ↓  ↓

【治験業界への転職相談はこちらをクリック】

==================================

地域による就業条件の違いについて「治験コーディネーター編」

images (2)

 

ここ最近では治験業界の勢力図も大きく変わりつつありまして以前は中小企業が多数点在していた状況の時代もありましたが、ここ最近では大手企業が主流となっており、全国各地の求人案件を見ても軒並み大手企業が出している求人案件だったりします。治験コーディネーターへの転職をお考えの方々であれば一度や二度は大手企業が出している求人案件を目にした事があるのではないかと思います。

 

大手企業の場合ですが、ほとんどの企業が北は北海道から南は九州(沖縄)まで全国各地で治験コーディネータの採用活動を行っている場合があります。ここで一つ気を付けて頂きたい事があるのですが、同じ企業が求人を出している訳ですから、どこの地域でも求人の内容は同じだと思われがちですが、実は地域によって多少なり内容が変わる事があるのです。

 

一番気を付けて頂きたい点は大きく分けて3つです。1つは雇用形態です。多くの場合は正社員としての求人案件という事になるのですが、地域によっては契約社員としての募集を行っている場合があります。正社員と契約社員では仕事の内容的には大きな差は生じないのですが、契約社員の場合には退職金が貰えなかったり、契約期間が付きまとってくるため、長期間の勤務が難しい場合など、働く側にとって不利になってしまうような条件になる場合があるので注意が必要です。

 

次に注意が必要な点としては給与額という事になります。給与額を算出する際のベースとなっている考え方に地域の物価というものがあります。その地域によって物価が違いますので、それに合わせて給与額にも上下が発生します。ある地域では高めの金額で提示されても、ある地域では低めに提示されるなど、地域によって提示される金額が変わる事があるのです。どこの地域でも一律同じ金額が提示される訳ではありませんので、給与試算ををする際には気を付けて頂きたいと思います。

 

もう一点、注意が必要な点としては採用試験のハードルの高さの違いというのが挙げられます。地域によってハードルが高い地域もあれば低い地域もあるのです。時には応募条件を見ても、ある地域では応募不可だったとしても、別の地域では同じ条件でも応募が可能になるような場合もあるのです。この違いは何かと言いますと「人材の採用のしやすさの違い」という事になります。地域によっては応募者の数が多く採用に困っていない場合もあるのですが、別の地域では応募してくる人自体がほとんど居らず採用に苦戦しているような地域も存在します。このように困っている地域ではハードルが下がる可能性がありますので他ではNGの場合でも検討して頂ける可能性がありますので、勝手に諦めるのではなく、しっかりと確認してみる事が大事です。

 

以上のように地域によって治験コーディネーターの採用条件について差が生じてくるような場合があります。状況によってはその違いが不利になる事だけではなく有利に働く事もありますので、情報収集はしっかりと行うべきです。私共の方では各地域の違いについても情報を把握しています。詳しく知りたい方は一度私共宛にお気軽にご相談下さい。

 

【治験コーディネーター(CRC)へ転職してみませんか!】

※匿名でのお問い合わせも可能です!まずはお気軽にご相談下さい。

       ↓  ↓  ↓

【治験業界への転職相談はこちらをクリック】

 

(c)2014 リノゲート株式会社 CRC(治験コーディネーター)の転職・求人相談
▲TOPへ戻る